Advertisement

【NHKマイルC/血統傾向】前走敗走で人気落ちの牝馬が下剋上 条件次第で馬券内率“8割”が大穴をあける

 

【NHKマイルC/血統傾向】前走敗走で人気落ちの牝馬が下剋上 条件次第で馬券内率“8割”が大穴をあける

7日に東京競馬場で行われるNHKマイルC(GI、芝1600m)の「血統傾向」を分析する。

2018年以降のNHKマイルCで3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬2頭を紹介する。ここでは、そのうち1頭を紹介する。

◆【NHKマイルカップ2023予想/データ攻略】連敗で人気落ちに「1.0.1.0」 ハイレベルな経験と名手が重賞初Vへ導く

■母父でもディープの遺伝子は偉大

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去5年でサンデー系種牡馬が3勝2着4回、毎年1頭は連対を果たす活躍をみせている。なかでも、ディープインパクト系が【2.2.0.13】勝率11.8%、複勝率23.5%、単回収値249と優秀。昨年も母父にディープインパクトの血を持つカワキタレブリーが最下位人気ながら3着に激走するなど、父系だけでなく母系に入っても無視できない存在だ。

一方、ロベルト系種牡馬は【0.0.0.10】と相性がどうにも悪い。該当10頭は全て5番人気以下の馬だったとは言え、この傾向は気になるところ。今年はクイーンC3着のモリアーナ(エピファネイア産駒)が出走を予定しているが、今回は評価を下げたいところだ。

230507_NHKマイルC_血統傾向

これらの理由はコース形態とレース展開にある。東京芝1600mは、最後の直線距離が525.9mと長いワンターンコース。また本レースは短距離路線からの強豪が多く参戦することもあり、中間が緩まず早い上がりも求められるレース。つまり「瞬発力勝負」になりやすく、スピードと瞬発力に長けたディープインパクトの血が活きるわけだ。

そこで今回はディープインパクト系種牡馬・グレーターロンドン産駒のこの馬に注目する。

◆【NHKマイルカップ2023予想/穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”以上の盲点 「ハイペースはむしろ大歓迎」

■ユリーシャ

父に中京記念勝ちや毎日王冠3着など左回りのコースで実績を残したグレーターロンドン、伯父にセントライト記念など重賞2勝のユールシンギング、大叔母にマーメイドS2着のクリスマスキャロルがいる血統構成。

Advertisement


新馬戦は2着に敗れたが、続く未勝利で2馬身半差の完勝。4戦目のエルフィンSでは、後の桜花賞2着馬・コナコーストや後のフィリーズレビュー勝ち馬・シングザットソングといった後続を寄せ付けずあっさり逃げ切って、こちらも2馬身半差の完勝。

その後、2カ月半のリフレッシュ休養を挟んで挑んだ前走のアーリントンCでは、ハイペースで逃げて11着に大敗。初めての牡馬混合戦かつ重馬場の馬場状態で行われたことを考慮すれば、スタミナ切れも仕方ないタフなレースだったと言える。

休み明けを叩いた今回は、エルフィンSのように好スタートを切ってマイペースで進めることができれば、牡馬相手でも通用していいだろう。

また父ディープインパクト系×母父ハービンジャーの牝馬は、2018年以降、芝の右回りコースから左回りへスイッチした場合の成績が【2.2.1.3】勝率25.0%、複勝率62.5%、単回収値142、複回収値150とサンプルは少ないものの、非常に高い好走率を誇っている。

特に3枠より内の枠に配置された場合は【2.2.0.1】勝率40.0%、複勝率80.0%、単回収値228、複回収値200。唯一、3着以下に敗れたのは不良馬場で行われた高松宮記念のメイケイエールのみ。

NHKマイルCは過去10年で6番人気以下から3頭も勝ち馬が出るなど荒れやすいレース。下位人気になりそうなユリーシャだが、3枠より内枠に配置されれば人気薄でも積極的に狙っていくべきだ。

Advertisement


◆【NHKマイルカップ2023予想/追い切り診断】ドルチェモアを上回る「S」の最高評価 「このデキならGI戴冠濃厚」

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】単回収値「300」に上昇する舞台替わり マイル重賞馬の巻き返しに期待

NHKマイルカップ2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気のカルロヴェローチェ・レーンは“押さえ”評価 軸候補は「連対率60%」の名手

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”以上の盲点 「ハイペースはむしろ大歓迎」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の爆穴 「人気馬をまとめて差し切る」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“2桁人気”の妙味 「一発狙いのフルスイング」

◆【危険な人気馬】トライアル制覇のアノ馬は“消し” 「NZTは勝ったら“あかんやん”」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】エエヤンに迫る高評価「A」 「前走惨敗からの巻き返しは必至」

◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る「S」の最高評価 「このデキならGI戴冠濃厚」

◆【追い切り診断】重賞ウイナーを上回る高評価 「不安払拭の超抜時計を計測」

◆【追い切り診断】前走・重賞Vに不満の「B」評価 「攻めた内容とは言い切れず」

▼データ攻略
◆【データ攻略】混戦の軸候補に馬券内率100% “まさかの惨敗”も一変の予感

◆【データ攻略】想定“10人気”前後に勝ち馬や穴馬の共通点 「好勝負の経験値」が活きる

◆【データ攻略】想定“フタ桁人気”に「2.0.1.0」の追手 GI2着を上回った“鬼脚”を警戒

◆【データ攻略】連敗で人気落ちに「1.0.1.0」 ハイレベルな経験と名手が重賞初Vへ導く

◆【WIN5予想】メインは想定“2桁”の差し2頭 新潟大賞典はGI出走馬の末脚「一点突破」狙い

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前走ローテ】3連勝中のエエヤンに”馬券内率0%” 前走「GI」組は巻き返しに期待

◆【脚質傾向】4角“6番手以下”が近年のトレンド 狙うべきは人気薄の「差し・追込」

◆【人気傾向】“堅軸”2人気はオッズ次第 伏兵が巻き起こす「ヒモ荒れ」に警戒

文●中井達也(SPREAD編集部)


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン