【高松宮記念/穴ライズ】想定オッズ“30倍”前後の伏兵 「タフな馬場も問題なし」

過去10年、高松宮記念は1番人気が【2-1-3-4】と2勝をマーク。2番人気は【3-4-0-3】、3番人気も【2-2-3-3】と、3番人気以上が20頭も馬券に絡んでいるように本命寄りのレースとなっている。

◆【高松宮記念2022予想/穴馬アナライズ-後編Vol.3】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

【高松宮記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

しかし一方で、2020年には9番人気モズスーパーフレアの勝利で3連単21万馬券が飛び出したほか、19年には12番人気セイウンコウセイが2着、3着には17番人気ショウナンアンセムが激走し3連単449万の大荒れに。

6番人気以下で馬券圏内に好走したのは7頭いるが、共通点は前走がオーシャンSかシルクロードSで「5人気以上で敗退」、もしくは「人気薄で掲示板」ということ。例年、高松宮記念の人気の中心は強豪馬が集まる阪急杯組となっており、出走馬のレベルが一枚落ちる前述2レースからの臨戦は軽視されやすい傾向にある。その結果、実力以上に過小評価された穴馬が誕生するわけだ。今回はこの2レースから盲点をピックアップする。

■シャインガーネット

高松宮記念と同条件の中京1200mで行われた今年のシルクロードSで、外から追い込んで2着。先に抜け出した勝ち馬のメイケイエールこそ捕らえられなかったが、自身2度目となるスプリント戦で好結果を残せたのは評価していい。5歳春にして本格化を迎えた気配だ。

中京コースが得意なサウスポーで、3歳時のGIII・ファルコンS勝ちをはじめ【1-1-0-1】。またタフな馬場も問題にしないタイプなので、土曜の雨が残るのは歓迎のクチ。得意のコースで、他馬が伸びあぐねるのを横目にアッと驚く激走を期待したい。

過去10年で最多の3勝をマークし、2着2回、3着1回の好枠を引き当てたのも好走を後押しする。ロスのない競馬から、直線でうまく馬群を捌いて、一気に重賞Vだ。

◆【高松宮記念2022予想/穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

【高松宮記念/穴ライズ】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬】前走快勝のGI馬は“消し”評価 「不安要素の方が大きい」

【高松宮記念/危険な人気馬】前走快勝のGI馬は“消し”評価 「不安要素の方が大きい」

高松宮記念 2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

◆【A評価】レシステンシアに「A」評価 「昨年の鬱憤を晴らす可能性は十分」

◆【A評価】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

◆【B評価】スプリント初挑戦のGI馬に辛口「B」 脚周りより不安な面とは

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】メイケイエールのGI初制覇に暗雲、降りかかる「馬券内率0%」とは

◆【データ攻略-後編】雨が追い風に、「連対率100%」が強力後押しする伏兵馬とは

◆【騎手データ】条件合致で複勝率80%に上昇 軽視禁物の「栗東の名手」とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】春のGIシリーズが開幕 昨年のリベンジを狙うレシステンシアは4枠に入る

◆【血統傾向】中京芝1200mで浮上する“大穴” 「激走の可能性が高い」

◆【脚質傾向】人気一角に“勝率0%”の警鐘 理想ポジションは「好位差し」

◆【前走ローテ】中心は前走・阪急杯組 グレナディアガーズには試練のデータ

◆【人気傾向】上位人気の決着例は多数 少点数で攻めるのがベターか

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-高松宮記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします