【桜花賞/追い切り診断】ナミュールに不満の「B」評価 「気持ちの面で乗り切れていない」

■ナミュール

【中間調整】前走のチューリップ賞は五分のスタートから中団を追走。直線では前が壁になりかけたシーンがあったものの、進路を外へ切り替えると鋭い末脚を繰り出し、結局1馬身半差の快勝を収めた。4着に敗れた阪神ジュベナイルFでも上がりは最速だったし、世代トップの決め手の持ち主であるのは間違いない。その後はノーザンファームしがらきでの短期放牧で英気を養い、3月25日に栗東へ帰厩。27日の初時計では終いだけ重点ではあるが、さっそく坂路での併せ馬を消化できており、回復は順調だったようだ。30日の1週前追いでこの馬としては異例とも言える、坂路4F51秒4(一杯)という速い時計をマーク。終いはさすがに手応えが鈍ったが、なんとか1F12秒5でまとめている。

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

【桜花賞/追い切り診断】評価は2強の一角に軍配 「確かな成長」で好勝負必至

【最終追い切り】最終追いは前走同様、横山武騎手が騎乗。序盤は折り合いに専念して脚を溜め、終いの切れを確かめるのも前走同様だ。序盤は気乗りしないような雰囲気があったが、坂の途中からは気持ちを入れ直して素軽く加速した。

【見解】1週前の坂路時計は自己ベストを大幅に更新する数字。活気十分なのはいいとして、溜めに溜めてこそというこの馬としては、序盤に行き過ぎ、終いでバタつく形となったのは誤算だったのかも。前走時430キロと華奢なタイプで、馬体維持という観点からもオーバーワークは避けたかったはずだ。最終追いで恰好のつく動きは見せたものの、気持ちの面で乗り切れていない素振りがあったのはこの影響とも考えられる。勝負駆けだった前走の反動も少なからずありそうで、万全とは言い切れない。

総合評価「B」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】渾身の仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

【桜花賞/追い切り診断】渾身仕上げでナミュール超えの「S」評価 「勝ち負けがあっていい」

◆【桜花賞2022予想/追い切り診断】伏兵にサークルオブライフと並ぶ「A」評価 「大仕事をやってのける可能性は十分」

【桜花賞/追い切り診断】サークルオブライフと並ぶ「A」評価は伏兵 「大仕事をやってのける可能性」

桜花賞2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝“2桁”オッズの惑星 「相手強化も侮れない根性娘」

◆【穴馬アナライズVol.2】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 「前走フロック視は禁物」

◆【穴馬アナライズVol.3】想定“8人気”前後の伏兵 「前走は勝ちに等しい内容」

◆【危険な人気馬】末脚非凡な有力馬は“消し”評価 「別路線組に足元をすくわれる」

▼データ予想
◆【騎手データ】連対率100%データに該当も、前日フタ桁人気の人馬とは

◆【データ攻略-前編】「0か100」のナミュールか、馬券内率“8割”の2歳女王か

◆【データ攻略-後編】巻き返しの準備は整った、“リピート好走”が後押し

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気2騎は「3年連続連対」の8枠 馬券内率0%の“鬼門”に実績馬が入る

◆【血統傾向】ドゥラメンテ産駒に“激走”警報、馬券内率87.5%の「配合×条件」

◆【脚質傾向】人気馬に立ちはだかる“名牝”の壁 好データには「穴候補」がずらり

◆【前走ローテ】前走・チューリップ賞組は5連敗 「中10週以上」の直行組に警戒

◆【人気傾向】サークルオブライフかナミュールか、馬券内率8割を誇るのは「2番人気」

阪神牝馬ステークス2022 データコラム一覧

◆【阪神牝馬ステークス2022/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【阪神牝馬ステークス2022/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします