【桜花賞/追い切り診断】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

■サークルオブライフ

【中間調整】阪神ジュベナイルFを勝利し2歳女王の座に輝いたが、今期初戦のチューリップ賞は好位追走から直線で切れ負けし、3着に終わっている。ただしこれは鞍上M.デムーロ騎手が位置を取りに行く競馬でどこまで脚を使えるのか、試走に徹した感も。調整面は若干手緩かったし、陣営にとっては織り込み済みの敗戦だったと言っていい。その後は栗東滞在で桜花賞を目指す可能性もあったが、美浦での調整を選択。在厩で調整されている。3月21日にはウッド3頭併せを消化。時計こそ遅かったが、初時計でさっそくこのメニューを消化できたあたり、ダメージのからの順調な回復ぶりが見て取れる。以降、ウッドでの乗り込みは順調。3月30日の1週前追いは古馬準オープンと併せられ、直線の併走では相手をアオりにアオった。

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

【桜花賞/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

【最終追い切り】1週前追いがある程度の負荷の掛かる内容だったが、最終追いもウッド3頭併せの真ん中を進ませる、意欲的な内容を選択。楽な手応えを保ったまま左右2頭と併入した。タイトに挟まれても力みは感じられず、仕掛けを待てる“遊び”があったのは好感。

【見解】厩舎の先輩アパパネ同様、チューリップ賞後は栗東滞在のプランもあったようだが、結局美浦での調整となっている。トラブルではなくスタッフのコロナ感染の可能性を最小限にとどめる細心の方策のようだし、攻めの順調さを見る限り慣れた美浦での調整が吉と出たようだ。輸送を控えたレース当週追いの時計はウッド5F66秒0-3F36秒5(馬なり)。同様に阪神遠征だったチューリップ賞のそれが5F67秒4-3F38秒4(馬なり)、阪神ジュベナイルFが5F68秒5-3F38秒4(馬なり)という時計から今回しっかり詰めてきたあたりは、確かな成長と体調万全を物語るものだ。好勝負必至の態勢。

総合評価「A」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

【桜花賞/追い切り診断】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

【桜花賞/追い切り診断】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

桜花賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“2桁”オッズの惑星 「相手強化も侮れない根性娘」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「前走フロック視は禁物」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

▼データ予想
◆【騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

◆【データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

◆【データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

阪神牝馬ステークス2022 データコラム一覧

◆【阪神牝馬ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします