Advertisement

【阪神JF/追い切り診断】2強の1頭にまさかの辛口「B」評価 「見えない形で尾を引いている」

 

【阪神JF/追い切り診断】2強の1頭にまさかの辛口「B」評価 「見えない形で尾を引いている」

■リバティアイランド

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】7月30日に新潟芝1600m戦でデビュー。ここでは3馬身差の圧勝を収めたが、着差や走破時計よりも「上がり3F31秒4」という驚異の末脚が大きな注目を集めることとなる。平坦かつ高速の新潟馬場とはいえ、古馬を含めてJRA史上最速タイの数字(過去の31秒4は千直のオープン・韋駄天Sで古馬ルッジェーロが計時)で、それをデビュー初戦の2歳牝馬が叩き出したのだから、素材は間違いなく世代トップクラス。当然次戦のアルテミスSでは単勝オッズ1.4倍という断然の1番人気に支持されたが、直線で馬群に包まれてしまい、ようやく外に持ち出して猛然と追い込んだもののラヴェルにクビ差2着という悔しい結果に終わってしまった。“本番”でのリベンジを期し、短期放牧を挟んで11月16日に栗東へ帰厩。当初はケアに専念し、23日に坂路で1F12秒5(馬なり)をマークしたのが中間の初時計だった。1週前追いは川田騎手が跨り、芝コースで準オープンを相手に併せ馬。いったん抜け出して相手の反撃を許したが、手応え優勢で併入としている。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/データ攻略】連対率8割超を誇る“0・3”のボーダーライン 「鞍上もGI初制覇のトレンドに乗る」

【最終追い切り】CWで古馬オープン・アラジンバローズを追走。直線半ばで早々と抜け出してしまいフワッとする場面はあったものの、相手の盛り返しにしっかり気持ちを入れ直し、半馬身の先着としている。

【見解】帰厩後ややケアに時間を要したあたり、調整過程は至極順調とまでは言えない。先週、今週ともに早めに抜け出してから気を抜くシーンがあり、その点も気になるところ。準オープン馬、オープン馬相手の併せ馬4本消化で体調面は問題なさそうに見えるが、集中力の面でブレが出てきているのかもしれない。前走の惜敗が目に見えない形で尾を引いている可能性がある。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「精神力の強さはかなりのレベル」

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】初マイルの伏兵に「A」の高評価 「前走時からさらに数段アップ」

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】リバティアイランドを上回る高評価 「さすがの厩舎力といったところ」

阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】軸は“堅実無比”の騎乗成績 一発警戒の伏兵は「4.1.0.1」の好条件

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】2強のうち1頭は“8年連続馬券内”の好条件 「名牝クラスのポテンシャル」

◆【データ攻略】人気一角を後押しする「3.1.1.4」の実績 「2歳戦で無類の強さを発揮する」

◆【データ攻略】連対率8割超を誇る“0・3”のボーダーライン 「鞍上もGI初制覇のトレンドに乗る」

◆【データ攻略】モリアーナと同じ“好走条件”に合致 「グランアレグリアと双璧」の末脚が武器

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前日“10人気”前後の盲点 「明確な敗因があり逆転の余地は十分」

◆【穴馬アナライズvol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「外から“ぶっ飛んでくる”可能性はあり」

Advertisement


◆【穴馬アナライズvol.3】想定“6人気”前後の中穴 「波乱を演出する条件はたっぷりと揃った」

◆【危険な人気馬】世代屈指の切れ者は“消し” 「同じ歴史を繰り返す」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に食指 馬券内率4割超の単回収値「785」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】“鬼門”の8枠に上位人気が集中 リバティアイランドは「馬券内率100%」の好条件

◆【前走ローテ】アルテミスS組が中心も、前走・1勝クラス組に潜む穴馬候補3頭

◆【脚質傾向】好走データはラヴェルが上 狙いは前走・東京コースの上がり最速

◆【人気傾向】今年は1人気「1着」の年か 警戒すべきは単勝“30倍”以上の穴馬

◆【動画プレーバック/阪神ジュベナイルフィリーズ2021】3人気サークルオブライフが外から豪快に差し切り3連勝で2歳女王に

◆【記録室】今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー50勝到達まで残り2勝

香港国際競走2022 データコラム一覧

◆【香港ヴァーズ2022予想/馬連5点勝負】日本馬2騎のうち1頭が軸 相手に想定オッズ“30倍”前後の伏兵

◆【香港スプリント2022予想/馬連4点勝負】中心は地元香港の実力馬 日本馬“軽視”で高配当を狙う

◆【香港マイル2022予想/3連複4点勝負】香港最強馬に挑む“新星”に注目 穴は単勝“8人気”前後の盲点

◆【香港カップ2022予想/馬連4点勝負】ジャックドールvs.パンサラッサのゆくえ 日本馬の1頭は“消し”評価

◆【香港国際競走2022予想】出走馬、枠順、日本馬追い切り、動画

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【宝塚記念2024予想/データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン