【金鯱賞/穴ライズ】惜敗続きで“人気落ち”の妙味 「中京なら必ず飛んでくる」

過去10年、金鯱賞では差しが最多6勝だが、3月開催にスライドした2017年以降の過去5年で集計すると、差しは2勝に留まる。代わりに台頭しているのが逃げで、過去5年で馬券に絡んだのは4頭と、その馬券内率は80.0%を誇る。

集計 逃げ 先行 差し 追込
■過去10年 【1-2-1-6】 【3-4-2-26】 【6-4-7-28】 【0-0-1-37】
■17年以降 【1-2-1-1】 【2-1-1-14】 【2-2-3-10】 【0-0-0-20】

◆【金鯱賞2022予想/穴馬アナライズvol.1】単勝“10人気”前後の爆穴 「前走は負けて強しの好内容」

【金鯱賞/穴ライズ】単勝“10人気”前後の爆穴 「前走は負けて強しの好内容」

昨年も10頭立て10番人気のギベオンが牝馬三冠・デアリンクタクトを抑えての逃げ切りで大金星を挙げ、20年にはダイワキャグニーが6番人気で3着、18年は8番人気のサトノノブレスが2着、17年は7番人気のロードヴァンドールが2着と、人気薄の逃げが波乱を演出している。

しかし、今年は逃げ・先行が多く、ここに「穴馬」を求めるのは早計か。終いの脚も使えるジャックドールを除けば、ギベオン、ショウナンバルディ、レイパパレらは早めの競馬が理想のかたちで、これら逃げ・先行勢が崩れる展開になっても不思議はない。今回は後方待機の盲点を突く。

■ソフトフルート

昨秋は新潟牝馬Sで2着すると、GI・エリザベス女王杯では勝ち馬アカイイトから0秒4差の4着に好走。重賞制覇の期待がかかった前走の愛知杯は2番人気の支持を集めたが、最速の上りで追い込むも道中のスローペースに泣き4着に敗れている。

右回りが【1-0-2-8】であるのに対し、左回りは【3-1-1-2】と得意としている“サウスポー”で、その中でも中京は【3-0-0-1】と好相性。このコースなら必ず飛んでくる中京巧者で、昨年5月のシドニーT以来となる久々の牡馬混合戦でも軽視は禁物だ。

金鯱賞が春の中京開催に移った2017年以降、ディープインパクト産駒は【2-2-2-14】。馬場も味方につけて波乱を巻き起こす。

◆【金鯱賞2022予想/穴馬アナライズvol.2】想定“20倍”前後の伏兵 「展開利で連続好走の好機」

【金鯱賞/穴ライズ】想定“20倍”前後の伏兵 「展開利で連続好走の好機」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【金鯱賞/危険な人気馬-前編】実績上位の人気馬は“消し” 春の中距離路線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】条件不問の“優等生”を本命視 「昨年以上の着順があってもいい」

【金鯱賞/危険な人気馬-後編】条件不問の“優等生”を本命視 「昨年以上の着順があってもいい」

金鯱賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】重賞未勝利馬に最高評価「S」 気配絶好で「勝ち負けになっていい」

◆【A評価】人気一角に及第点「A」評価 上積み大で「巻き返しに期待」

◆【A評価】有力馬を上回る高評価「A」は人気薄 素軽さアップで「好勝負必至」

◆【B評価】有力馬に不満の「B」評価 ギアが入らず「前哨戦仕上げ」か

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】人気一角に警鐘 得意条件も「勝率0%」の壁

◆【データ攻略-後編】「人」の力で浮上する惑星 馬券内率60%で波乱を呼ぶ

◆【騎手データ】人気馬に騎乗の名手は“切り候補” 狙うべきは穴騎手の2人

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】2年連続Vの「5枠」にはGI馬が入る 注目のジャックドールは3枠に

◆【血統傾向】惨敗続きの穴馬に”妙味” 単回収値「238」の復活を期す重賞馬

◆【脚質傾向】開幕週の中京は「先行決着」濃厚 今年も逃げ残りに注意

◆【前走ローテ】GI馬アカイイトに警鐘 「有馬記念組」に隠された着順の罠

◆【人気傾向】昨年は最低人気が勝利で波乱決着 今年も伏兵馬の浮上なるか

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-金鯱賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします