【有馬記念/血統傾向】過去3年で9頭中7頭が該当 浮上した“10人気”前後の穴馬

26日に中山競馬場で行われる第66回・有馬記念(GI、芝2500m)の「血統傾向」を分析する。

今年はエピファネイア産駒のエフフォーリア、バゴ産駒のクロノジェネシスステラヴェローチェなど、いかにも有馬記念にフィットしそうな血統の馬が上位人気を占めるが、過去の傾向から注目の血統を絞り込んでいく。

◆【有馬記念2021予想/追い切りジャッジ】最高評価「S」は抜群の“操縦性”と“精神力”を誇る有力馬 「動きも申し分ない」

【有馬記念/追い切りジャッジ】最高評価「S」は抜群の“操縦性”と“精神力”を誇る有力馬 「動きも申し分ない」

■好走例に見る欧州血統の必要性

中山芝2500mは、長距離に加え1周目のスタンド前と最後の直線で2度の坂越えがありスタミナが求められる。また、6つのコーナーを回り、向こう正面の下り坂からロングスパートが始まるコース形状であり、緩急のあるレース展開になりやすい。

この舞台で活躍するのが「欧州血統」で、過去3年の3着以内に入った9頭中7頭には、父または母父に欧州種牡馬の名前が入っていた。起伏に富んだコースで緩急のあるレースが多い欧州競馬で活躍できるタイプが、似た性質を持つ有馬記念にフィットするというわけだ。

一方、アーモンドアイ(父ロードカナロア、母父サンデーサイレンス)やスワーヴリチャード(父ハーツクライ、母父Unbridled’s Song)のようにサンデー系をはじめとする米国血統が主流の馬は、人気を下回る着順に沈んでいる。この点からも欧州血統の必要性が見て取れる。

とくに近年、有馬記念で活躍を見せている欧州血統がMachiavellian。2010年1着のヴィクトワールピサ(母父Machiavellian)、17・18年3着のシュヴァルグラン(母父Machiavellian)の好走例があり、昨年はMachiavellianの近親であるバゴ産駒のクロノジェネシスが制するなど、近年のトレンド血統と言える。

今年、バゴ産駒はクロノジェネシスステラヴェローチェ、ヴィクトワールピサ産駒はアサマノイタズラが出走。とくに注目はステラヴェローチェで、バゴ産駒の牡馬は中5週以上の芝2000m以上で【4-0-4-23】勝率12.9%、複勝率25.8%、単勝回収値223と好成績を誇る。菊花賞から中8週のローテはプラスに出る。

◆【有馬記念2021予想/追い切りジャッジ】クロノを上回る高評価は10人気以下の穴馬 ブレのない走りで「躍動感満点」

【有馬記念/追い切りジャッジ】クロノを上回る高評価は10人気以下の穴馬 ブレのない走りで「躍動感満点」

■中山芝2500mに強い血統構成

次に、ヴィクトワールピサ産駒のアサマノイタズラの3代血統表を見ていく。まず、父のヴィクトワールピサは皐月賞と有馬記念を制するなど中山コースでめっぽう強く、Machiavellianの特徴が色濃く出ているタイプだ。

母父のキングヘイローは皐月賞2着やスプリンターズS3着のほか、中山記念を制し、明らかに距離の長い有馬記念でも3歳時に10番人気6着、6歳時のラストランで9番人気4着と好走。中山適性の高さを証明した。

さらに母母父は欧州血統の代表格・サドラーズウェルズ系のオペラハウスと、同馬には有馬記念にフィットする血統が凝縮されている。

なお、ヴィクトワールピサ産駒の牡馬は3歳時が一番の走り時で、オープン以上のレースでは【5-4-2-47】単勝回収値140と期待値が高い。さらに前走から距離短縮では【3-1-0-11】勝率20%、複勝率26.7%、単勝回収値164。ステラヴェローチェと同じく、好ローテのプラス材料を加味してアサマノイタズラを推奨する。

▼その他データ傾向
◆【枠順】エフフォーリアは昨年勝利の5枠に、クロノジェネシスは最多勝利の4枠へ

【有馬記念/枠順】エフフォーリアは昨年勝利の5枠に、クロノジェネシスは最多勝利の4枠へ

◆【脚質傾向】上がり最速の差しが活躍も、キタサンブラックの好走から導いた注目すべき馬とは

【有馬記念/脚質傾向】上がり最速の差しが活躍も、キタサンブラックの好走から導いた注目すべき馬とは

◆【前走ローテ】菊花賞組が最多4勝と好成績も、クロノジェネシスら凱旋門賞組の気になる点とは

【有馬記念/前走ローテ】菊花賞組が最多4勝と好成績も、クロノジェネシスら凱旋門賞組の気になる点とは

◆【人気傾向】勝率「60%」を誇る1人気を素直に信頼も、2着に人気を落とした「GI惨敗馬」の好走で波乱の可能性

【有馬記念/人気傾向】勝率「60%」を誇る1人気を素直に信頼も、2着に人気を落とした「GI惨敗馬」の好走で波乱の可能性

▼前売りオッズ
◆【前売りオッズ】上位2頭の人気が圧倒的、タイトルホルダーとステラヴェローチェが3人気を争う

【有馬記念/前売りオッズ】上位2頭の人気が圧倒的、タイトルホルダーとステラヴェローチェが3人気を争う

有馬記念2021予想コラム一覧

▼追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は抜群の“操縦性”と“精神力”を誇る有力馬 「動きも申し分ない」

◆【A評価】クロノを上回る高評価は10人気以下の穴馬 ブレのない走りで「躍動感満点」

◆【A評価】高評価「A」は“意思疎通”を深めた人気馬 精神面に磨きがかかり「気配上々」

◆【B評価】ラストランVを目論むクロノジェネシス、気になる「凱旋門賞のダメージ」は

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】カギはパンサラッサの「大逃げ宣言」 名牝も沈んだ展開に“伏兵”台頭の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】“単勝20倍”前後の伏兵 右肩上がりの成長で懸念点を払拭

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前日“10人気”前後の盲点 コース相性と展開利で波乱を演出

◆【危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 世代交代を占う今年最後のGPで「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】本命・対抗には黄金世代の3歳馬、連下にメロディーレーンを指名する「2つの理由」とは

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】連覇を狙うクロノジェネシスを後押しする、「複勝率100%」の追い風

◆【データ攻略-後編】勝負駆けを匂わす人気の盲点、“馬券内率70%超”の「ゴールデンコンビ」で大物喰い

◆【騎手データ】最多4勝の池添謙一を警戒も、信頼すべきは条件合致で複勝率75%を誇る名手

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします