【函館記念/追い切り診断】爆穴候補にアラタを上回る「A」評価 「本格化の兆し」で動きは上々

■タイセイモンストル

【中間調整】連闘で臨んだ前走・弥彦Sでは道中2番手から直線で押し切り、横並びの接戦を制した。僅差ではあったが、好メンバーが揃った一戦を渋太く勝ち切ったあたり、力をつけている証拠だろう。その後は短期放牧で疲れを取り、ハンデ戦で走れる函館記念で昇級初戦に据えることが6月下旬に決定。6月末に栗東へ戻り、1日の初時計で坂路4F52秒9-1F12秒9(強め)とさっそく上々の数字を出している。1週前追いとなる6日の坂路追いでは高倉騎手が騎乗し、古馬1勝クラス相手とは言え追走先着を果たした。翌7日に予定通り函館へ輸送され、10日に現地のウッドで14-14を消化。輸送は問題なくクリアできたようだ。

◆【函館記念2022予想/血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

【函館記念/血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

【最終追い切り】函館滞在の坂井騎手が騎乗し(レース本番は高倉騎手)、ウッドコースで古馬2勝クラスを目標に追走。追われてバタつく相手を巧みなコーナーワークからあっさりとパス。抜け出してからもフワッとさせないよう、鞍上が気合いを注入すると、豪快な伸びを示した。

【見解】以前はそこまで稽古で目立たなかった馬だが、栗東で見せた坂路での動き、そして函館入りしてからの動きと、この中間の動きは上々。本格化の兆しを感じさせる。特に今週きは鞍上が体調の良さを信じ切ったように余念なく攻め、馬もそれにしっかり応えていた。函館滞在が水に合うようだし、この中間から装着したブリンカーがことのほか効果があるのかも。本来は僚馬キングオブドラゴンとの2頭出しの予定で、厩舎的な本命はキングのほうだったフシがある。結局キングオブドラゴンの態勢は整わず、タイセイモンストルだけの出走となるが“残り物に福”となる可能性は十分に考えておきたい。

総合評価「A」

▼その他、追い切り診断
◆【函館記念2022予想/追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

【函館記念/追い切り診断】有力馬に不満の低評価「B」 「人気ほどの信頼は置きづらい」

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

【函館記念/追い切り診断】人気の実績馬に文句なしの「S」評価 「勝ち負けを意識できる好気配」

◆【函館記念2022予想/追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

【函館記念/追い切り診断】高評価「A」は攻め気配が上々の重賞馬 「力をフルに出せる状態」

函館記念2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前走惨敗で“人気落ち”の妙味 条件揃い「勝ち負け争いに加わってくる」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“10人気”前後の惑星 「過小評価で妙味しかない」

◆【穴馬アナライズVol.3】馬券内で“万馬券”射程の爆穴 相性のいい舞台で「高配当の使者」になる

◆【危険な人気馬】人気一角の実績馬は“消し”評価 「相応の割引が必要」

▼データ予想
◆【騎手データ】美浦の中堅騎手に一発の可能性 狙うべき好相性の人馬とは

◆【データ攻略-前編】人気馬に“明暗” 「馬券内率100%」が後押しするのは…

◆【データ攻略-後編】伏兵に馬券圏内率7割越え、「激走の2大要素」で波乱を巻き起こす

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】人気一角が条件合致で勝率“60%”の好枠に サンレイポケットは6枠12番

◆【血統傾向】距離短縮ローテで大幅上昇 重賞初制覇を狙う単回収値「384」の血

◆【脚質傾向】人気一角に“不安”データ 馬券圏内率7割超えの条件とは

◆【前走ローテ】人気馬に追い風も 狙うべき“穴馬”候補とは

◆【人気傾向】1人気が1勝のみの難解なレース 狙うはフタ桁人気の「ヒモ荒れ」

函館2歳S2022 データコラム一覧

◆【函館2歳ステークス2022予想/枠順・騎手データ】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/前走レース】動く過去10年データグラフから読み解く狙うべき馬とは

◆【函館2歳ステークス2022予想/人気傾向】過去10年のグラフデータから読み解く狙うべき馬とは
◆【函館2歳ステークス2022】調教動画&参考レース

◆【動画プレーバック/函館2歳ステークス2021】3番人気ナムラリコリスが外から差し切り2歳世代初の重賞馬に

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします