【高松宮記念/危険な人気馬】前走快勝のGI馬は“消し”評価 「不安要素の方が大きい」

春の短距離王決定戦である高松宮記念に、昨年2着のレシステンシアや一昨年の朝日杯FS以来のGIタイトルを目論むグレナディアガーズ、シルクロードSで復活の勝利を挙げたメイケイエールなどが出走予定。過去10年で1~3番人気が全て馬券外に沈んだことは一度もないが、大波乱の決着だった19年のように上位人気の取捨選択をすることが重要となってくる。

今回の「危険な人気馬」として取り上げるのは、前走の阪神Cで差し切り勝ちを収めたGI馬・グレナディアガーズだ。

◆【高松宮記念2022予想/追い切り診断】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

【高松宮記念/追い切り診断】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

■天候、適性に懸念

2歳時の朝日杯フューチュリティSでステラヴェローチェらを封じてGIタイトルを獲得したグレナディアガーズ。その後はマイル前後の重賞に挑戦し、シュネルマイスターやグランアレグリアなどといった強豪相手に苦汁をなめてきた。しかし、前走の阪神Cではダノンファンタジー、セイウンコウセイらGI馬相手に差し切り勝ちを収め、1年ぶりの重賞タイトル獲得となった。

完成度が高く、スピード能力に長けているフランケル産駒で、サンデーサイレンスの血を持たない馬が好走傾向にある高松宮記念との相性は間違いなく良いだろう。しかし、フランケル産駒は馬場に左右されやすいため、今週末の雨予報は決して歓迎材料とはならない。その証拠にこれまでフランケル産駒の芝1200mの成績に注目すると、良馬場のレースに80頭が出走し9勝(勝率11.3%)を挙げているのに対し、稍重・重・不良のレース計29頭が出走したものの勝ち馬は僅か1頭(勝率3.4%)と大幅に数値を下げている。

また、高松宮記念はスピードや決め手が要求されるスプリンターズSとは異なり“立ち回りの巧さ”が求められる特殊な舞台で、この10年でもセイウンコウセイやレッツゴードンキなどコース適性の高い馬の好走が目立っている。2歳時にファルコンSで2着に好走しているだけに中京適性がある様にみえるが、対峙したメンバーがその後勝てていないことを踏まえると結果的に低レベルのメンバー構成だったためで、決して適性があったわけではない。加えて初のスプリント戦ともなればペースに戸惑う可能性も高く、不安要素の方が大きいというわけだ。

ここは人気一角のグレナディアガーズを「消し」とする。今年の中京適性と週末の雨による馬場の適性をイメージすれば、重馬場だった昨年の本舞台を好走したレシステンシアを中心に、メイケイエールトゥラヴェスーラレイハリアら、中京芝1200mを経験してきた馬を上位に評価したい。

▼その他、穴馬予想
◆【高松宮記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

【高松宮記念/穴ライズ】単勝“8人気”前後の盲点 「展開次第で波乱の立役者に」

◆【高松宮記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“30倍”前後の伏兵 「タフな馬場も問題なし」

【高松宮記念/穴ライズ】想定オッズ“30倍”前後の伏兵 「タフな馬場も問題なし」

◆【高松宮記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

【高松宮記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「ポテンシャルは他馬と差はない」

高松宮記念&ドバイワールドカップデー 2022予想コラム一覧

高松宮記念 予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】有力馬に文句なしの「S」評価 「精神面は特筆レベル」

◆【A評価】レシステンシアに「A」評価 「昨年の鬱憤を晴らす可能性は十分」

◆【A評価】高評価は想定“10人気”以下 GI制覇へ「人事を尽くした調整」

◆【B評価】スプリント初挑戦のGI馬に辛口「B」 脚周りより不安な面とは

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で複勝率80%に上昇 軽視禁物の「栗東の名手」とは

◆【データ攻略-前編】メイケイエールのGI初制覇に暗雲、降りかかる「馬券内率0%」とは

◆【データ攻略-後編】雨が追い風に、「連対率100%」が強力後押しする伏兵馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】春のGIシリーズが開幕 昨年のリベンジを狙うレシステンシアは4枠に入る

◆【血統傾向】中京芝1200mで浮上する“大穴” 「激走の可能性が高い」

◆【脚質傾向】人気一角に“勝率0%”の警鐘 理想ポジションは「好位差し」

◆【前走ローテ】中心は前走・阪急杯組 グレナディアガーズには試練のデータ

◆【人気傾向】上位人気の決着例は多数 少点数で攻めるのがベターか

ドバイワールドカップデー  予想コラム一覧

◆【ドバイゴールデンシャヒーン2022予想/3連複5点勝負】日本馬レッドルゼルを本命視 穴は想定“10人気”の地元UAE勢

◆【ドバイターフ2022予想/3連単24点勝負】断然人気シュネルマイスターは「パンサラッサの大逃げに苦戦」

◆【ドバイシーマクラシック2022予想/3連複15点勝負】日本馬5騎から選ぶ“軸馬” 狙いは「妙味ありの外国勢」

◆【ドバイワールドカップ2022予想/3連単36点勝負】チュウワウィザードは“消し”評価、中心は米国最強馬

日経賞  過去10年データ

◆【日経賞2022/枠順・騎手データ】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/前走ローテ】動くデータグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【日経賞2022/人気傾向】データグラフから読み解く狙うべき馬とは

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします