Advertisement

【フェブラリーS/穴ライズ】想定“10人気”前後の盲点 「久々のマイルがハマる可能性」

 

【フェブラリーS/穴ライズ】想定“10人気”前後の盲点 「久々のマイルがハマる可能性」

■ケンシンコウ

キャリア初の1400m戦となった前走の根岸Sは、最後方からレースを進めると、大外からメンバー2位の上がりで6着まで追い込んできた。前半は速い流れに戸惑って置かれてしまった上に、当時はパサパサの乾いたダートで差しが届きづらい馬場であったことを思えば、敗れはしたものの力は見せている。本番に向けて光明が差すレースだった。

◆【フェブラリーステークス2023予想/騎手データ】条件合致で馬券内率“5割”の堅軸 相手は「複回収率217%」のジョッキー

重賞タイトルは3歳夏のレパードSのみだが、昨年のマーチSでメイショウハリオと同じハンデ57キロを背負って見せ場たっぷりの2着。さらに2021年のジュライSでは、同馬に対して5馬身差の圧勝を果たしているように、今回のメンバーに入っても互角以上の走りができることは証明済みだ。格下感はない。

東京マイルは3歳時に1勝クラスを勝ち上がって、続くユニコーンSで3着。前走のレースぶりから今はこのくらいの距離が合いそうで、久々のマイルがハマる可能性は高い。最終追い切りではバシュロ騎手が騎乗して初コンタクトを済ませているように、テン乗りでも大丈夫。前が激しくなれば、付け入る隙は十分ある。

▼その他、穴馬予想

◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「ここに入れば再浮上の余地あり」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“30倍”以上の伏兵 「見限れない高いコース適性」

◆【危険な人気馬】鞍上騒動の人気一角は“消し” 「馬券内率10%」の事実

フェブラリーステークス2023予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】主役候補がまさか「B」の低評価 「攻め気配から盤石にあらず」

◆【追い切り診断】レモンポップを上回る高評価「A」 「GI奪取へ申し分ない状態」

Advertisement


◆【追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「豪快な動きで気配は絶好」

◆【追い切り診断】上位人気に迫る「A」評価の伏兵 「パワーアップぶりが顕著」

▼データ攻略
◆【データ攻略】勝率“100%”で不安一掃 二刀流GI馬も満たす「3.0.0.0」の数字

◆【データ攻略】実績不足を補う馬券内率“8割”超 勝負気配漂う「黄金コンビ」

◆【データ攻略】想定“8人気”に「4.0.1.1」の追い風 GOサインは中間の坂路時計

◆【データ攻略】“10年連続”馬券内で高配当連発 条件合致は「ただ1頭」の古豪

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“5割”の堅軸 相手は「複回収率217%」のジョッキー

Advertisement


▼血統傾向
◆【血統傾向】コース相性抜群の配合 “単回収値390”に合致でリベンジの予感

◆【血統傾向】ミスプロ系の血で再浮上 前走大敗で想定“8人気”前後に注目

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】レモンポップの4枠は勝率わずか“5%” 馬券内率トップの好枠に伏兵2騎

◆【前日オッズ】レモンポップが単勝2.4倍で1人気 馬連は2人気以下が10倍以上の“2強”状態

◆【キャリア傾向】勝率8割超の“鉄板”データを発見 大本命レモンポップを食う存在とは

◆【前走ローテ】人気上昇も「消し」判断 気になる“前走凡走”の巻き返し

◆【脚質傾向】距離不安説のレモンポップを差し切る、「上がり最速」を狙え

◆【人気傾向】「1+2+3人気」決着はゼロ ヒモ荒れ注意のオッズ帯とは

◆【記録室】福永祐一、国内ラスト騎乗で27年連続JRA重賞Vなるか

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。