【AR共和国杯/脚質傾向】逃げ・追込は勝率0% キラーアビリティは折り合い専念なら危険

[アルゼンチン共和国杯]過去10年の前走ローテ
[アルゼンチン共和国杯]過去10年の前走ローテ

6日に東京競馬場で行われる第60回アルゼンチン共和国杯(GII、芝2500m)の過去10年データを紹介する。

今年のダイヤモンドSを制したテーオーロイヤル、昨年のホープフルS優勝の3歳馬キラーアビリティ、重賞2着3回3着2回のヒートオンビート、今年の京都記念を12番人気で制したアフリカンゴールドらが出走予定。

ここでは予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【アルゼンチン共和国杯2022予想/追い切り診断】「S」評価は能力をフルに出せるデキ 「前走は次を見据えた仕上げだった」

■4角10番手以下は勝率0%

過去10年、逃げ【0.0.0.10】、先行【5.3.3.29】、差し【5.6.5.44】、追込【0.1.2.45】と先行と差しが圧倒。逃げと追込は壊滅的で、極端なポジションからの好走は厳しい。

[アルゼンチン共和国杯]過去10年の前走ローテ

4角位置で見ると、2~5番手は【7.2.4.35】。2018年のパフォーマプロミスから昨年のオーソリティまで、4年連続で4角2~5番手の馬が制しており、「好位差し」がこのレースのウイニングポジションとなっている。

4角7番手以下は【3.5.5.78】と数値を保つが、10番手以下になると【0.1.3.54】でガクンと落ちる。2020年には9番人気のサンアップルトンが4角12番手から追い込んで3着と好走したが、ハイペースで前の馬が崩れた年であり、基本的に後方待機の馬は軽視していい。

今年、好位追走が定位置のテーオーロイヤルは脚質傾向から主軸。キラーアビリティは折り合い面に課題があり、後方で脚を溜めるようであれば厳しい。前走・六社Sで前に馬を置いて結果を残したブレークアップ、前走・新潟記念で2000mでも好位を取れたヒートオンビートは合格ラインにある。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】テーオーロイヤルとキラーアビリティは馬券内率16.7%の3枠 穴馬激走の好枠に警戒

◆【血統傾向】条件合致で馬券圏内率7割超え 妙味あふれる想定オッズ2桁の伏兵とは

◆【前走ローテ】オールカマー組が最多2勝も、過去13頭が馬券に絡む“買い”条件

◆【動画プレーバック/アルゼンチン共和国杯2021】人気に応えてオーソリティがトップハンデながら2馬身半差をつけて連覇を達成

アルゼンチン共和国杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】キラーアビリティと並ぶ「A」評価の伏兵 「勝ち負けの走りがあっても驚けない」

◆【追い切り診断】気配が上がらない実力馬に不満の「B」評価 「夏の疲れが尾を引いている」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 「実戦想定の予行演習はほぼ完璧」

◆【追い切り診断】「S」評価は能力をフルに出せるデキ 「前走は次を見据えた仕上げだった」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】想定“8人気”前後の惑星 「一発の匂いがプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気以上”の爆穴 「高配当を届ける下地は揃った」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「この条件なら“再現”できる」

◆【危険な人気馬】馬券内率100%データでも“消し” 「妙味なく不安材料が多い」

▼データ予想
◆【データ攻略】テーオーロイヤルに勝率“7割超”の追い風 「大きなアドバンテージ」

◆【データ攻略】キラーアビリティに馬券内率“5.0%”の壁 「慎重なジャッジが必要」

◆【データ攻略】同条件「0.5.1.1」の想定“15人気” 「重賞で馬券外が続くも……」

◆【データ攻略】馬券内率“8割超”条件の伏兵 「舞台替わりに活路を見出す」

◆【騎手データ】条件合致で驚異の連対率100% 東の名手に“鉄板”傾向

文●SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします