【大阪杯/枠順】ジェラルディーナは「勝率0%」の鬼門・1枠 伏兵“激走ラッシュ”の好枠に古豪

 

230402_大阪杯_出走表

第67回大阪杯(GI、芝2000m)の枠順が31日、発表された。

昨年の牝馬二冠スターズオンアースは6枠11番、エリザベス女王杯覇者ジェラルディーナは1枠1番、香港Cから巻き返しを図るジャックドールは5枠9番、8カ月ぶりの復帰戦・中山記念を制したヒシイグアスが7枠14番に入った。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

◆【大阪杯2023予想/追い切り診断】スターズオンアースを上回る「S」の最高評価 「勝ち負け濃厚」

■3枠は人気以上の好走多し

スターズオンアースキラーアビリティが入った6枠は【1.1.1.16】勝率5.3%、連対率10.5%、複勝率15.8%。GI昇格後、2021年に4番人気レイパパレが優勝、20年の1番人気ダノンキングリーが3着と上位人気に推された馬は、馬券に絡んでいる。

[大阪杯]過去10年の枠順傾向

ジャックドールポタジェが入った5枠は【1.1.3.13】勝率5.6%、連対率11.1%、複勝率27.8%。2020年の2番人気ラッキーライラックが優勝、21年の1番人気コントレイルが3着、22年は7番人気アリーヴォが3着と、3年連続して馬券に絡んでいる。今年、ジャックドールに騎乗する武豊騎手は、2015年に1番人気キズナを2着に、先述の22年アリーヴォに騎乗して馬券内に導いているだけに、今年もその手腕に期待したい。

優勝例がない1枠にジェラルディーナマリアエレーナが入った。馬券に絡んだのは2021年の6番人気モズベッロの2着のみで、2018年の3番人気サトノダイヤモンドは7着に敗れている。

ヴェルトライゼンデワンダフルタウンが入った3枠は昨年、1番人気エフフォーリアが9着に大敗。しかし、2018年に9番人気アルアインが優勝したほか、18年に6番人気ペルシアンナイトが2着、17年に7番人気ステファノスが2着と、伏兵の好走が目立ち、平均6.1人気に対し、平均5.4着と高いパフォーマンスを発揮できる好枠だ。

Advertisement


▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】前走重賞Vの2騎に“勝率0%” ジェラルディーナも「ドボン」の危険性

◆【脚質傾向】差し・追込は“4角位置”がカギ 今年は「GI未勝利馬」がV最右翼

◆【人気傾向】馬券内率“5割超”の「1+2」人気で勝負も、警戒すべき相手とは

大阪杯2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ジャックドールを上回る高評価「A」 「不安はほぼ払拭された」

◆【追い切り診断】スターズオンアースを上回る「S」の最高評価 「勝ち負け濃厚」

◆【追い切り診断】GI初戴冠狙う人気馬に辛口「B」 「戦える態勢は整ったが…」

◆【追い切り診断】想定“10人気”前後に「A」の高評価 「総体的にレベルアップ」

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】勝ち時計が示す“名牝”の証 見落とし厳禁の「エグいラップ」とは

◆【データ攻略】“勝率80%”を味方にGI初制覇へ 「4.0.0.1」条件が導くVロード

◆【データ攻略】前走凡走の想定“8人気”前後 印を回すべき「連対率100%」の実績

◆【データ攻略】想定“6人気”以下の「3.0.0.1」 前走完敗も「血統×条件」で再浮上

◆【WIN5予想】メインはGI未勝利馬の“一点突破” 心斎橋Sは前走大敗馬を含め高配当狙い

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】前走重賞Vの人気馬は“消し” 馬券内率10%未満のマイナス条件に抵触

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”のGI馬に食指 「馬券内率5割」に跳ねるシーズン到来

◆【血統傾向】惨敗続きもコース相性◎の配合 単回収値「674」で再激走の予感

文●SPREAD編集部

【随時更新】函館記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】「万馬券必至」荒れる夏のハンデ重賞 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の本命・注目馬予想一覧 先週「重賞W的中」絶好調◎をチェック

◆【高配当メソッド】ホウオウビスケッツら「馬券内率16.7%」該当で“波乱の予感” 4年前は3連単340万の夢馬券も

追い切り評価

◆【追い切り診断】巴賞組の一角に最高評価「S」 心身の充実を「陣営確信」か、中1週でも攻めの姿勢

◆【追い切り診断】想定“10人気”以下に「A」の高評価 稽古で走らないタイプが「珍しいほど気迫十分」

◆【追い切り診断】軽ハンデで“穴人気”に辛口「B」 洋芝に脚を取られた感あり「凡走に終わる」可能性

穴馬予想

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

データ分析・過去10年傾向

◆【枠順】上位人気勢に「0.0.1.28」の最悪データ 内枠有利も、外枠の実績馬は“買い”

◆【データ攻略】サヴォーナとホウオウビスケッツの「66 or 0%」 2頭の片方に“バッサリ消し”が浮上

◆【データ攻略】「3.1.4.0」合致の鉄板級ホース “厚く買える”想定4人気以下に軸馬のススメも

◆【危険な人気馬】実力つける好調馬を“消し” 16連敗中の不吉条件と「0.0.2.13」が示すワンパン不足に懸念

◆【血統展望】北の大地で覚醒する「ロベルトの血」 前走度外視可能の“想定7人気以下”は


◆【前走ローテ】巴賞組に「0.0.1.19」の不振データ 天皇賞・春組は「1.1.1.4」も好走は“条件付き”