【宝塚記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「一発があるとしたらこの馬」

■アリーヴォ

7番人気と伏兵視されていた前走の大阪杯では、直線で先に抜け出したポタジェとレイパパレを交わす勢いで伸びてきたが、クビ+ハナ差の3着に敗れたアリーヴォ。わずかなところで大金星こそ逃したものの、上がり3ハロンが最速だったように伸び脚はメンバーの中で際立っており、展開ひとつでGIタイトルに手が届く地力の高さ証明してみせた。重賞初制覇を果たした2走前の小倉大賞典がローカルのハンデ戦ということもあり半信半疑だったが、この強さは本物だろう。ものすごい勢いで成長している。

◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

【宝塚記念/穴ライズ】想定“8人気”前後の盲点 「明らかに過小評価の1頭」

これまで11戦して、複勝圏を外したのはダートの新馬戦と、距離が長かった菊花賞の2戦のみ。守備範囲の芝中距離戦では、抜群の安定感を示している。先行してもよし、控えてもよしと自在性の高さも備えており、どんな流れになっても力を出せるのは大きな武器だ。ペース感覚に優れたレジェンド・武豊の継続騎乗も心強い。

今年の宝塚記念には4頭の4歳馬がエントリーしているが、タイトルホルダーとエフフォーリア以外はノーマークな気配。一発があるとしたらこの馬だろう。今度こそ先頭でゴールして、波乱の立役者となりたい。

▼その他、穴馬予想
◆【宝塚記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

【宝塚記念/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程 「覚醒した古豪が大穴を開ける」

◆【宝塚記念2022予想/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

【宝塚記念/危険な人気馬】人気一角のGI馬は“消し”評価 「馬がプレッシャーを感じてしまう」

宝塚記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「控える競馬への対策も万全」

◆【追い切り診断】有力馬にまさかの「B」評価 「本来の迫力を取り戻せていない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 前走“メイチ”から「高値安定」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 「心身ともに充実一途」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】タイトルホルダーとエフフォーリアに明暗、勝率“ゼロ”と“60%”とは

◆【データ攻略-後編】2強の牙城を崩す実績馬、馬券内率“100%”が強力な追い風に

◆【騎手データ】明暗分かれる人気騎手 狙うべき熱いパターンに合致するジョッキーとは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】タイトルホルダーは3枠6番、エフフォーリアは2枠4番 人気馬は勝率ゼロの“鬼門”に

◆【血統傾向】条件合致で「連対率8割越え」 想定“10人気”前後の伏兵

◆【脚質傾向】タイトルホルダーに“不安”材料 「連対率100%」は上がり最速馬

◆【前走ローテ】タイトルホルダーとエフフォーリアに“暗雲” 本命にすべきは伏兵とは

◆【人気傾向】中心はタイトルホルダーかエフフォーリアか “堅軸”は4歳馬の1、2番人気

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-宝塚記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします