【七夕賞/血統傾向】ハンデ×小回りの波乱レースで狙う、単回収値「263」の穴配合

10日に福島競馬場で行われる七夕賞(GIII、芝2000m)の「血統傾向」を分析する。

重賞未勝利ながら天皇賞・春4着、日経賞3着など実績十分のヒートオンビートや、前走福島民報杯を5馬身差勝利のアンティシペイトをはじめ、昨年の福島記念2着馬ヒュミドール、小倉記念以来の勝利を狙うモズナガレボシら、ハンデ戦だけにどの馬が勝ってもおかしくない面白いメンバーが揃った。

◆【七夕賞2022予想/穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

【七夕賞/穴ライズ】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

ここでは、血統データから読みとく七夕賞の推奨馬を紹介する。

■キングマンボ系×サンデー系の組み合わせに注目

データは2017年以降の七夕賞を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

過去5年で稍重が2度、重馬場が1度と道悪開催が多い七夕賞だけあって、上がりの掛かるタフなレースになりやすい。そのためか切れ味タイプのディープインパクト産駒は1勝しか挙げられていない。また、小回り特有のよどみない流れになり、ハイペースになりやすく、スピードの持続力を備えたキングズベスト産駒のようなキングマンボ系の好走が多いのはそのためだろう。今年も昨年の七夕賞を逃げて2着好走のロザムールが出走予定で例年通り持続型のレースになりそうだ。

さらに、キングマンボ系×サンデー系の配合が好相性で【1-1-1-4】(勝率14.3%、連対率28.6%、複勝率42.9%/単回収値84)。2021年2番人気1着のトーラスジェミニ、20年7番人気2着のブラヴァスなど人気以上の好走を見せており、この組み合わせから注目馬をピックアップしたい。

◆【七夕賞2022予想/騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

【七夕賞/騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

1頭目は、ルーラーシップ産駒のヴァンケドミンゴ。昨年の七夕賞では、16番の外枠発走から外を回ることになり伸びきれず12着に敗れたが、3着内に入った3頭全て内枠の馬だったように内有利の馬場だった。全4勝を福島で挙げている福島巧者のヴァンケドミンゴなら、これで見限るのは早計だろう。2017年以降、父ルーラーシップ×母父サンデー系の牡馬が、前走右回りの芝レースで上がり3位以内の脚を使いながら4着に敗れた次走に福島芝に出走すると【1-1-3-1】(勝率16.7%、連対率33.3%、複勝率83.3%/複回収値195)と母数は少ないが、非常に高い複勝率を誇っている。6歳となったが末脚は健在で、展開や馬場が向けば大外一気のシーンも想像しやすく推奨したい一頭だ。

2頭目は同じくルーラーシップ産駒のエヒトをピックアップ。3勝クラスに昇級後はなかなか勝ち切れなかったが、3走前のサンタクロースSで快勝しオープン入りを果たした。前走の京都記念でも、上がり3位の脚を繰り出し、0秒4差の7着は悪くない。ハンデ重賞は初となるが、父ルーラーシップ×母父サンデー系の牡馬は、前走上がり5位以内の脚を使い、次走にハンデ戦の芝レースで54kgを背負うと【6-1-2-11】(勝率30.0%、連対率35.0%、複勝率45.0%/単回収値263)と高い勝率を誇っている。オープン入り後も大きく負けておらずスムーズにさばくことができれば巻き返しが可能だ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ヒートオンビートは3枠6番に 人気馬は条件合致で勝利“50%”超えの好枠に

【七夕賞/枠順】ヒートオンビートは3枠6番に 人気馬は条件合致で勝利“50%”超えの好枠に

◆【脚質傾向】上がり3Fの実績に注目 データからわかる好走条件とは

【七夕賞/脚質傾向】上がり3Fの実績に注目 データからわかる好走条件とは

◆【前走ローテ】2勝が最多の難解なレース 穴馬激走の単勝回収値1006に注目

【七夕賞/前走ローテ】2勝が最多の難解なレース 穴馬激走の単勝回収値1006に注目

◆【人気傾向】上位人気に不安なデータ 過去に“256万”馬券の難解なハンデ重賞

【七夕賞/人気傾向】上位人気に不安なデータ 過去に“256万”馬券の難解なハンデ重賞

七夕賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】前走惜敗の穴馬に高評価「A」 操縦性を徹底的に鍛え上げ好気配

◆【追い切り診断】人気一角に不満の「B」評価 さすがの迫力も「全幅の信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】ヒートオンビートを上回る最高評価「S」 優勝も意識できる「狂いのない調整」

◆【追い切り診断】実績上位の人気馬に「A」評価 柔軟な脚捌きで「平凡さをまったく感じさせない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“8人気”前後の盲点 「距離延長がむしろプラスになる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定オッズ“10倍”前後の惑星 「実績ほど上位陣との差はない」

◆【穴馬アナライズVol.3】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「大きな武器」で波乱を演出

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「立ちはだかる2つの壁」

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬2頭に明暗も 大穴候補は条件合致で“連対率50%”の「美浦のベテラン」

◆【データ攻略-前編】ヒートオンビートに「勝率0%」の死角、「連対率100%」が後押しする人気馬とは

◆【データ攻略-後編】前走フタ桁着順の穴馬 連対率“75%”が波乱を巻き起こす

プロキオンステークス2022 データコラム一覧

◆【プロキオンS2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【プロキオンS2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/プロキオンS2021】9番人気メイショウカズサが雷鳴響く小倉の重馬場でレコード勝ちでの重賞初制覇

文・中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします