【弥生賞/データ攻略-前編】無敗の2歳マイル王 “馬券内率100%”に該当も「差し損ね」に警戒

今週は中山競馬場で弥生賞(芝2000m)が行われる。

クラシック第一弾・皐月賞と同じ舞台で施行される一戦。今年は朝日杯フューチュリティS覇者ドウデュースが参戦ということで本番との繋がりはより強固なものとなりそうだ。

この記事では過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/追い切り診断】最高評価「S」は有力馬 “前哨戦仕様”を感じさせず「抜群の域」

【弥生賞/追い切り診断】最高評価「S」は有力馬 “前哨戦仕様”を感じさせず「抜群の域」

■ドウデュースを後押しする「馬券内率100%」データ

新馬→アイビーS→朝日杯フューチュリティSと無傷の3連勝。3歳世代の絶対横綱として今年の初戦を迎えるのがドウデュースだ。実績は申し分ないが、これから続くクラシック本番に向けたここは叩き台の可能性が考えられるレース。わずかな死角を見出したいところだが、こんな強力なデータが浮かび上がった。

・前走GIで連対【1-1-4-0】

馬券内率に換算すると100%。春初戦のトライアルレースにおいて、2歳時の実績は評価すべしとの傾向がうかがえる。6頭中5頭が2、3着と勝ち切れないケースが多いだけに差し損ねの可能性は頭に入れておきたいが、普通に走ればまず大崩れは考えにくいところだ。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022/枠順】GI馬ドウデュースは6枠7番に入る 6年連続好走の「8枠」には伏兵2頭

【弥生賞/枠順】GI馬ドウデュースは6枠7番に入る 6年連続好走の「8枠」には伏兵2頭

■ロジハービンの鬼門は「連対率ゼロ」の前走京成杯組

前走京成杯で2着、中山芝2000m実績ではメンバー中トップクラスを誇るロジハービン。引き続き得意条件で迎えるここは絶好の狙い時にも思えるが、懸念すべきデータがこちら。

・前走京成杯組【0-0-2-8】

同じ中山芝2000mにもかかわらず、なぜか前走京成杯組を受け付けない性質を持つ弥生賞。冬の中山と春の中山、GI級の馬がここから始動することによる相手関係の違いも影響しているのだろうか。ロジハービンが好走した京成杯は馬場・展開ともに恵まれた面もあり、ここは試金石の一戦と言える。

後編ではデータ面から浮上する弥生賞の穴馬候補2頭を紹介する。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/データ攻略-後編】想定“5人気”前後の伏兵 最多6勝を誇る「血の力」で実績馬を一蹴

【弥生賞/データ攻略-後編】想定“5人気”前後の伏兵 最多6勝を誇る「血の力」で実績馬を一蹴

▼その他データ予想
◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/騎手データ】条件合致で“連対率85%超”に急浮上 「栗東のレジェンド」に要注目

【弥生賞/騎手データ】条件合致で“連対率85%超”に急浮上 「栗東のレジェンド」に要注目

弥生賞ディープインパクト記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」は有力馬 “前哨戦仕様”を感じさせず「抜群の域」

◆【A評価】人気の盲点に「A」の高評価 休養効果で「前走以上の雰囲気」

◆【A評価】有力馬を上回る「A」評価は穴馬 気配上々で「上位食い込みは十分」

◆【B評価】上位人気に不満の「B」評価 時計は優秀も「背中や脚元の疲れが……」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“7人気”前後の伏兵 「レースぶりから条件はドンピシャ」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「前走の再現なれば一発ある」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の盲点 「コース替わりで逆転の目あり」

◆【危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 素質馬が集う皐月賞トライアルで「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】“中山適性”最上位の伏兵を本命視 混戦向きで「絶好の狙い目」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】GI馬ドウデュースは6枠7番に入る 6年連続好走の「8枠」には伏兵2頭

◆【血統傾向】コース相性も問題なし 中山芝で単回収値「248」の良血馬に“買い”のジャッジ

◆【脚質傾向】昨年は逃げが勝利も、馬券圏内への絶対条件とは

◆【前走ローテ】ハイレベルのホープフルS組は“劣勢”も 注目は1800mから参戦の爆穴

◆【人気傾向】クラシック前哨戦は平穏決着か 過去には“40万馬券”も上位人気信頼

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022弥生賞編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします