【桜花賞/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

■ウォーターナビレラ

【中間調整】今期初戦のチューリップ賞は5着。ただし馬群で前が塞がる大きな不利があったことを考えれば、悲観するような結果ではない。それまでとは異なる、馬群を突くレースで崩れなかったのは収穫だったはずだ。その後は10日間の短期放牧でリラックスさせ、3月21日の坂路15-15が中間の初時計。24日には渋った坂路でラスト2F12秒9-12秒6(馬なり)と、さっそく素軽い動きでリフレッシュ効果をアピールした。1週前追いには主戦・武豊騎手が騎乗し、ウッドで3歳未勝利を圧倒。まったく無理なく、体を伸び伸びと使えており体調アップは疑いようがない。

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】伏兵にサークルオブライフと並ぶ「A」評価 「大仕事をやってのける可能性は十分」

【桜花賞/追い切り診断】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

【最終追い切り】過去3戦同様、吉田隼騎手が騎乗しての最終調整となった。坂路で3歳未勝利を追走し、ラスト1Fあたりまで後方で仕掛けるのを我慢。満を持して促されると力強く反応し、2馬身半突き放しての先着を果たしている。

【見解】1週前の動きが圧巻で、鞍上との息もピッタリという雰囲気だった。最終追いは、これまで阪神ジュベナイルF時が芝で5F69秒7(馬なり)、チューリップ賞時がCWで5F70秒9(馬なり)とサラッと流してきたが、今回は一転。坂路併せ馬で自己ベストを大幅に短縮してきた。ギリギリまで仕掛けを待てる、研ぎ澄まされた気持ちの面も強調できる内容。武幸師、武豊騎手、そして仕上げ役の吉田隼騎手と三位一体で渾身の仕上げを施してきた感がある。勝ち負けの走りがあっていい。

総合評価「S」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】ナミュールに「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

【桜花賞/追い切り診断】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】人気の一角に「A」評価 「確かな成長」で好勝負必至

【桜花賞/追い切り診断】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

桜花賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

◆【A評価】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

◆【A評価】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

◆【B評価】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“2桁”オッズの惑星 「相手強化も侮れない根性娘」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「前走フロック視は禁物」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

▼データ予想
◆【騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

◆【データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

◆【データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

阪神牝馬ステークス2022 データコラム一覧

◆【阪神牝馬ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします