Advertisement

【阪神JF/データ攻略】2強のうち1頭は“8年連続馬券内”の好条件 「名牝クラスのポテンシャル」

 

【阪神JF/データ攻略】2強のうち1頭は“8年連続馬券内”の好条件 「名牝クラスのポテンシャル」

今週は阪神競馬場で阪神ジュベナイルF(GI、芝1600m)が行われる。外回りに施行条件変更後はブエナビスタやアパパネ、ラッキーライラックなどのちの競馬界を牽引した出世馬がズラリ。桜花賞と同じ舞台で行われることもあり、来年のクラシック戦線を占う意味でも重要な一戦だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてラヴェルを取り上げる。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】初マイルの伏兵に「A」の高評価 「前走時からさらに数段アップ」

■阪神JFは東京芝1600m重賞連対馬の天下

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

前走アルテミスSは上がり3F33秒0の豪脚を披露し勝利。この世代の主役として勇躍GIの舞台に挑む馬だ。出遅れ癖がある馬かつ大外枠と不安材料は少なくないが、ここでは以下のデータをご紹介したい。

・東京芝1600m重賞連対歴あり→8年連続馬券内

当レースと抜群の相性を誇る東京芝1600m重賞連対馬。一昨年はソダシ、昨年はサークルオブライフがそれぞれアルテミスS勝ちから返す刀でGI制覇を飾った。その条件を満たしていることは大きなアドバンテージと言えるだろう。

前走アルテミスS勝ち×矢作厩舎×キャロットファームで思い出すのは2016年の当レース2着馬リスグラシュー。その後の活躍は言うまでもないだろう。同馬がはたせなかった2歳GI勝利をこの馬が成し遂げるシーンは想定しておきたいところだ。

▼その他、データ攻略
◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/データ攻略】連対率8割超を誇る“0・3”のボーダーライン 「鞍上もGI初制覇のトレンドに乗る」

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/データ攻略】モリアーナと同じ“好走条件”に合致 「グランアレグリアと双璧」の末脚が武器

Advertisement


◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/データ攻略】人気一角を後押しする「3.1.1.4」の実績 「2歳戦で無類の強さを発揮する」

阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】軸は“堅実無比”の騎乗成績 一発警戒の伏兵は「4.1.0.1」の好条件

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】2強の1頭にまさかの辛口「B」評価 「見えない形で尾を引いている」

◆【追い切り診断】リバティアイランドを上回る高評価 「さすがの厩舎力といったところ」

◆【追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「精神力の強さはかなりのレベル」

◆【追い切り診断】初マイルの伏兵に「A」の高評価 「前走時からさらに数段アップ」

Advertisement


▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「明確な敗因があり逆転の余地は十分」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「外から“ぶっ飛んでくる”可能性はあり」

◆【穴馬アナライズvol.3】想定“6人気”前後の中穴 「波乱を演出する条件はたっぷりと揃った」

◆【危険な人気馬】世代屈指の切れ者は“消し” 「同じ歴史を繰り返す」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に食指 馬券内率4割超の単回収値「785」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】“鬼門”の8枠に上位人気が集中 リバティアイランドは「馬券内率100%」の好条件

◆【前走ローテ】アルテミスS組が中心も、前走・1勝クラス組に潜む穴馬候補3頭

◆【脚質傾向】好走データはラヴェルが上 狙いは前走・東京コースの上がり最速

◆【人気傾向】今年は1人気「1着」の年か 警戒すべきは単勝“30倍”以上の穴馬

◆【動画プレーバック/阪神ジュベナイルフィリーズ2021】3人気サークルオブライフが外から豪快に差し切り3連勝で2歳女王に

◆【記録室】今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー50勝到達まで残り2勝

香港国際競走2022 データコラム一覧

◆【香港ヴァーズ2022予想/馬連5点勝負】日本馬2騎のうち1頭が軸 相手に想定オッズ“30倍”前後の伏兵

◆【香港スプリント2022予想/馬連4点勝負】中心は地元香港の実力馬 日本馬“軽視”で高配当を狙う

◆【香港マイル2022予想/3連複4点勝負】香港最強馬に挑む“新星”に注目 穴は単勝“8人気”前後の盲点

◆【香港カップ2022予想/馬連4点勝負】ジャックドールvs.パンサラッサのゆくえ 日本馬の1頭は“消し”評価

◆【香港国際競走2022予想】出走馬、枠順、日本馬追い切り、動画

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022阪神ジュベナイルF-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン