Advertisement

【阪神JF/騎手データ】軸は“堅実無比”の騎乗成績 一発警戒の伏兵は「4.1.0.1」の好条件

 

【阪神JF/騎手データ】軸は“堅実無比”の騎乗成績 一発警戒の伏兵は「4.1.0.1」の好条件

11日は阪神競馬場で2歳牝馬のナンバーワンを決める阪神ジュベナイルF(GI、芝1600m)が行われます。阪神コース改修後となる2006年以降の優勝馬にウオッカ、ブエナビスタ、アパパネ、ラッキーライラック、ソダシなど名馬がズラッと並ぶ大出世レースです。

今回は阪神コース改修後となる2006年以降の過去データ、さらに2006年以降の阪神芝1600m戦の重賞過去データを基に気になる騎手データを見ていきます。後者の主な集計対象レースは桜花賞、朝日杯フューチュリティS、チューリップ賞、マイラーズC、アーリントンCなどです。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「精神力の強さはかなりのレベル」

■阪神JFの過去データは…

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

今年の阪神ジュベナイルFに騎乗する騎手の中で、2006年以降の過去レースで騎乗経験があるのは13騎手。各騎手のデータは次の通りです。

[2006年以降]阪神JFの騎手別成績

稀に算出されたデータを見て「うーん…」と唸るケースがあるのですが、今年の阪神ジュベナイルFがまさにそれ。好成績のC.ルメール騎手が香港遠征、同じく好成績の戸崎圭太騎手、福永祐一騎手が日曜は中山で騎乗のため、決め手に欠けるデータとなってしまいました。

石橋脩騎手、吉田隼人騎手が少ない騎乗数で結果を残せていますが、前者はラッキーライラック、後者はソダシで挙げたもの。人気馬に跨ることが多かったM.デムーロ騎手、川田将雅騎手の連対率は20%以下で、強調材料を欠きます。

そのため阪神ジュベナイルFの過去データで最終判断を下すのはベターではないと判断。今回はレンジを広げて騎手データを見ていきましょう。

Advertisement


◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/血統傾向】想定“10人気”前後に食指 馬券内率4割超の単回収値「785」に合致

■石橋脩騎手が最も高い連対率35.7%

今年の阪神ジュベナイルFに騎乗する騎手の中で、2006年以降の「阪神芝1600m重賞」に騎乗経験があるのは17騎手。各騎手のデータは次の通りです。

[2006年以降]阪神芝1600m重賞の騎手別成績

先程の表と比べると、騎手ごとの巧拙がはっきりと出ていますね。着順と人気のバランスに優れる騎手は連対率がややもの足りず、今回は連対率20%以上を記録する4騎手を見ていきます。

まず、この条件で見逃せないのが最も高い連対率(35.7%)を記録の石橋脩騎手。5連対のうち3連対はラッキーライラックとのコンビですが、2010年アーリントンCは5番人気のコスモセンサーで見事優勝。注目は人気で【石橋脩騎手】×【5番人気以内】の組み合わせは【4.1.0.1】で連対率83.3%です。

同騎手は今年の阪神ジュベナイルFで前日9番人気のリバーラ(美浦・高柳瑞樹厩舎)に騎乗予定。ファンタジーSを勝ちながら伏兵評価に留まる同馬。一発は警戒しておきたいですね。

Advertisement


◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の盲点 「明確な敗因があり逆転の余地は十分」

■川田将雅騎手は人気時の勝率と複勝率が魅力

続いて4騎手の中で最多となる11勝を挙げる川田将雅騎手について見ていきましょう。同騎手の強みはレースでの安定感と勝率の高さに尽きます。

とりわけ2021年以降は素の数値が【5.1.3.3】の連対率50%。単勝回収率215%、複勝回収率153%ですから、ベタ買い推奨レベルです。さらに1~3番人気の成績は【4.1.1.0】と勝率66.7%、連対率83.3%、複勝率100%と堅実無比。

同騎手は前日1番人気のリバティアイランド(栗東・中内田充正厩舎)に騎乗予定。騎乗できるかは検査次第でしたが、どうやら日曜は無事騎乗できるようです。それなら堅軸と考えていいでしょう。

◆【阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想/追い切り診断】リバティアイランドを上回る高評価 「さすがの厩舎力といったところ」

■残る2騎手の成績も上々

最後に横山武史騎手、M.デムーロ騎手の成績を見ていきましょう。両騎手とも人気と比べると着順の落ち込みが見られますが、連対率と複勝率を考慮すると許容範囲でしょうか。

横山武史騎手は2022年桜花賞で1番人気のナミュールで10着に敗れてしまいましたが、ほか5鞍はほぼ人気通りの着順に導けていますね。ナミュール以外には2021年マイルCSのシュネルマイスター(2人気2着)、22年デイリー杯2歳Sのショーモン(番人気3着)で好走経験があります。

M.デムーロ騎手は2歳戦(阪神2歳GI)での勝率が魅力です。2015年朝日杯フューチュリティSのリオンディーズ(2人気1着)、18年同レースのアドマイヤマーズ(2人気1着)、そして昨年の阪神ジュベナイルFではサークルオブライフ(3人気1着)と1番人気以外の3頭を勝たせてきました。また、2010年阪神ジュベナイルFではライステラス(8人気3着)、20年同レースでもユーバーレーベン(6人気3着)を馬券圏内に導いていて穴でも怖い騎手ですね。

なお、横山武史騎手は前日2番人気のウンブライル(美浦・木村哲也厩舎)、M.デムーロ騎手は前日12番人気のミスヨコハマ(美浦・斎藤誠厩舎)に騎乗予定。前者は対抗候補、後者は穴馬候補として考えてみてください。

以上、阪神ジュベナイルFの気になる騎手データでした。データ注目騎手として今回はほぼ馬券絡みが見込める川田将雅騎手を推奨します。

阪神ジュベナイルフィリーズ2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】2強の1頭にまさかの辛口「B」評価 「見えない形で尾を引いている」

◆【追い切り診断】リバティアイランドを上回る高評価 「さすがの厩舎力といったところ」

◆【追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「精神力の強さはかなりのレベル」

◆【追い切り診断】初マイルの伏兵に「A」の高評価 「前走時からさらに数段アップ」

▼データ攻略
◆【データ攻略】2強のうち1頭は“8年連続馬券内”の好条件 「名牝クラスのポテンシャル」

◆【データ攻略】人気一角を後押しする「3.1.1.4」の実績 「2歳戦で無類の強さを発揮する」

◆【データ攻略】連対率8割超を誇る“0・3”のボーダーライン 「鞍上もGI初制覇のトレンドに乗る」

◆【データ攻略】モリアーナと同じ“好走条件”に合致 「グランアレグリアと双璧」の末脚が武器

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の盲点 「明確な敗因があり逆転の余地は十分」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“2桁”確定の刺客 「外から“ぶっ飛んでくる”可能性はあり」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“6人気”前後の中穴 「波乱を演出する条件はたっぷりと揃った」

◆【危険な人気馬】世代屈指の切れ者は“消し” 「同じ歴史を繰り返す」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に食指 馬券内率4割超の単回収値「785」に合致

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】“鬼門”の8枠に上位人気が集中 リバティアイランドは「馬券内率100%」の好条件

◆【前走ローテ】アルテミスS組が中心も、前走・1勝クラス組に潜む穴馬候補3頭

◆【脚質傾向】好走データはラヴェルが上 狙いは前走・東京コースの上がり最速

◆【人気傾向】今年は1人気「1着」の年か 警戒すべきは単勝“30倍”以上の穴馬

◆【動画プレーバック/阪神ジュベナイルフィリーズ2021】3人気サークルオブライフが外から豪快に差し切り3連勝で2歳女王に

◆【記録室】今村聖奈、史上5人目のルーキーイヤー50勝到達まで残り2勝

◆【前日オッズ】リバティアイランドが単勝3.5倍で1人気 “アイドル名付け親”モリアーナは4人気

香港国際競走2022 データコラム一覧

◆【香港ヴァーズ2022予想/馬連5点勝負】日本馬2騎のうち1頭が軸 相手に想定オッズ“30倍”前後の伏兵

◆【香港スプリント2022予想/馬連4点勝負】中心は地元香港の実力馬 日本馬“軽視”で高配当を狙う

◆【香港マイル2022予想/3連複4点勝負】香港最強馬に挑む“新星”に注目 穴は単勝“8人気”前後の盲点

◆【香港カップ2022予想/馬連4点勝負】ジャックドールvs.パンサラッサのゆくえ 日本馬の1頭は“消し”評価

◆【香港国際競走2022予想】出走馬、枠順、日本馬追い切り、動画

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン