【桜花賞/データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

今週は阪神競馬場でGI・桜花賞(芝1600m)が行われる。

ソダシ、サトノレイナスの阪神ジュベナイルF直行ローテ組がワンツーフィニッシュをはたした昨年とは異なり、今年はチューリップ賞組が主軸を担っている印象。クイーンC組やフィリーズレビュー組との比較も重要なファクターとなりそうだ。

この記事では過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに、有力馬と穴馬候補を紐解いていく。

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

【桜花賞/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

■ナミュールに「0%データ」と「100%データ」

前哨戦のチューリップ賞を制し、クラシック初戦に駒を進めてきたナミュール。世代トップクラスの切れ味を武器に桜の女王を勝ちとりたいところだが、まずはこちらのデータを取り上げたい。

・チューリップ賞を上がり3F最速勝利【1-2-0-0】

ハープスター、シンハライト、ラッキーライラックがこれに該当し馬券内を確保。馬券内率に換算すると100%だ。続いてはこちらのデータ。

・GIで1-2人気のハービンジャー産駒【0-0-1-9】

多数のGI馬を輩出しているハービンジャー産駒だが、いずれも3人気以下での勝利。GIで1、2人気に支持されたケースでは連対率0%と散々たる成績だ。この馬自身、1番人気の支持を集めた阪神ジュベナイルFは4着。人気を背負うとなれば当然マークは受けるだろうし、当時の再現が起こってしまう可能性は否定できない。

◆【桜花賞2022予想/危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

【桜花賞/危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

■サークルオブライフを後押しする「馬券内率80%」データ

年明け初戦のチューリップ賞は3着。2歳女王としてまずまずのスタートを切ったサークルオブライフ。昨年秋から王道路線を歩みつつ、大きなアクシデントもなく本番を迎えられるのは大きなアドバンテージと言えよう。そんな同馬をさらに後押しするのがこちらのデータだ。

・アルテミスS&阪神JFを連対【2-2-0-1】

好走馬はソダシ、リスグラシュー、レッツゴードンキ、ラッキーライラック。凡走を喫したメジャーエンブレムは前走クイーンC×関東馬という“魔のローテ”に該当する馬だった。申し分ない実績に加えて思い描いたとおりのローテーションで臨む今回は巻き返しが期待できそうだ。

◆【桜花賞2022予想/データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

【桜花賞/データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

▼その他、データ予想
◆【騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

【桜花賞/騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

桜花賞2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

◆【A評価】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

◆【A評価】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

◆【B評価】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“2桁”オッズの惑星 「相手強化も侮れない根性娘」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「前走フロック視は禁物」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

阪神牝馬ステークス2022 データコラム一覧

◆【阪神牝馬ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022桜花賞編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします