【AR共和国杯/追い切り診断】気配が上がらない実力馬に不満の「B」評価 「夏の疲れが尾を引いている」

■ヒートオンビート

【中間調整】前走の新潟記念5着など近6戦は重賞ですべて掲示板を確保。今年3月の日経賞ではタイトルホルダーにクビ+クビ差の3着など、いまだ重賞勝ちがないのが不思議なほどの実力馬だ。前走後は放牧を挟み、アルゼンチン共和国杯を目標に10月初頭に栗東へ帰厩。CW中心にここまでじっくり乗り込まれている。2週前のCW単走でハードに追い、レースが近いことを知らせ1週前の併せ馬を行ったが、ここではデビュー前の新馬2頭にそれぞれ遅れ入線に終わっていた。

◆【アルゼンチン共和国杯2022予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画まとめ

【最終追い切り】最終追いはCW単走である程度負荷を掛ける形。仕掛けにはやや反応に鈍さを感じさせながらも、最後はさすがの脚力を見せていた。

【見解】通常は1週前まであらかた仕上げ、最終追いはサラッと流すのがこの馬のパターン。しかし1週前の動きが案外だったように帰厩後の気配がなかなか上がって来ず、最終追いもしっかりやることになったようだ。10月31日の日曜追いでもこの馬としては久々のCW追いを行っており、これも苦肉の策といった感は否めない。夏の疲れが尾を引いているのかも。このデキでどこまでやれるか。

総合評価「B」

▼その他、追い切り診断
◆【追い切り診断】キラーアビリティと並ぶ「A」評価の伏兵 「勝ち負けの走りがあっても驚けない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 「実戦想定の予行演習はほぼ完璧」

◆【追い切り診断】「S」評価は能力をフルに出せるデキ 「前走は次を見据えた仕上げだった」

アルゼンチン共和国杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】想定“8人気”前後の惑星 「一発の匂いがプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気以上”の爆穴 「高配当を届ける下地は揃った」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「この条件なら“再現”できる」

◆【危険な人気馬】馬券内率100%データでも“消し” 「妙味なく不安材料が多い」

▼データ予想
◆【データ攻略】テーオーロイヤルに勝率“7割超”の追い風 「大きなアドバンテージ」

◆【データ攻略】キラーアビリティに馬券内率“5.0%”の壁 「慎重なジャッジが必要」

◆【データ攻略】同条件「0.5.1.1」の想定“15人気” 「重賞で馬券外が続くも……」

◆【データ攻略】馬券内率“8割超”条件の伏兵 「舞台替わりに活路を見出す」

◆【騎手データ】条件合致で驚異の連対率100% 東の名手に“鉄板”傾向

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】テーオーロイヤルとキラーアビリティは馬券内率16.7%の3枠 穴馬激走の好枠に警戒

◆【血統傾向】GI大敗で想定オッズ“2桁”の伏兵、馬券内率「7割超」の条件で急浮上

◆【脚質傾向】逃げ・追込は勝率0% キラーアビリティは折り合い専念なら危険

◆【前走ローテ】オールカマー組が最多2勝も、過去13頭が馬券に絡む“買い”条件

◆【動画プレーバック/アルゼンチン共和国杯2021】人気に応えてオーソリティがトップハンデながら2馬身半差をつけて連覇を達成

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします