Advertisement

【フェブラリーS/追い切り診断】上位人気に迫る「A」評価の伏兵 「パワーアップぶりが顕著」

 

【フェブラリーS/追い切り診断】上位人気に迫る「A」評価の伏兵 「パワーアップぶりが顕著」

■ショウナンナデシコ

【中間調整】5歳シーズンだった2022年に一気にブレイク。春夏はGI級レースのかしわ記念を含み、交流重賞4連勝。秋はやや勢いに陰りを見せたがJBCレディスクラシックの3着など崩れずに走り続けた。年内最終戦だった東京大賞典こそ6着に終わったが、これはかなりのメンバー構成だったし、連戦の疲れもあったはず。あの相手関係でも主導権を握るレースができたのは大きな収穫と言えた。その後はイクタトレーニングファームへの短期放牧を挟んで、2021年12月のベテルギウスS以来の中央参戦となるフェブラリーSを目指すこととなった。2月5日の初時計で坂路15-15をこなし、1週前追いでは終いにガツンと負荷を掛けられ、追走先着。時計も4F51秒1(一杯)とかなり早い数字を出せていた。

◆【フェブラリーステークス2023予想/データ攻略】“10年連続”馬券内で高配当連発 条件合致は「ただ1頭」の古豪

【最終追い切り】輸送を控えたレース当週は坂路で終い重点の単走調整。落ち着き払ってリズミカルに進み、坂の途中の見せムチへ機敏に反応すると。単走とは思えない気合い乗りから鋭い加速を披露した。

【見解】常に稽古で動くタイプだが、この中間はパワーアップぶりが顕著で以前より楽にいい時計を出せているようになっている。最終追いでかなり馬場が悪い時間帯にも関わらず、素軽く動けたあたりも地力強化を物語るものだ。久々の中央でもいい状態で走れそう。地方船橋でのものとはいえ、昨年左回りマイルのGI級レースを制しているのも強みだ。

総合評価「A」

▼関連記事はコチラ!

◆【追い切り診断】主役候補がまさか「B」の低評価 「攻め気配から盤石にあらず」

◆【追い切り診断】レモンポップを上回る高評価「A」 「GI奪取へ申し分ない状態」

◆【追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「豪快な動きで気配は絶好」

フェブラリーステークス2023予想コラム一覧

▼データ攻略
◆【データ攻略】勝率“100%”で不安一掃 二刀流GI馬も満たす「3.0.0.0」の数字

Advertisement


◆【データ攻略】実績不足を補う馬券内率“8割”超 勝負気配漂う「黄金コンビ」

◆【データ攻略】想定“8人気”に「4.0.1.1」の追い風 GOサインは中間の坂路時計

◆【データ攻略】“10年連続”馬券内で高配当連発 条件合致は「ただ1頭」の古豪

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「ここに入れば再浮上の余地あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 「久々のマイルがハマる可能性」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“30倍”以上の伏兵 「見限れない高いコース適性」

◆【危険な人気馬】鞍上騒動の人気一角は“消し” 「馬券内率10%」の事実

Advertisement


▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“5割”の堅軸 相手は「複回収率217%」のジョッキー

▼血統傾向
◆【血統傾向】コース相性抜群の配合 “単回収値390”に合致でリベンジの予感

◆【血統傾向】ミスプロ系の血で再浮上 前走大敗で想定“8人気”前後に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】レモンポップの4枠は勝率わずか“5%” 馬券内率トップの好枠に伏兵2騎

◆【キャリア傾向】勝率8割超の“鉄板”データを発見 大本命レモンポップを食う存在とは

◆【前走ローテ】人気上昇も「消し」判断 気になる“前走凡走”の巻き返し

◆【脚質傾向】距離不安説のレモンポップを差し切る、「上がり最速」を狙え

◆【人気傾向】「1+2+3人気」決着はゼロ ヒモ荒れ注意のオッズ帯とは

◆【記録室】福永祐一、国内ラスト騎乗で27年連続JRA重賞Vなるか

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。