Advertisement

【ホープフルS/データ攻略】8人気3着馬を輩出した「5年連続馬券内」 中山芝の馬場傾向が導くヴィクトリーロード

 

【ホープフルS/データ攻略】8人気3着馬を輩出した「5年連続馬券内」 中山芝の馬場傾向が導くヴィクトリーロード

水曜日は中山競馬場でホープフルS(GI、芝2000m)が行われる。2017年に現行のGIレースへと昇格。勝ち馬には無敗の三冠馬コントレイルやこちらも無敗で皐月賞を制したサートゥルナーリアなどクラシック戦線で活躍する馬も多く、来年の3歳牡馬路線を占う意味でも重要な一戦だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「穴馬データ」としてハーツコンチェルトを取り上げる。

◆【ホープフルステークス2022予想/血統傾向】コース相性抜群の血統 “単回収値538”に合致する伏兵とは

■クラブ馬と関連が深いホープフルS

痛恨の出遅れを喫した前走東スポ杯2歳S。スタートの不安を露呈した点は小回りの中山替わりへの不安を抱かせるものだった。テンにいけない脚質がネックの馬だが、この舞台であっても同馬を後押しするデータはある。

・クラブ馬→5年連続馬券内

昨年の勝ち馬キラーアビリティをはじめ、8人気3着ステイフーリッシュのような人気薄激走馬も該当。翌年のクラシック戦線を見据える有力馬が出走するメンバーにあってクラブ馬の強い勝負気配がうかがえるデータだ。

さきほどテンにいけない脚質について記したが、先日行われた有馬記念は道中10番手以下を進んだ馬が2.3着。最終レースに至っては道中10番手以下がワンツースリーと差し有利傾向は明らかだ。デビューから2戦連続で上がり最速かつ33秒台を使える切れ味がこの舞台で活きるシーンは想定しておきたい。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】C.ルメールや川田将雅を超える馬券内率“56.5%”、名手が騎乗する「突然変異の怪物」候補とは

◆【データ攻略】“連対率100%”で狙う大駆け 「歴代の有馬記念勝ち馬」にも通ずる血の力

Advertisement


◆【データ攻略】冬の中山芝で騒ぐ激走の血 「馬券内率50%超」で波乱を巻き起こす

ホープフルステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】想定“15人気”前後に高評価「A」 古馬OPを凌駕する「精神面の強靭さ」

◆【追い切り診断】2戦2勝の人気一角に低評価「B」 「頭が高く、バランスの悪さも気になる」

◆【追い切り診断】ミッキーカプチーノを上回る最高評価「S」 「持てる脚力を100%発揮できる」

◆【追い切り診断】無敗馬を上回る高評価「A」 「脚力は世代最上位、疲れも心配無用」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ“6人気”前後 「実績不足をポテンシャルでカバー」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“10人気”以上の盲点 「穴人気の存在でオッズに妙味」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“60倍”前後の爆穴 「前走凡走で人気落ちなら買い」

◆【危険な人気馬】出世レースを制するも“消し”評価 「つきまとう不安要素」

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で連対率100% 軸にすべきはルメールよりも“好走請負人”

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“5人気”前後に妙味 馬券内率6割超の単回収値「282」に注目

◆【血統傾向】コース相性抜群の血統 “単回収値538”に合致する伏兵とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ミッキーカプチーノの8枠は勝率0% 3年連続馬券圏内の好枠に伏兵が入る

◆【前走ローテ】ガストリックに“鉄板”データが浮上も、侮れない「別路線組」の存在

◆【脚質傾向】上がり3F「36秒台」が基本の舞台 上位人気で“明暗”わかれる

◆【人気傾向】昨年12着に大敗も1人気を信頼 穴馬は単勝“20倍台”に潜む

◆【動画プレーバック/ホープフルステークス2021】直線で2番人気キラーアビリティが抜け出し、2着に1馬身半差をつけ快勝

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022ホープフルS-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。