【中山牝馬S/穴ライズ】想定オッズ“2桁”以上の伏兵 舞台替わりで「初重賞Vがあってもいい」

過去10年、中山牝馬Sにおける1番人気の成績は【1-2-2-5】で勝率10%、連対率30%と不振。昨年は1番人気のドナアトラエンテが9着に沈み、3連単の配当は14万超と波乱決着。

また、直近10年で4~6人気が【5-3-2-20】のハイアベレージをマーク。さらに10番人気以下の穴馬が5頭馬券に絡んでいるように、波乱傾向の牝馬限定重賞となっている。

高配当の立役者となっているのは前走・非重賞組。今年は昨年に重賞タイトルを獲得したミスニューヨークとルビーカサブランカが人気を分け合う形となりそうで他は大混戦のオッズとなりそう。それでも前走のレース内容と適性を勘定しながら「穴馬」を発掘することが攻略のポイントとなる。

◆【中山牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝“10人気”前後の盲点 ハナ宣言で「古豪が波乱を巻き起こす」

【中山牝馬S/穴ライズ】単勝“10人気”前後の盲点 ハナ宣言で「古豪が波乱を巻き起こす」

■シングフォーユー

前走の白富士Sでは5番人気の支持を得るも9着に敗れてしまったが、ジャックドールら強力な先行馬がいたことでポジションを確保できず、走る気が削がれてしまったことが大きな敗因だ。

しかし、3走前のユートピアSでは3番手からジリジリ脚を伸ばし、のちに愛知杯を制することになるルビーカサブランカ相手に先着しているように、本来の先行策が取れればここは力上位だ。

もともと秋華賞に駒を進めているように素質は高く、近親に中山競馬場で重賞勝ちのあるシングウィズジョイがいるだけに舞台替わりはプラスに働く。2走前に勝利へ導いた鞍上を背に初重賞Vがあってもいい。

◆【中山牝馬ステークス2022予想/穴馬アナライズVol.2】単勝“10人気”前後の盲点 ハナ宣言で「古豪が波乱を巻き起こす」

【中山牝馬S/穴ライズ】単勝“10人気”前後の盲点 ハナ宣言で「古豪が波乱を巻き起こす」

金鯱賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞未勝利馬に最高評価「S」 気配絶好で「勝ち負けになっていい」

◆【A評価】人気一角に及第点「A」評価 上積み大で「巻き返しに期待」

◆【A評価】有力馬を上回る高評価「A」は人気薄 素軽さアップで「好勝負必至」

◆【B評価】有力馬に不満の「B」評価 ギアが入らず「前哨戦仕上げ」か

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】条件不問の“優等生”を本命視 「昨年以上の着順があってもいい」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気一角に警鐘 得意条件も「勝率0%」の壁

◆【データ攻略-後編】「人」の力で浮上する惑星 馬券内率60%で波乱を呼ぶ

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】2年連続Vの「5枠」にはGI馬が入る 注目のジャックドールは3枠に

◆【血統傾向】惨敗続きの穴馬に”妙味” 単回収値「238」の復活を期す重賞馬

◆【脚質傾向】開幕週の中京は「先行決着」濃厚 今年も逃げ残りに注意

◆【前走ローテ】GI馬アカイイトに警鐘 「有馬記念組」に隠された着順の罠

◆【人気傾向】昨年は最低人気が勝利で波乱決着 今年も伏兵馬の浮上なるか

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-金鯱賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします