【安田記念/血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

5日に東京競馬場で行われる安田記念(GI、芝1600m)の「血統傾向」を分析する。

昨年のNHKマイルC勝ち馬シュネルマイスターや、4連勝で東京新聞杯を制したイルーシヴパンサーをはじめ、ヴィクトリアマイルで5着のソングライン、NHKマイルCで4着から参戦する3歳馬のセリフォスらマイル王決定戦に相応しい好メンバーが揃った。

◆【安田記念2022予想/データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

【安田記念/データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

ここでは、血統データから読みとく安田記念の推奨馬を紹介する。

■切れ味のあるサンデー系に注目

データは2017年以降の安田記念を集計。3着内馬の血統表は以下の通り。

過去5年でサンデー系種牡馬が4勝しており、なかでもディープインパクト産駒が【3-1-0-18】(勝率13.6%、連対率18.2%、複勝率18.2%/単勝回収値327)と優秀で現在2年連続優勝中。また、母父をみるとキングカメハメハ【1-0-1-1】や、Storm Cat【2-0-0-2】、Tapit【1-1-0-0】の米国血統が好成績を残している。

安田記念は、スプリント戦強豪馬の出走が多く速い流れになりやすいため息の長い末脚が持ち味の「持続型」が浮上しやすい。それが、母系に米国の馬がフィットする所以だろう。今回は米国型を母父に持つサンデー系2頭を推奨馬としてピックアップしたい。

1頭目は、ハーツクライ産駒のイルーシヴパンサーだ。父ハーツクライ×母父キングマンボ系の牡馬は東京芝1600mに出走すると【5-0-3-5】(勝率・連対率38.5%、複勝率61.5%/単勝回収値211)と抜群の成績を収めている。なかでも4~6月の春時期に出走すると【3-0-0-2】(勝率・連対率60.0%、複勝率60.0%/単勝回収値400)。前走東京新聞杯で、最後方からカラテとファインルージュを置き去りにした末脚は、圧巻で本格化を感じさせた。4連勝中の勢いのままGI制覇を期待したい。

2頭目は、キズナ産駒で母父がBCジュヴェナイル勝ちのボストンハーバーであるファインルージュに注目したい。前走ヴィクトリアマイルではソダシに敗れ2着だったが、直線の追い出しのところで躓いてしまうアクシデントがあった。そこからの中2週の出走とあって疲労が心配されるが、父キズナ×母父ボールドルーラー系の牝馬は、中2週以内で芝のレースに出走すると【4-1-1-13】(勝率21.2%、連対率26.3%、複勝率31.6%/単勝回収値72)と高い勝率を誇っており、なかでも前走が良馬場だった場合は【4-0-1-6】(勝率36.4%、連対率36.4%、複勝率45.5%/単勝回収値124)。間隔を詰めて使ってパフォーマンスを上げるタイプで前走のヴィクトリアマイルが良馬場だった点も踏まえると疲労も心配なく、このメンバーでも勝ち負け必須だ。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

【安田記念/枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

◆【脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

【安田記念/脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

◆【前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

【安田記念/前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

◆【人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

【安田記念/人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

安田記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

◆【追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

◆【追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

◆【追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】単勝“8人気”前後の人気落ち 「左回りで本領発揮する」

◆【穴馬アナライズvol.2】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

◆【穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補に追い風、「馬券内率8割」超えのデータとは

◆【騎手データ】「栗東の名手」が条件合致で“連対率65%超” 堅軸は安定感抜群のルメールか

鳴尾記念2022 データコラム一覧

◆【鳴尾記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/鳴尾記念2021】1着に8番人気ユニコーンライオンが入り、2着に9番人気、3着に5番人気が入る波乱のレース

文・中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします