【日本ダービー/穴ライズ】単勝“10人気”前後の爆穴 「距離延長は大歓迎のクチ」

過去10年、日本ダービーにおける「前走ローテ」は、前走・皐月賞組が【7-8-5-66】で別路線組を圧倒。

昨年こそ前走・毎日杯組のシャフリヤールが制したが、2着には皐月賞馬エフフォーリア、3着には同3着の9番人気ステラヴェローチェが入った。2020年は前走・皐月賞組のワン・ツー・スリー、3着には皐月賞8着から巻き返した10番人気のヴェルトライゼンデが好走した。

2018年には皐月賞を1番人気で7着に惨敗したワグネリアンが、日本ダービーで5番人気の評価を覆して戴冠。巻き返した3頭はいずれも、重賞で勝ち負けしてきた馬であり、一度の惨敗で人気を落としていた。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

【日本ダービー/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「2走前の勝ちっぷりは本物」

トライアルを経て皐月賞、そして日本ダービーへと続く過酷なクラシック戦線。その過程で馬場・コース適性、レース中の不利や調子落ちなどによる惨敗があってもリカバリーは可能で、今年も前走・皐月賞組から敗因が明確な馬に「盲点」は潜んでいると見た。

■ジャスティンパレス

前走の皐月賞は9番人気9着。立ち上がるようなスタートで後方からの競馬を強いられため、向こう正面で積極的にポジションを上げていったが、直線では対抗する脚が残っていなかった。結果的に敗れはしたものの、着狙いの競馬ではなく勝ちに行ってのもの。ダービーに向けての収穫は多く、悲観する負け方ではなかった。

ピリッとした脚を使うというより、長くいい脚を使うタイプ。さらにエンジンのかかりも早くはないため、距離延長や広々とした東京へのコース替わりは大歓迎のクチだ。左回りも問題なくこなしているだけに、今度こそスタートを決めて、好位集団から先に抜け出しそのまま粘りこみたい。

日本ダービーはディープインパクト産駒が最多の7勝を挙げ、かつ現在4連勝中。今年はジャスティンパレスのほか、プラダリアやアスクビクターモアなど5頭がスタンバイしている。おそらく本馬が最も人気がなさそうで、異母兄弟が得意な条件で大波乱を巻き起こしたい。

◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

【日本ダービー/穴ライズ】想定“30倍”以上の盲点 「前走度外視で巻き返し必至」

▼その他、穴馬予想
◆【日本ダービー(東京優駿)2022予想/危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

【日本ダービー/危険な人気馬】想定3人気以上の実績馬は“消し” 「他馬と併せることを嫌がる」

日本ダービー(東京優駿)2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】皐月賞組を上回る高評価「A」の刺客 課題を潰して「大仕事の可能性」

◆【追い切り診断】皐月賞上位馬にまさかの「B」評価 「ギリギリまで追い込めていない」

◆【追い切り診断】人気一角に文句なしの最高評価「S」 「世代の頂点にいちばん近い」

◆【追い切り診断】イクイノックスを上回る高評価「A」 相手が迫っても「自分の走りに集中」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】皐月賞1、2着に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】爆穴候補は前走惨敗のディープ産駒、7年連続データが追い風に

◆【騎手データ】ルメールは高値安定も…条件合致で「連対率100%」のレジェンドに注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【馬場情報】東京芝は回復傾向 土曜は“1枠”が2勝も実際は……

◆【枠順】想定1人気イクイノックスは大外8枠18番 過去10年で馬券内率わずか「6.7%」の鬼門

◆【血統傾向】単回収値「268」に“跳ねる”好条件の伏兵 「ジンクスを打破する一発に期待」

◆【脚質傾向】ダービーポジションは「2~5番手」 皐月賞上位組に全幅の信頼

◆【前走ローテ】過去10年で7勝の皐月賞組 イクイノックスとダノンベルーガに勝機

◆【人気傾向】4年連続で馬券内は「2番人気」 1番人気の戴冠はわずか3頭

目黒記念2022 データコラム一覧

◆【目黒記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【目黒記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【目黒記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/目黒記念2021】8番人気ウインキートスが2馬身差をつける激走で重賞初制覇

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-日本ダービー編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします