【大阪杯/データ攻略】“勝率80%”を味方にGI初制覇へ 「4.0.0.1」条件が導くVロード

 

【大阪杯/データ攻略】“勝率80%”を味方にGI初制覇へ 「4.0.0.1」条件が導くVロード

今週は阪神競馬場でGI・大阪杯(芝2000m)が行われる。3月に行われたドバイ出走組との棲み分けがカギとなるが、昨年の牝馬二冠スターズオンアースをはじめとしたGI馬5頭が集結する豪華メンバー。GI昇格7年目を迎え、さらにその格式が上がったような印象だ。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてジャックドールを取り上げる。

◆【大阪杯2023予想/追い切り診断】スターズオンアースを上回る「S」の最高評価 「勝ち負け濃厚」

■昨年はマイナス材料のオンパレード

破竹の5連勝で挑んだ昨年は5着。そのリベンジを目論み参戦をはたすのがジャックドールだ。昨年下半期は札幌記念勝利、天皇賞・秋4着と研鑽を積んだ馬。データ面での後押しはあるのだろうか。

・中2カ月以上の休み明け成績【4.0.0.1】

勝率は80%。唯一馬券に敗れたレースは前述の天皇賞・秋のみとほぼパーフェクトな成績を残している休み明け巧者だ。

改めて昨年の大阪杯を振り返ると、中1カ月以内のローテーションかつ1000m通過58秒8のハイペース。2F目に「10秒3」を刻んだことで息が入らず、落鉄の影響もゼロとは言い切れない一戦だ。控える競馬で凡走続きの近走は逃げ戦法への伏線か。マイペース逃げが叶いそうな今回は買いの一手だ。

▼その他、データ攻略
◆【データ攻略】勝ち時計が示す“名牝”の証 見落とし厳禁の「エグいラップ」とは

◆【データ攻略】前走凡走の想定“8人気”前後 印を回すべき「連対率100%」の実績

Advertisement


◆【データ攻略】想定“6人気”以下の「3.0.0.1」 前走完敗も「血統×条件」で再浮上

◆【WIN5予想】メインはGI未勝利馬の“一点突破” 心斎橋Sは前走大敗馬を含め高配当狙い

大阪杯2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】「鞍上×関西馬」で馬券内率100%の“鉄板”軸 一発警戒は単勝万馬券

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 「前走を甘く見ると痛い目に遭う」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“30倍”以上の刺客 「巻き返しの要素はてんこ盛り」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”前後の爆穴 「軽視禁物『2の2』の条件替わり」

◆【危険な人気馬】前走重賞Vの人気馬は“消し” 馬券内率10%未満のマイナス条件に抵触

Advertisement


▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ジャックドールを上回る高評価「A」 「不安はほぼ払拭された」

◆【追い切り診断】スターズオンアースを上回る「S」の最高評価 「勝ち負け濃厚」

◆【追い切り診断】GI初戴冠狙う人気馬に辛口「B」 「戦える態勢は整ったが…」

◆【追い切り診断】想定“10人気”前後に「A」の高評価 「総体的にレベルアップ」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”のGI馬に食指 「馬券内率5割」に跳ねるシーズン到来

◆【血統傾向】惨敗続きもコース相性◎の配合 単回収値「674」で再激走の予感

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ジェラルディーナは「勝率0%」の鬼門・1枠 伏兵“激走ラッシュ”の好枠に古豪

◆【前走ローテ】前走重賞Vの2騎に“勝率0%” ジェラルディーナも「ドボン」の危険性

◆【脚質傾向】差し・追込は“4角位置”がカギ 今年は「GI未勝利馬」がV最右翼

◆【人気傾向】馬券内率“5割超”の「1+2」人気で勝負も、警戒すべき相手とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2023大阪杯-注目馬分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。