【弥生賞/データ攻略-後編】想定“5人気”前後の伏兵 最多6勝を誇る「血の力」で実績馬を一蹴

前編ではドウデュースロジハービンの明暗分かれるデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/追い切り診断】人気の盲点に「A」の高評価 休養効果で「前走以上の雰囲気」

【弥生賞/追い切り診断】人気の盲点に「A」の高評価 休養効果で「前走以上の雰囲気」

■データが導く2022弥生賞の穴馬候補は

<穴候補1 アスクビクターモア>

中山芝2000mの1勝クラスを勝利して臨む馬。重賞勝ち馬との比較で戦前の評価は決して高いものとは言えないが、ここでは「血の力」に着目したデータをご紹介。

・ディープインパクト産駒→過去10年の弥生賞で6勝

カミノタサハラの勝利にはじまり、のちのダービー馬マカヒキやダノンプレミアム、8人気馬メイショウテンゲンなど多種多様な勝ちパターンを見せるディープインパクト産駒。今回出走する唯一のディープ産駒である本馬が実績馬を一蹴するシーンは想定しておきたいところだ。

<穴候補2 インダストリア>

前走ジュニアCを上がり3F最速の脚で勝利。ここは距離との戦いになりそうな1頭だが、以下のデータが後押しとなる。

・2022年の3歳重賞におけるサンデーレーシング所属馬成績【1-2-1-2】

馬券内率に換算すると66.7%。クイーンカップのベルクレスタや共同通信杯のジオグリフなど、前走馬券外に敗れた馬も順当に巻き返していたのだ。インダストリアは今回出走するなかで唯一の社台ノーザングループ系クラブ馬。陣営の勝負気配は相当に強そうだ。

◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/データ攻略-前編】無敗の2歳マイル王 “馬券内率100%”に該当も「差し損ね」に警戒

【弥生賞/データ攻略-前編】無敗の2歳マイル王 “馬券内率100%”に該当も「差し損ね」に警戒

▼その他データ予想
◆【弥生賞ディープインパクト記念2022予想/騎手データ】条件合致で“連対率85%超”に急浮上 「栗東のレジェンド」に要注目

【弥生賞/騎手データ】条件合致で“連対率85%超”に急浮上 「栗東のレジェンド」に要注目

弥生賞ディープインパクト記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」は有力馬 “前哨戦仕様”を感じさせず「抜群の域」

◆【A評価】人気の盲点に「A」の高評価 休養効果で「前走以上の雰囲気」

◆【A評価】有力馬を上回る「A」評価は穴馬 気配上々で「上位食い込みは十分」

◆【B評価】上位人気に不満の「B」評価 時計は優秀も「背中や脚元の疲れが……」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“7人気”前後の伏兵 「レースぶりから条件はドンピシャ」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程 「前走の再現なれば一発ある」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の盲点 「コース替わりで逆転の目あり」

◆【危険な人気馬-前編】人気の一角は“消し” 素質馬が集う皐月賞トライアルで「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】“中山適性”最上位の伏兵を本命視 混戦向きで「絶好の狙い目」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】GI馬ドウデュースは6枠7番に入る 6年連続好走の「8枠」には伏兵2頭

◆【血統傾向】コース相性も問題なし 中山芝で単回収値「248」の良血馬に“買い”のジャッジ

◆【脚質傾向】昨年は逃げが勝利も、馬券圏内への絶対条件とは

◆【前走ローテ】ハイレベルのホープフルS組は“劣勢”も 注目は1800mから参戦の爆穴

◆【人気傾向】クラシック前哨戦は平穏決着か 過去には“40万馬券”も上位人気信頼

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022弥生賞編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします