【有馬記念/危険な人気馬-後編】本命・対抗には黄金世代の3歳馬、連下にメロディーレーンを指名する「2つの理由」とは

「前編」ではタイトルホルダーの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではタイトルホルダーに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【有馬記念2021予想/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 世代交代を占う最後のGPで「買うべきではない」1頭とは

【有馬記念/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 世代交代を占う今年最後のGPで「買うべきではない」1頭とは

■小柄なだけではないメロディーレーン

本命には、前走の天皇賞・秋でコントレイルを下したエフフォーリアを指名する。黄金世代の大将格とも評される3歳牡馬だが、コントレイルやグランアレグリアを下した天皇賞・秋のレース内容に加え、今回の舞台となる中山競馬場で行われた皐月賞でも強い勝ち方をしているだけに文句のつけようがない。競馬センス、スタミナ、スピードともに現役トップクラスで、名馬の道を歩める資格は十分といったところだ。

対抗はステラヴェローチェ。前走の菊花賞は上がり最速の末脚を繰り出すものの4着に敗れてしまったが、これは神戸新聞杯での疲れによるものだろう。むしろ同じ神戸新聞杯組のレッドジェネシス、モンテディオらが二桁着順だったのに対し、しっかりと掲示板を確保できたことを評価すべきで、バゴ産駒の最高傑作の呼び声高いこの馬にも黄金世代を牽引するだけの能力はある。ここもしっかりマークしておきたい。

以下、押さえでクロノジェネシスアサマノイタズラアカイイトアリストテレスウインキートスメロディーレーンとする。アカイイトの前走はエリザベス女王杯だったが、昨年のサラキア(11人気2着)や17年のクイーンズリング(8人気2着)など前走エリザベス女王杯組が度々穴をあけており、この2頭はいずれも府中牝馬からエリザベス女王杯、そして有馬記念という非根幹距離のローテを歩んで好走していた。アカイイトは府中牝馬Sで7着、エリザベス女王杯で勝利をあげ有馬記念に駒を進めてきているだけにここでもマークするべきだろう。

また、メロディーレーンは前走・古都S(3勝クラス)を勝利しオープン入りを果たした小柄な牝馬だが、注目すべきは350キロ前後の馬体重ではなく、「間隔をあけた休み明け」で強い勝ち方をしていることと、19年の菊花賞でワールドプレミア(有馬記念3着)に0秒4差の5着に好走するスタミナがあるということだ。4カ月の休み明けだった前走に加え、5カ月半の休養を挟んだ海の中道特別(2勝クラス)でもOP入りを果たしているアドマイヤポラリスを下すなど間隔をあけた方が能力を発揮できるタイプで、小柄な牝馬だからこそ「一戦必勝タイプ」なのだろう。ファン多きアイドルホースになりつつあるが、間隔の狭いジャパンC組や下降線を描いてしまっているベテラン勢よりも、勝って挑むことができる臨戦過程は評価すべき。格下感は否めないが、先行馬が早期に脱落する展開となった場合、その豊富なスタミナを武器に浮上する可能性もあるだけに抑えておいて損はないだろう。

◆【有馬記念2021予想/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 世代交代を占う最後のGPで「買うべきではない」1頭とは

【有馬記念/危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 世代交代を占う今年最後のGPで「買うべきではない」1頭とは

▼その他穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】カギはパンサラッサの「大逃げ宣言」 名牝も沈んだ展開に“伏兵”台頭の可能性

【有馬記念/穴馬アナライズ-前編】カギはパンサラッサの「大逃げ宣言」 名牝も沈んだ展開に“伏兵”台頭の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】“単勝20倍”前後の伏兵 右肩上がりの成長で懸念点を払拭

【有馬記念/穴馬アナライズ-後編】“単勝20倍”前後の伏兵 右肩上がりの成長で懸念点を払拭

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前日“10人気”前後の盲点 コース相性と展開利で波乱を演出

【有馬記念/穴馬アナライズ-後編】前日“10人気”前後の盲点 コース相性と展開利で波乱を演出

有馬記念2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は抜群の“操縦性”と“精神力”を誇る有力馬 「動きも申し分ない」

◆【A評価】クロノを上回る高評価は10人気以下の穴馬 ブレのない走りで「躍動感満点」

◆【A評価】高評価「A」は“意思疎通”を深めた人気馬 精神面に磨きがかかり「気配上々」

◆【B評価】ラストランVを目論むクロノジェネシス、気になる「凱旋門賞のダメージ」は

▼データ予想
◆【騎手データ】最多4勝の池添謙一を警戒も、信頼すべきは条件合致で複勝率75%を誇る名手

◆【データ攻略/前編】連覇を狙うクロノジェネシスを後押しする、「複勝率100%」の追い風

◆【データ攻略/後編】勝負駆けを匂わす人気の盲点、“馬券内率70%超”の「ゴールデンコンビ」で大物喰い

▼その他データ傾向
◆【枠順】エフフォーリアは昨年勝利の5枠に、クロノジェネシスは最多勝利の4枠へ

◆【血統傾向】過去3年で9頭中7頭が該当 浮上した“10人気”前後の穴馬

◆【脚質傾向】上がり最速の差しが活躍も、キタサンブラックの好走から導いた注目すべき馬とは

◆【前走ローテ】菊花賞組が最多4勝と好成績も、クロノジェネシスら凱旋門賞組の気になる点とは

◆【人気傾向】勝率「60%」を誇る1人気を素直に信頼も、2着に人気を落とした「GI惨敗馬」の好走で波乱の可能性

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします