【高松宮記念/追い切り診断】スプリント初挑戦のGI馬に辛口「B」 脚周りより不安な面とは

■サリオス

【中間調整】昨年はなかなか勝ち負けの競馬にならなかったが、逃げの手に出た前走・香港マイルで3着。復調気配を感じさせ、あり余る前進気勢を損ねない方が持ち味が出せることを示した一戦でもあった。もとより短距離路線待望論はささやかれており、満を持しての初スプリント挑戦となる。2月26日に美浦へ帰厩。海外遠征帰りかつ痛めた蹄のケアがあり、また常に弱さを抱える右トモの様子も確認しつつと苦心の調整が続いたが、徐々に動きに素軽さが戻っている。初時計だった3月4日のウッド追いは平凡だったが、併せ馬を1本挟んだ1週前の3頭併せでは終いにビシッと追われ最先着を果たした。

◆【高松宮記念2022予想/追い切り診断】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

【高松宮記念/追い切り診断】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

【最終追い切り】最終追いは2歳時以来のコンビ結成となる石橋騎手が騎乗し、ウッドで併せ馬。準オープン馬を追走し直線ではインへ潜り込むが、そこからのの反応がややモタモタしており、なかなか相手と鼻面を合わせるまでに至らない。ゴール手前でジワッと伸びてなんとか併入に持ち込んだ。

【見解】最終追いは相手が走り過ぎた感もあるが、やはり気持ちのスイッチが入るのがワンテンポほど遅かった印象。全体のスピード感はさすがの迫力を感じさせるが、脚の出し入れ、レース中のメリハリという面では不安が残る。蹄やトモは現状問題なさそうで、そのあたりはさすがの厩舎力と言えるが、乗り出す時期が遅くなった影響は否めない。

総合評価「B」

◆【高松宮記念2022予想/追い切り診断】レシステンシアに「A」評価 「昨年の鬱憤を晴らす可能性は十分」

【高松宮記念/追い切り診断】レシステンシアに「A」評価 「昨年の鬱憤を晴らす可能性は十分」

◆【高松宮記念2022予想/追い切り診断】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

【高松宮記念/追い切り診断】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

高松宮記念&ドバイワールドカップデー 2022予想コラム一覧

高松宮記念 予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“30倍”前後の伏兵 「タフな馬場も問題なし」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

◆【危険な人気馬】前走快勝のGI馬は“消し”評価 「不安要素の方が大きい」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で複勝率80%に上昇 軽視禁物の「栗東の名手」とは

◆【データ攻略-前編】メイケイエールのGI初制覇に暗雲、降りかかる「馬券内率0%」とは

◆【データ攻略-後編】雨が追い風に、「連対率100%」が強力後押しする伏兵馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】春のGIシリーズが開幕 昨年のリベンジを狙うレシステンシアは4枠に入る

◆【血統傾向】中京芝1200mで浮上する“大穴” 「激走の可能性が高い」

◆【脚質傾向】人気一角に“勝率0%”の警鐘 理想ポジションは「好位差し」

◆【前走ローテ】中心は前走・阪急杯組 グレナディアガーズには試練のデータ

◆【人気傾向】上位人気の決着例は多数 少点数で攻めるのがベターか

ドバイワールドカップデー  予想コラム一覧

◆【ドバイゴールデンシャヒーン2022予想/3連複5点勝負】日本馬レッドルゼルを本命視 穴は想定“10人気”の地元UAE勢

◆【ドバイターフ2022予想/3連単24点勝負】断然人気シュネルマイスターは「パンサラッサの大逃げに苦戦」

◆【ドバイシーマクラシック2022予想/3連複15点勝負】日本馬5騎から選ぶ“軸馬” 狙いは「妙味ありの外国勢」

◆【ドバイワールドカップ2022予想/3連単36点勝負】チュウワウィザードは“消し”評価、中心は米国最強馬

日経賞  過去10年データ

◆【日経賞2022/枠順・騎手データ】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/前走ローテ】動くデータグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/人気傾向】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします