【毎日王冠/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「条件変更が一変を引き起こす可能性も」

■キングオブコージ

今春は大阪杯、宝塚記念とGIを2連戦し、結果は11着、17着。いずれも振るわなかったが、前者は舌縛りが外れるアクシデント、後者は勝負どころで鞍上が馬の異常を感じたためすぐにアクセルを抜いていた。確かにGIでは家賃が高い感があるものの、どちらもスムーズではなかったことを思えば情状酌量の余地は残っている。

◆【毎日王冠2022予想/騎手データ】“複回収値100”超えに注目も 頭は条件合致で「連対率60%」に上昇の名手

【毎日王冠/騎手データ】“複回収値100”超えに注目も 頭は条件合致で「連対率60%」に上昇の名手

2020年1月に1勝クラスを勝利してからここまで、2000m以上のレースを使われていたが、今回は19年3月の毎日杯以来ひさびさとなる1800m戦。距離を伸ばして成績を上げてきただけに一抹の不安があるものの、一気の条件変更がガラリ一変を引き起こす可能性も。鞍上が主戦の横山典弘から横山武史へとスイッチすることも、新味を引き出す起爆剤になりそうだ。

2020年5月には目黒記念で重賞初勝利を果たし、今年1月のアメリカJCCでふたつ目のタイトルを奪取。重賞2勝の実績はこのメンバーに入れば上位に数えられる。パワーと持続力が持ち味なだけにスローの瞬発力勝負では分が悪いが、底力が問われる展開になれば台頭してきていい。

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定オッズ2桁の惑星 身に着けた「新たな戦法」で波乱を演出

【毎日王冠/穴ライズ】想定オッズ2桁の惑星 身に着けた「新たな戦法」で波乱を演出

◆【穴馬アナライズVol.2】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

【毎日王冠/穴ライズ】前走敗戦で“人気落ち”の妙味 「買い目には加えておきたい」

◆【危険な人気馬】上位人気のGI馬は“消し”評価 このメンバーなら「ラスト4Fの壁」に泣く

【毎日王冠/危険な人気馬】上位人気のGI馬は“消し”評価 このメンバーなら「ラスト4Fの壁」に泣く

毎日王冠2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】復権期すGI馬を高評価「A」 磨いた実戦感覚で「力を全開にできそう」

◆【追い切り診断】前走大敗のGI馬は伸び悩み低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【追い切り診断】サリオスを上回る最高評価「S」 「文句なしの攻め気配」で復活Vへ

◆【追い切り診断】人気一角の重賞馬に「A」の高評価 「図ったような好状態にある」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】サリオスとレイパパレのGI馬に明暗 連対率“75%”が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】警戒すべきは伏兵は4歳馬 条件合致で馬券内率“8割超え”

◆【騎手データ】“複回収値100”超えに注目も 頭は条件合致で「連対率60%」に上昇の名手

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気3頭が“勝率0%”も、不安を払拭する「データの裏側」

◆【血統傾向】府中で覚醒する単回収値「502」の重賞馬に期待も… 敗走続く実績馬に食指

◆【脚質傾向】“馬券圏内率50%”の逃げが好成績も 注目すべきは上がり3F

◆【前走ローテ】安田記念組を素直に信頼も 注目したい別路線組とは

◆【動画プレーバック/毎日王冠2021】1番人気シュネルマイスターが人気に応え後方から最速の末脚でゴール直前で差し切って勝利

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-毎日王冠編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします