Advertisement

【NHKマイルC/危険な人気馬】トライアル制覇のアノ馬は“消し” 「NZTは勝ったら“あかんやん”」

 

【NHKマイルC/危険な人気馬】トライアル制覇のアノ馬は“消し” 「NZTは勝ったら“あかんやん”」

3歳マイル王決定戦、第28回NHKマイルC(GI、芝1600m)は、朝日杯フューチュリティS覇者のドルチェモアをはじめ、トライアルレースを制したエエヤンオオバンブルマイ、その他、カルロヴェローチェダノンタッチダウンなど、世代のトップを狙うマイル巧者が集結し、混戦模様を呈している。

そんな中、前哨戦のニュージーランドTを制したエエヤンが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【NHKマイルカップ2023予想/データ攻略】混戦の軸候補に馬券内率100% “まさかの惨敗”も一変の予感

■NZT勝ち馬は不要…エエヤンは中山専用か

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

エエヤンは、今年に入って未勝利戦から中山のマイル戦で3連勝。前走のニュージーランドTでは、前半からやや行きたがる素振りを見せながら、好位から直線で力強く抜け出し重賞初制覇。やや重で1分33秒7の好時計、レース内容も優秀で、一躍、NHKマイルCの有力候補に名乗りを上げた。

その可愛らしい名前も加味され、今回も人気の一角となりそうだが、NHKマイルCで好走するためには、ニュージーランドTを勝ってはいけないのが、過去の戦績を見ても明らか。過去10年のニュージーランドT組のNHKマイルCでの成績は【2.1.2.45】で、参戦数の割には物足りない数字。それでも複勝圏内に入って来る馬は存在するのだが、1~3着に該当する5頭はすべてニュージーランドT敗戦馬だ。

一方、ニュージーランドT勝利馬は、過去10年で毎年参戦しているが、【0.0.0.10】と3着すらなく、掲示板を確保したのもわずかに2頭と、相性の悪さが目に付く。確かに中山マイルと府中のマイルでは、レースの質も異なり、中山で好パフォーマンスを発揮した馬が、東京で今一つの結果になることはよくある。しかし、過去の歴史がここまで顕著な戦績を示すとなると、今回も無視はできない。

加えてエエヤンは、昨今活躍が目覚ましいシルバーステート産駒だが、同産駒の東京芝コースでは(距離を問わず)、勝率6.0%、連対率10.0%、複勝率20.0%の戦績。これは、開催がなかった京都を除く全9場のなかで、最も数字が良くない。

逆に中山芝コースでは、勝率14.9%は全9場の中で一番高い数字をマークしており、連対率24.8%、複勝率33.1%も優秀な部類。つまり、シルバーステート産駒そのものが、中山で相性が良く、東京ではあまり力を発揮できていない、ということになる。

すべて中山のマイル戦で3連勝と、同世代の中でもトップクラスのマイラーであることに異はないが、中山でハイパフォーマンスを発揮しすぎるという点が、逆に府中のマイル戦ではマイナス材料にはならないだろうか。近2走で、馬体重を大きく減らしている点も懸念材料で、ここでも“ええやん”と景気のいい言葉が聞こえるとは思えず、ここは思い切って「消し」でいきたい。

Advertisement


◆【NHKマイルカップ2023予想/追い切り診断】前走・重賞Vに不満の「B」評価 「攻めた内容とは言い切れず」

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“10人気”以上の盲点 「ハイペースはむしろ大歓迎」

◆【穴馬アナライズVol.2】前日“8人気”前後の爆穴 「人気馬をまとめて差し切る」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“2桁人気”の妙味 「一発狙いのフルスイング」

NHKマイルカップ2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】人気のカルロヴェローチェ・レーンは“押さえ”評価 軸候補は「連対率60%」の名手

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】エエヤンに迫る高評価「A」 「前走惨敗からの巻き返しは必至」

Advertisement


◆【追い切り診断】ドルチェモアを上回る「S」の最高評価 「このデキならGI戴冠濃厚」

◆【追い切り診断】重賞ウイナーを上回る高評価 「不安払拭の超抜時計を計測」

◆【追い切り診断】前走・重賞Vに不満の「B」評価 「攻めた内容とは言い切れず」

▼データ攻略
◆【データ攻略】混戦の軸候補に馬券内率100% “まさかの惨敗”も一変の予感

◆【データ攻略】想定“10人気”前後に勝ち馬や穴馬の共通点 「好勝負の経験値」が活きる

◆【データ攻略】想定“フタ桁人気”に「2.0.1.0」の追手 GI2着を上回った“鬼脚”を警戒

◆【データ攻略】連敗で人気落ちに「1.0.1.0」 ハイレベルな経験と名手が重賞初Vへ導く

◆【WIN5予想】メインは想定“2桁”の差し2頭 新潟大賞典はGI出走馬の末脚「一点突破」狙い

▼血統傾向
◆【血統傾向】単回収値「300」に上昇する舞台替わり マイル重賞馬の巻き返しに期待

◆【血統傾向】前走敗走で人気落ちの牝馬が下剋上 条件次第で馬券内率“8割”が大穴をあける

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】ドルチェモアら上位人気の先行に“黄信号” 「人気<着順」の好枠に警戒

◆【前走ローテ】3連勝中のエエヤンに”馬券内率0%” 前走「GI」組は巻き返しに期待

◆【脚質傾向】4角“6番手以下”が近年のトレンド 狙うべきは人気薄の「差し・追込」

◆【人気傾向】“堅軸”2人気はオッズ次第 伏兵が巻き起こす「ヒモ荒れ」に警戒

著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【宝塚記念2024予想/データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン