【安田記念/追い切り診断】新興勢力の4歳馬に「A」評価 時計と気迫は秀逸で「万全のデキ」

■イルーシヴパンサー

【中間調整】3連勝で条件クラスに別れを告げ、前走・東京新聞杯が試金石の古馬重賞初挑戦。4番人気と“半信半疑”な戦前の評価だったが、蓋を開けてみれば大外からまさに目の覚めるような伸びを見せ快勝を収めた。勝ち時計1分32秒3(良)、上り3F33秒1ともに秀逸で、一気に新・マイル王の座が見えてきた。ぶっつけのほうが走れるタイプとあって、その後は間隔を取り安田記念へ直行。5月6日に美浦へ戻り、5月11日にウッドの併せ馬で初時計を出している。1週前追いには田辺騎手が騎乗し、同厩の2頭を一応の目標として追走。直線では2頭へ併せに行かず、あっさり抜き去って単走のまま駆け抜けた。3F36秒1(馬なり)は過去最高の数字。

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

【安田記念/追い切り診断】シュネルマイスターを上回る最高評価「S」 「好気配だった前走以上」

【最終追い切り】1週前の時点でほぼ仕上がっており、最終追いは指揮官・久保田師が反応をチェックする程度だった。ウッドで2頭を大きく先に行かせ、エキサイトさせないよう折り合い重視の内容。この日も“変則単走”で体を併せに行かず、直線でも差は大きいまま。仮に追いつかないまま終わっても問題なかったが、ラストで仕掛けられると一気に反応。形としては併入に持ち込んでいる。

【見解】先週、今週と体を並べない形の併せ馬。体を並べる稽古で変にエキサイトし、オーバーワークとなる愚を避ける細心の注意を払った調整が続けられている。それでも時計、気迫ともに秀逸で馬の内面における走るモチベーションは相当高そうだ。GIを走るにあたって、ほぼ万全のデキと言える。

総合評価「A」

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

【安田記念/追い切り診断】連勝中の上がり馬に高評価「A」 目下絶好調の「デキの良さ」

◆【安田記念2022予想/追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

【安田記念/追い切り診断】GI馬にまさかの辛口評価「B」 調整過程は「攻めに徹していない」

安田記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】単勝“8人気”前後の人気落ち 「左回りで本領発揮する」

◆【穴馬アナライズvol.2】想定“10人気”以上の盲点 「完成の域に達した古豪」

◆【穴馬アナライズvol.3】馬券内で“万馬券”射程 「昨秋の走りができれば上位争い」

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「好走の条件を満たせていない」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】シュネルマイスターとファインルージュに“明暗”、馬券内率“100%”と“ゼロ”とは

◆【データ攻略-後編】“波乱の使者”候補に追い風、「馬券内率8割」超えのデータとは

◆【騎手データ】「栗東の名手」が条件合致で“連対率65%超” 堅軸は安定感抜群のルメールか

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】シュネルマイスターは最多4勝の5枠 人気馬2頭は勝率0%の“鬼門”に

◆【血統傾向】詰めたローテで変わり身が期待できる単回収値「124」の配合馬

◆【脚質傾向】有力馬に不安データ グランアレグリアやアーモンドアイも「差し損ね」

◆【前走ローテ】主力ローテが近年不振 狙いは「穴馬だらけ」の前走・マイラーズC組

◆【人気傾向】1人気はオッズ3倍以上で“黄信号”に 混戦レースで軸にすべきは…

鳴尾記念2022 データコラム一覧

◆【鳴尾記念2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の枠順・騎手データから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/前走ローテ】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の前走ローテから読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

【鳴尾記念2022】過去10年の人気傾向から読み解く狙うべき馬とは

◆【鳴尾記念2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/鳴尾記念2021】1着に8番人気ユニコーンライオンが入り、2着に9番人気、3着に5番人気が入る波乱のレース

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします