【東京新聞杯/穴ライズ】単勝40倍以上の人気薄 前走大敗も”収穫あり”で「一発に期待」

過去10年、東京新聞杯は1番人気が【1-0-2-7】と、勝率にしてわずか10.0%と苦戦を強いられる傾向にある。さらに昨年の1番人気ヴァンドギャルドは4着、一昨年の1番人気レッドヴェイロンは9着と、2年連続で馬券圏内すら死守できていない状況だ。

これに代わって台頭してくるのが4~9番人気の中穴勢で、【5-8-5-42】と高い水準をマーク。そして昨年は3連単26万7610円、2016年には同じく3連単で35万3160円が飛び出したが、いずれもフタ桁人気馬が馬券に絡んでいた。このことから馬券は、中穴人気を軸に人気薄まで手を広げるのが良さそうだ。

4番人気以下で馬券圏内に入った20頭のうち、13頭が1800m以上での勝利経験があった。この傾向は近年強くなっており、過去5年に絞ると7/9で当てはまる。直線の長い府中のマイル戦は、距離以上のスタミナがないと乗り切れないと言えるだろう。さらに左回りでの勝利実績も重要で、19頭がこれに該当する。つまり、このレースで狙うべきは「1800m以上の勝利経験」「左回り実績」のある伏兵馬と見た。

◆【東京新聞杯2022予想/穴馬アナライズVol.1】惨敗続きの伏兵に”妙味” 「連対率75%」の得意舞台で巻き返し必至

【東京新聞杯/穴ライズ】惨敗続きの伏兵に”妙味” 「連対率75%」の得意舞台で巻き返し必至

■カレンシュトラウス

重賞初挑戦となった前走の京成杯AHは、鼻出血の影響もあり12着。3カ月ぶりの久々でプラス10キロの馬体重、さらに道中のタイトな流れも初めてだっただけに、いきなりは厳しかったか。ただし、得たものも多かったはずだ。

マイルを中心に使われており、前述の京成杯AHを除けば【3-2-1-0】と複勝率は100%。成績だけ見ればマイラーではあるものの、1勝クラスを突破した1800mの高湯温泉特別でもパフォーマンスを落としてなかったことから、多少流れが厳しくなっても脚が鈍ることはないと見た。

今回は5カ月ぶり、過去10年で3着1回のみの8枠と厳しい条件が揃っているものの、この人気なら勝負する価値はありそうだ。一発に期待したい。

◆【東京新聞杯2022予想/穴馬アナライズVol.2】前日“8人気以下”の実績馬、良枠ゲットで「課題克服」へ

【東京新聞杯/穴ライズ】前日“8人気以下”の実績馬、良枠ゲットで「課題克服」へ

▼きさらぎ賞 2022-穴馬アナライズ
◆【きさらぎ賞2022予想/穴馬アナライズVol.1】惨想定“6人気”前後の伏兵 類稀な競馬センスで「軽視できない存在」

【きさらぎ賞/穴ライズ】想定“6人気”前後の伏兵 類稀な競馬センスで「軽視できない存在」

◆【きさらぎ賞2022予想/穴馬アナライズVol.2】想定20倍前後の“惑星” 気性面での成長で「一発の可能性」

【きさらぎ賞/穴ライズ】想定20倍前後の“惑星” 気性面での成長で「一発の可能性」

東京新聞杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」は“前向きさ”が加わった有力馬 気迫、迫力アップで「絶好の状態」

◆【A評価】攻め強化のホウオウアマゾンに「A」の高評価 成長途上も「気持ちと心身ともに上々の状態」

◆【A評価】カラテを上回る高評価は推定オッズ70倍の“爆穴” 体質強化で「真価を発揮できそうな状態」

◆【B評価】人気の一角に不満の低評価「B」  ピーク時と比べれば物足りず「前進気勢に欠ける」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】上位人気の一角は“消し” 春のマイル路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】仮想「安田記念」の臨戦過程で挑む“マイル巧者”を本命視 人気のプリンスは鞍上に不安

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】春のGI戦線へ弾みをつけたい有力馬 条件好転で“鉄板”「馬券内率100%」が後押し

◆【データ攻略-後編】推定10人気前後の穴馬 抜群の安定感で「再度の激走に期待したい」

◆【騎手データ】条件合致で“連対率65%超”に急浮上 激熱の組み合わせに「割り引く必要はない」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】牝馬が「3勝」を挙げている良枠にファインルージュ、カラテは昨年Vの5枠に入る

◆【血統傾向】単回収値「185」の配合 東京マイルで浮上する推定10倍前後の伏兵に注目

◆【脚質傾向】上がり最速が「勝率0%」という難解データ 注目すべき上がり3Fの順位とは

◆【前走ローテ】目下3連勝中のプリンスリターンに警鐘 東京マイル「勝率0%」の鬼門データ

◆【人気傾向】上位人気想定ファインルージュに黄信号 1人気は2年連続馬券外の鬼門データ

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-東京新聞杯編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします