Advertisement

【安田記念/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る「S」の最高評価 「自分の走りに集中し文句なし」

【安田記念/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る「S」の最高評価 「自分の走りに集中し文句なし」

■ソングライン

【中間調整】昨年同様、2月の1351ターフスプリント(サウジ)で走り、帰国初戦としてヴィクトリアマイルに参戦。あとひと追い欲しいかな……という仕上げに思えたが、レースでは手応え良く中団インに構え、ゴール寸前先に抜け出していたソダシの内をすくう形でGI2勝目を挙げている。

その後は予定通り、連覇の懸かる安田記念へ在厩で調整。5月21日に坂路15-15で息を整えると、1週前追いとなるウッド3頭併せで真ん中を進み、両サイドを圧倒する迫力で抜け出してみせた。直線に向いた時点で走る気満々といった雰囲気にあり、前走のダメージからの順調な回復ぶりが見てとれる。

【最終追い切り】1週前に引き続き、戸崎圭太騎手を背にしてのウッド3頭併せ。直線では前週以上にタイトに挟まれていたようだが、テンションを上げたりせず自分の走りに集中。結局馬なりのまま鋭く抜け出し、最先着を果たしている。

【見解】昨年はヴィクトリアマイルで不完全燃焼⇒安田記念Vという結果。今年はヴィクトリアマイルで接戦をモノにしており反動が少なからず心配になるところだが、中間の動きは豪快そのもの。精神面、体調面ともに数段階アップといった雰囲気さえ感じる。稍重だった新馬戦(2着)以外、これまですべて良馬場で走ってきた馬だけに今回の馬場状態がどう影響するか未知数だが、気配だけなら文句なし。

総合評価「S」

◆【安田記念2023予想/血統傾向】想定オッズ“2桁”にGI2勝目の気配 「4.0.2.4」に更なる上積みを期待

▼安田記念2023 追い切り診断

◆【追い切り診断】ソダシを上回る「A」の高評価 「パワーを推進力へスムーズに変換できている」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの低評価「B」 「良くも悪くも“大人になった”感が…」


◆【追い切り診断】GI未勝利馬に高評価「A」 「段階を踏んで状態アップに成功」

安田記念2023予想コラム一覧

▼騎手データ

◆【騎手データ】セリフォス・レーンは“押さえ”評価 軸候補は「馬券内率100%」条件の2騎

▼穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以上の盲点 「この人気落ちは妙味たっぷり」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝オッズ“20倍”前後の刺客 「前走内容は激走の布石」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「昨年惨敗は度外視の一戦」

◆【危険な人気馬】GI連勝を狙う有力馬は“消し”  実績不足で「優勝条件を満たしていない」

▼データ攻略

◆【データ攻略】前走快勝の上位人気に「2.1.1.0」 百戦錬磨のGI馬に勝機到来

Advertisement


◆【データ攻略】勝率“8割”で信頼度上昇 不動のマイル王へ変わり身に期待

◆【データ攻略】ジャックドール参戦で穴妙味は十分 「勝率100%」が想定“10人気”以下に

◆【データ攻略】想定2桁オッズに勝率“75%” GI激走馬に共通する「逃げ切り勝ち」

◆【WIN5予想】メインは“ソダシを超えた”厳選一点突破 WIN4は想定“2桁”含め高配当狙い

▼血統傾向

◆【血統傾向】牡馬混合で輝く配合に妙味 単回収値「194」に上昇で激走の予感

◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”にGI2勝目の気配 「4.0.2.4」に更なる上積みを期待

▼その他、過去10年データ傾向

◆【枠順】前年覇者は勝率“0%”の8枠に 3年連続優勝の好枠にシュネルマイスターが入る

◆【前走ローテ】GI組が最多5勝も前走・ヴィクトリアM組が優勢か ソングライン連覇に追い風

◆【脚質傾向】セリフォスやシャンパンカラーに“黄信号” 4角7番手以下の「一手先」に警戒

◆【人気傾向】馬券内率“80%”の1人気はオッズ次第で“100%”に上昇 伏兵の「下剋上」に警戒

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします