Advertisement

【フェブラリーS/血統傾向】ミスプロ系の血で再浮上 前走大敗で想定“8人気”前後に注目

 

【フェブラリーS/血統傾向】ミスプロ系の血で再浮上 前走大敗で想定“8人気”前後に注目

19日に東京競馬場で行われるフェブラリーS(GI、ダ1600m)の「血統傾向」を分析する。

2018年以降のフェブラリーSで3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬2頭を紹介する。ここでは、そのうち1頭を紹介する。

◆【フェブラリーステークス2023予想/追い切り診断】レモンポップを上回る高評価「A」 「GI奪取へ申し分ない状態」

■パワーとスピードの持続力に富んだミスプロ系

いつもの表をみていくと、とりわけ強さを発揮しているのがフォーティナイナー系、ファピアノ系を含むミスプロ系種牡馬。その集計成績は【4.2.1.15】、勝率18.2%、複勝率31.8%、単回収値98と好成績を収めている。

230219_フェブラリーS_血統傾向

一昨年に9番人気エアスピネル(キングカメハメハ産駒)が2着、2019年には8番人気のユラノト(キングカメハメハ産駒)が2着に激走したように人気薄の激走が目立ち、馬券妙味は十分。

対してダート界の大種牡馬・ゴールドアリュールを含むサンデー系産駒は過去5年で27頭の出走があったものの、勝ち星を挙げられていない。こういった傾向からも、フェブラリーSはパワーが求められる舞台と言えそうだ。

また東京ダ1600mは芝スタートから、緩やかなコーナーのワンターンコースで、急坂を含む長い直線が特徴。そしてフェブラリーSは根岸S組など1400m戦からの参戦が多く、テンが早くなり緩みの少ないスタミナの消耗戦になりやすいため、パワーとスピードの持続力に富んだミスプロ系の血が浮上してくるというわけだろう。

今回はサウスヴィグラス産駒に注目する。

◆【フェブラリーステークス2023予想/データ攻略】“10年連続”馬券内で高配当連発 条件合致は「ただ1頭」の古豪

Advertisement


■テイエムサウスダン

父に2003年のJBCスプリントの優勝馬・サウスヴィグラス。母父に米GI・メトロポリタンHなど米GI・3勝のラングフールがいる配合。

本馬は1400m以下のレースを主戦場としているが、昨年のフェブラリーSでも2着に入っており、勝ち馬のカフェファラオに交わされてからも脚色が衰えておらず、マイルの距離は問題なさそう。

先行し道中3番手から勝機を見出した前走の根岸Sでは14着に敗れたが、スタミナ切れで下がってきた2頭の後ろに位置していたことで直線では前が壁になり、追い出せない不完全燃焼な競馬だった。不利がなければもう少しやれていたはずでこのレースは度外視できそうだ。

また、父サウスヴィグラス×母父ダンチヒ系の牡馬は、16頭立てのダート戦において、馬番が6番より内枠の場合【2.1.3.33】勝率5.1%、複勝率15.4%、単勝回収値20と物足りない成績。対して馬番が7番より外枠だと【9.6.2.35】勝率17.3%、複勝率32.7%、単勝回収値145。砂を被りにくい外枠に配置されると抜群の成績を挙げている。

今回も前走騎乗したC.ルメール騎手が騎乗することになりそうで、名手が同じ轍を踏むこともないだろうし、外めの枠をいてスムーズな競馬が出来れば念願のGIタイトルを手にできるかもしれない。

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】ミスプロ系の血で再浮上 前走大敗で想定“8人気”前後に注目

フェブラリーステークス2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】条件合致で馬券内率“5割”の堅軸 相手は「複回収率217%」のジョッキー

Advertisement


▼追い切り診断
◆【追い切り診断】主役候補がまさか「B」の低評価 「攻め気配から盤石にあらず」

◆【追い切り診断】レモンポップを上回る高評価「A」 「GI奪取へ申し分ない状態」

◆【追い切り診断】人気2頭を上回る最高評価「S」 「豪快な動きで気配は絶好」

◆【追い切り診断】上位人気に迫る「A」評価の伏兵 「パワーアップぶりが顕著」

▼データ攻略
◆【データ攻略】勝率“100%”で不安一掃 二刀流GI馬も満たす「3.0.0.0」の数字

◆【データ攻略】実績不足を補う馬券内率“8割”超 勝負気配漂う「黄金コンビ」

◆【データ攻略】想定“8人気”に「4.0.1.1」の追い風 GOサインは中間の坂路時計

◆【データ攻略】“10年連続”馬券内で高配当連発 条件合致は「ただ1頭」の古豪

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の刺客 「ここに入れば再浮上の余地あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の盲点 「久々のマイルがハマる可能性」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“30倍”以上の伏兵 「見限れない高いコース適性」

◆【危険な人気馬】鞍上騒動の人気一角は“消し” 「馬券内率10%」の事実

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】レモンポップの4枠は勝率わずか“5%” 馬券内率トップの好枠に伏兵2騎

◆【キャリア傾向】勝率8割超の“鉄板”データを発見 大本命レモンポップを食う存在とは

◆【前走ローテ】人気上昇も「消し」判断 気になる“前走凡走”の巻き返し

◆【脚質傾向】距離不安説のレモンポップを差し切る、「上がり最速」を狙え

◆【人気傾向】「1+2+3人気」決着はゼロ ヒモ荒れ注意のオッズ帯とは

文●中井達也(SPREAD編集部)