Advertisement

【チャンピオンズC/追い切り診断】注目の新興勢力にまさかの辛口「B」 「モチベーションが減衰」

 

【チャンピオンズC/追い切り診断】注目の新興勢力にまさかの辛口「B」 「モチベーションが減衰」

■ジュンライトボルト

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

【中間調整】8カ月の休み明けだった3走前のジュライSからダート路線に参入。そこでさっそく2着と適性を示すと、2走前のBSN賞で勝利、そして前走・シリウスSで砂重賞初挑戦初勝利を収めた。その後はシリウスSと同じ中京コースのGI・チャンピオンズカップを目指し、いったん放牧。10月28日へ栗東へ戻り、じっくりと乗り込まれている。30日にCWで15-15をこなし、以降はCW、ポリトラック、そしてプールを併用する心肺機能向上を意識したカリキュラムを消化してきた。1週前追いには藤岡康騎手が騎乗し、CW3頭併せで強い負荷。直線で手前の変換に少し手間取ったが、ギアが入ってからはまずまずの伸びを示した。27日はCWで左回りの動きを確認。

◆【チャンピオンズカップ2022予想/穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“2桁”の伏兵 「ノンタイトルも能力はゆうに重賞級」

【最終追い切り】先週水曜、日曜とCWで追われており負荷は十分。今週は疲れを残さないよう、ポリ単走で気分良く走らせた。ややリラックスし過ぎな嫌いはあるものの、しっかり折り合ってラストで弾けた。

【見解】まだ全体的に粗削りながら、メリハリがあるのはいい。ただし前走時の稽古で見せたような、走ることへの高いモチベーションはやや減衰している感がある。体調は高値安定と言えるが、中8週と間隔が開いた分の割引は必要かもしれない。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】上位人気の一角に高評価「A」 「昨年より今年の方が上」

◆【追い切り診断】テーオーケインズを上回る「S」評価 「申し分のない攻め気配」

◆【追い切り診断】前走惨敗で人気落ちも高評価「A」 「体調面は雲泥の差」

チャンピオンズカップ2022予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で複勝率7割超 一発を託すだけの価値がある名手とは

Advertisement


▼データ攻略
◆【データ攻略】“8年連続馬券内”の事実に該当する実績馬 「好走ローテ」も含め視界は良好

◆【データ攻略】重賞未勝利馬にGI初制覇の可能性 勝率8割に心強い追い風

◆【データ攻略】過去に激走した伏兵馬に共通点 好走条件に合致する波乱の使者とは

◆【データ攻略】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 「馬券内率100%」の鉄板条件で見限れない

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”前後の爆穴 「嫌われ要素が多く妙味が増す」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“30倍”以上の盲点 「一気に素質開花の下地は揃った」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.3】単勝オッズ“2桁”の伏兵 「ノンタイトルも能力はゆうに重賞級」

◆【危険な人気馬】ダート界の新星は“消し” 「未知の魅力に惑わされるな」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”の3歳馬に注目 連対率「5割超」の好データが後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【記録室】“十数年ぶり”のダブル快挙に見るテーオーケインズ「連覇へのハードル」

◆【枠順】テーオーケインズは3年連続馬券圏内の好枠 人気一角は勝率“0%”の1枠に

◆【前走ローテ】テーオーケインズに“黄信号” JBC1、2着馬「不振」の歴史

◆【脚質傾向】馬券内率“34.5%”の先行を信頼も、穴は「差し・追込」

◆【人気傾向】クラウンプライドに不安要素、3歳馬×2人気は連敗中

◆【動画プレーバック/チャンピオンズカップ2021】1人気のテーオーケインズが直前で豪快な末脚を発揮し、2着に6馬身差をつける圧勝で中央GI初制覇

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン