【桜花賞/穴ライズ】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「前走フロック視は禁物」

過去10年、桜花賞では前走・チューリップ賞組が【5-7-6-29】で最多5勝。ただし、チューリップ賞1着馬が桜花賞を制したのは、2009年のブエナビスタが最後であり、むしろチューリップ賞で2着以下の馬が本番で巻き返すケースが目立つ。

また、GIIへ昇格した2018年以降は【0-3-2-12】と2着止まり。近年は「直行ローテ」の活躍が顕著で、昨年も阪神ジュベナイルFから直行したソダシとサトノレイナスがワンツーを飾った。

しかし、この直行ローテで結果を残した馬を並べると、ソダシ、サトノレイナス、グランアレグリア、アーモンドアイ、レッドリヴェールと、2番人気以内の馬がずらり。今年、直行ローテ組に上位人気が想定される馬は見当たらず、むしろ前走・トライアル組に「盲点」は潜んでいると見た。

◆【桜花賞2022予想/穴馬アナライズvol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

【桜花賞/穴ライズ】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

■ピンハイ

2歳10月の新馬戦を7番人気ながら勝利し、その後は成長を促すために休養。5カ月ぶりの実戦となった前走・チューリップ賞では、13番人気の低評価を覆し、クラシック候補2頭に割って入る2着に激走した。3連単25万馬券の立役者となった上、わずか2戦目でクラシック戦線への切符を手に入れたポテンシャルの高さは疑いようがない。

その前走では、デビュー戦に続いてスタートで後手を踏んでしまったが、道中はラチ沿いを進んで脚を溜め直線でもうまく馬群を捌いて力強く伸びた。外から豪快に追い込んできたナミュールにこそ交わされたものの、2歳女王・サークルオブライフとの追い比べを制したのだから「フロック視」は禁物だ。しかもこの一戦が長期休養明けでありキャリア2戦目だったことを考えれば、本番での上積みも大きい。

懸念点を挙げるとすれば馬体重か。前走、414キロとガサのない同馬は、6日の調教後馬体重でマイナス10キロの404キロと発表された。当日、さらに馬体減がないかはチェックしておきたい。

◆【桜花賞2022予想/穴馬アナライズvol.1】単勝“2桁”オッズの惑星 「相手強化も侮れない根性娘」

【桜花賞/穴ライズ】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

▼その他、穴馬予想
◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

【桜花賞/危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

桜花賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

◆【A評価】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

◆【A評価】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

◆【B評価】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

◆【データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

◆【騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-桜花賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします