石川遼ってどんな人?平成が生んだ天才の経歴や成績を詳しく紹介!

石川遼ってどんな人?平成が生んだ天才の経歴や成績を詳しく紹介!

15歳にしてツアーの史上最年少優勝記録を打ち立て、「ハニカミ王子」の名で注目を浴びた石川遼プロ。

16歳にはプロに転向し、18歳で国内4勝を挙げまたしても史上最年少での賞金王に輝き、華々しいデビューを飾る。

誰もがその将来を有望視していたが、怪我による長期離脱などにより思わぬ不振に陥る時期も数多くあった。

2017年秋からは、活動拠点を再び国内へ。プロ選手会長も務めながら再起を目指している。

15歳でツアー初優勝…「ハニカミ王子」の愛称で話題に!

石川プロは6歳の頃、父に連れられゴルフ場に行ったことをきっかけにゴルフを始めた。石川プロの地元のゴルフ場はジュニア支援がしっかりなされており、練習場は無料で利用可能な上、コースは2000〜3000円で回ることができたそうだ。

小学校の高学年になると徐々に頭角を表し、「ここのコースでプレーをしないか」と名門コースからも声がかかるようになる。

中学にはゴルフ部がなかったため、陸上部に所属。ゴルフの傍ら足の筋力と体力を鍛えた。

15歳245日でのツアー最年少優勝記録を樹立

高校生になると、マンシングウェアKSBカップにアマチュア枠としてツアー初出場。この大会で、 15歳245日のツアー史上最年少記録で優勝し、ギネス世界記録にも登録された。

この大会で活躍したことにより、笑顔が素敵なことから「ハニカミ王子」という愛称が定着。社会現象を巻き起こした。

(c)Getty Images

16歳でプロに転向

16歳でプロに転向し、マイナビABCチャンピオンシップでプロ初優勝。初年度で賞金ランク5位となり、翌年にはマスターズなど海外メジャーにも出場。国内では、年間4勝を挙げて18歳で史上最年少賞金王になった。

また、2010年の中日クラウンズでは「58」という世界最小ストロークで優勝し、15歳でツアー初優勝を果たした時と同様、ギネス世界記録に登録された。

2013年からは米ツアーに参戦

(c)Getty Images

まさに順風満帆なプロ生活を送り、2013年からは米ツアーに参戦。米ツアーでは苦戦も強いられる機会も多かったが、2015年には日本シリーズJTカップで国内メジャー初優勝を遂げた。

怪我での長期離脱、不振に苦しむ時期も…

しかし、2016年に腰痛により5ヶ月の長期離脱を強いられる。

復帰後、2戦目にして日本ツアーで優勝したものの長期離脱の代償は大きかった。スイングの改造などにも取り組んだが、その後思うような結果が残せなくなり、長い不振に陥る。

不振に苦しみ、米ツアー出場権を喪失

不振に陥ったことにより、2017年には5年連続で得ていた米ツアーの出場権を喪失。同年秋からは再び主戦場を国内に移した。

2017年秋から国内に主戦場を移し、再起を狙う

(c)Getty Images

とはいえ、国内ツアーに復帰してからはプロ会長に就任し、精力的に活動。大会でも優勝はないものの、度々上位に顔を出すようになってきている。

ウッズの復活で期待される苦境脱出

しかし、石川プロは2019年5月3日の中日クラウンズを腰痛の影響で途中棄権。9日から開催されるアジアパシフィックオープンプロ権ダイヤモンドカップにも欠場が決まっている。

4月のマスターズではタイガー・ウッズプロが優勝。見事な復活を遂げたこともあり、 石川プロにも復活を期待する声が多い。

まだ時間がかかるかもしれないが、石川プロが万全な状態でプレーする姿を待ちたいと思う。

≪関連記事≫

PGAツアーが日本で開催!松山英樹はスポンサー・ZOZO前澤社長との月旅行参加を希望!?

女子プロゴルファー集結!有村智恵が考案した「#誰が1番正統派かというアンケート」に反響多数

「これぞタイガーだ!!」ナダルがタイガー・ウッズの5年ぶりツアー制覇を祝福

「意外と若い」との声も!42歳のタイガー・ウッズ、5年ぶりの復活優勝!

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

石川遼

日本プロ予選落ちは吉兆か……石川遼、“過去2勝”のザ・ノースCで通算20勝目を目指す セガサミーカップゴルフトーナメントコラム

日本プロ予選落ちは吉兆か……石川遼、“過去2勝”のザ・ノースCで通算20勝目を目指す セガサミーカップゴルフトーナメント

11日から、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブで、セガサミーカップゴルフトーナメントが開催される。 注目は、石川遼。先週の日本プロゴルフ選手権は予選落ちしたものの、セガサミーカップは2014年大会と19年大会を制し…

石川遼、金谷拓実、河本力、清水大成、ドライバーショットの手応え掴み“渡米”なるか 日本ゴルフツアー選手権コラム

石川遼、金谷拓実、河本力、清水大成、ドライバーショットの手応え掴み“渡米”なるか 日本ゴルフツアー選手権

6日から、今季の国内メジャー初戦となる日本ゴルフツアー選手権が、茨城県の宍戸ヒルズカントリークラブ 西コースで開催される。 注目は、13日からノースカロライナ州のパインハーストリゾート&CCで開催される全米オープンに出場…

「再挑戦」「初挑戦」の明確な足がかりつかむか 石川遼、桂川有人、 蟬川泰果の今季振り返りと来季へ向けたポイントコラム

「再挑戦」「初挑戦」の明確な足がかりつかむか 石川遼、桂川有人、 蟬川泰果の今季振り返りと来季へ向けたポイント

2023年シーズンは、賞金ランキングトップ3のNSK(中島啓太、蟬川泰果、金谷拓実)ら若手が躍動した。当時アマチュアだった大学4年生の杉浦悠太のダンロップフェニックス優勝からも感じるように、2024年シーズンも新たに若い…

石川遼251→81、稲森佑貴301→51、小平智351→34 日本勢活躍で海外ブックメーカーのオッズも大幅変動 ZOZOチャンピオンシップニュース

石川遼251→81、稲森佑貴301→51、小平智351→34 日本勢活躍で海外ブックメーカーのオッズも大幅変動 ZOZOチャンピオンシップ

PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」は20日、アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ(千葉県/7079ヤード、パー70)で第2ラウンドが行われた。 日本勢は小平智が通算5アンダーで単独3位、稲森佑貴が通算4アン…

松山英樹の戦前オッズは17倍でトップ10入り、先週2位と上昇気配漂う石川遼は251倍…下馬評を覆す活躍なるか ZOZOチャンピオンシップニュース

松山英樹の戦前オッズは17倍でトップ10入り、先週2位と上昇気配漂う石川遼は251倍…下馬評を覆す活躍なるか ZOZOチャンピオンシップ

PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」は19日、アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ(千葉県/7079ヤード、パー70)で開幕する。 国内で行われる唯一のPGAツアートーナメントには、松山英樹など2022-23…

先週惜しくも2位の石川遼は、世界ランク今季ベストを更新 初メジャー制覇の岩﨑亜久竜は106ランクアップニュース

先週惜しくも2位の石川遼は、世界ランク今季ベストを更新 初メジャー制覇の岩﨑亜久竜は106ランクアップ

10月16日付けの最新男子ゴルフ世界ランキングが発表された。 ◆石川遼や松山英樹、中島啓太ら注目選手の最新ランキング一覧…男子ゴルフ世界ランキング ■日本オープン2位の石川遼は今季ベスト 先週行われた日本オープンゴルフ選…

石川遼はなぜ“全ドラ”で日本オープンを攻められたのか…スタッツから見えた自己最高の安定感と自信コラム

石川遼はなぜ“全ドラ”で日本オープンを攻められたのか…スタッツから見えた自己最高の安定感と自信

国内メジャー第3戦「日本オープン」が先週幕を閉じた。初日から好スタートを切った石川遼は、一時首位に立つなど4日間を通して好調を維持。しかし最終日に猛チャージを仕掛けた岩﨑亜久竜を捉えられず、日本オープン通算3度目の2位で…

【男子ゴルフ】石川遼、“バースデー優勝”へ 過去1勝トップ10入り4回、得意の輪厚で昨年のリベンジなるかコラム

【男子ゴルフ】石川遼、“バースデー優勝”へ 過去1勝トップ10入り4回、得意の輪厚で昨年のリベンジなるか

国内男子ゴルフの第17戦「ANAオープンゴルフトーナメント」(札幌ゴルフ倶楽部・輪厚コース)が、14日に開幕する。 今年は昨年のプレーオフで劇的なショットインイーグルを決め優勝した大槻智春、その大槻と首位を争った石川遼、…

【男子ゴルフ】石川遼、「過去2勝」好相性の富士桜でドライバーショットの安定感保ち今季初優勝へ フジサンケイクラシックコラム

【男子ゴルフ】石川遼、「過去2勝」好相性の富士桜でドライバーショットの安定感保ち今季初優勝へ フジサンケイクラシック

第51回フジサンケイクラシックが31日に開幕する。会場は今年も山梨県の富士桜カントリー倶楽部。もともと、川奈ホテルゴルフコース富士コースが会場だったが、女子のフジサンケイレディスクラシックが2005年から川奈を会場とする…

【男子ゴルフ】今季の石川遼は自己最高「平均304.54ヤード」 過去イチ安定したドライバーショットで後半戦巻き返しを狙うコラム

【男子ゴルフ】今季の石川遼は自己最高「平均304.54ヤード」 過去イチ安定したドライバーショットで後半戦巻き返しを狙う

国内男子ツアーは先週から後半戦に突入。前半戦は、中島啓太や蟬川泰果、平田憲聖、金谷拓実といった新世代たちの活躍が目立つ。一方で実力のある中堅選手たちも負けじと食らいついており、賞金王争いも今後どのような展開となるか注目し…

【男子ゴルフ】中島啓太「13試合で8806万」はジャンボ尾崎を超え、石川遼、松山英樹に迫る 27年ぶりの“国内2億超え”の可能性もコラム

【男子ゴルフ】中島啓太「13試合で8806万」はジャンボ尾崎を超え、石川遼、松山英樹に迫る 27年ぶりの“国内2億超え”の可能性も

国内男子ゴルフツアーは前半戦が終了し、いよいよ今週から後半戦へ突入する。 今年は、中島啓太、蟬川泰果、平田憲聖の同学年トリオや、2020-21年シーズンの賞金王・金谷拓実ら若手選手が国内大会を賑わせており、毎回話題に事欠…

【男子ゴルフ】「セガサミーカップ通算2勝」好相性のザ・ノースカントリーで約7カ月ぶりの優勝なるか 直前パワーランキングコラム

【男子ゴルフ】「セガサミーカップ通算2勝」好相性のザ・ノースカントリーで約7カ月ぶりの優勝なるか 直前パワーランキング

男子ゴルフツアー第11戦「長嶋茂雄INVITATIONAL セガサミーカップ」(北海道、ザ・ノースカントリーゴルフクラブ)が29日より開幕する。 本トーナメントは賞金ランキング1位の中島啓太や、欧州ツアー帰りの金谷拓実、…

【三井住友VISA太平洋マスターズ】30代初優勝、大人の石川遼が見せたマネジメント 復活Vを引き寄せた「丁寧にプレーする意識」ニュース

【三井住友VISA太平洋マスターズ】30代初優勝、大人の石川遼が見せたマネジメント 復活Vを引き寄せた「丁寧にプレーする意識」

男子プロゴルフツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の最終日が13日、静岡・太平洋クラブ御殿場C(7262ヤード、パー70)で行われ、石川遼が星野陸也とのプレーオフを制し、2019年12月以来となる復活優勝を遂げた。…

石川遼、年間獲得バーディ数と同じ数の電子辞書を小学校に贈呈 「ゴルフだけでなく勉強もサポートしていきたい」オフショット

石川遼、年間獲得バーディ数と同じ数の電子辞書を小学校に贈呈 「ゴルフだけでなく勉強もサポートしていきたい」

男子プロゴルフの石川遼選手は、自身の年間獲得バーディー数と同じ数の電子辞書を小学校に寄贈する『バーディーチャレンジ』を行う。石川選手のバーディーチャレンジは昨年に続き2度目。 「ゴルフだけでなく勉強もサポートしていきたい…