Advertisement

【有馬記念/前走ローテ】近年の“王道”は秋天組 警戒すべきは菊やJC組ではなく……

 

有馬記念_前走レース名

25日に中山競馬場で行われる第67回有馬記念(GI、芝2500m)の過去10年データ分析を紹介する。

ファン投票1位を獲得し史上15頭目の春秋グランプリ制覇がかかるタイトルホルダー、前走天皇賞・秋を制したイクイノックス、昨年の覇者で年度代表馬のエフフォーリア、エリザベス女王杯を制したジェラルディーナ、ジャパンCの覇者ヴェラアズールら、GI馬7頭を含む16頭が出走予定だ。

ここでは予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【有馬記念2022予想/追い切り診断】タイトルホルダーを上回る最高評価「S」 「前走同様かそれ以上の迫力」

■菊花賞とジャパンC組は近年不振

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

過去10年、最多3勝を挙げているのは前走・菊花賞組で【3.1.2.7】勝率23.1%、連対率30.8%、複勝率46.2%。しかし、2019年3着のワールドプレミアを最後に、馬券内には顔を出していない。昨年は菊花賞馬タイトルホルダーが4番人気5着、同4着のステラヴェローチェは3番人気4着に終わった。

着順別に見ると、1着馬【2.0.2.1】、2着馬【0.0.0.1】、3着馬【0.0.0.2】、4着馬【1.0.0.1】、6着以下【0.1.0.2】。基本的には菊花賞1着が好走条件であり、今年2着のボルドグフーシュ、3着のジャスティンパレスは厳しい。

[有馬記念]過去10年の前走ローテ

菊花賞【3.1.2.7】勝率23.1%、連対率30.8%、複勝率46.2%
ジャパンC【2.2.5.47】勝率3.6%、連対率7.1%、複勝率16.1%
天皇賞・秋【2.2.1.12】勝率11.8%、連対率23.5%、複勝率29.4%
凱旋門賞【1.1.2.3】勝率14.3%、連対率28.6%、複勝率57.1%
アルゼンチン共和国杯【1.0.0.5】 勝率・連対率・複勝率26.7%
コックスプレート【1.0.0.0】 勝率・連対率・複勝率100%
エリザベス女王杯【0.2.0.18】 勝率0%、連対率・複勝率10.0%
金鯱賞【0.2.0.13】 勝率0%、連対率・複勝率13.3%

前走・菊花賞組に次ぐ2勝は前走・ジャパンC組、天皇賞・秋組。前走・ジャパンC組は2018年3着のシュヴァルグランを最後に馬券外であり、ジャパンCと有馬記念の連勝は2006年のディープインパクトを含め過去4例しかない。過去10年、ジャパンC1着馬は【0.1.1.2】。ヴェラアズールはデータ上、中心視できない。

Advertisement


◆【有馬記念2022予想/穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の惑星 「好材料づくしで不安要素を相殺」

■トレンドは秋天組、エリ女組にも警戒

近年のトレンドは天皇賞・秋組か。昨年のエフフォーリアは天皇賞・秋と有馬記念を連勝し、2020年は天皇賞・秋3着のクロノジェネシスが戴冠、同2着のフィエールマンも3着に入るなど、4年連続で馬券に絡んでいる。1着馬は【1.1.0.1】。2019年はアーモンドアイが距離の壁に泣いて9着に沈んだが、秋の天皇賞馬は中心視できる。イクイノックスが主軸か。

前走・凱旋門賞組は過去10年【1.1.2.3】。優勝例は2013年の凱旋門賞2着オルフェーヴルのみだが、昨年は14着だったディープボンドが2着、7着だったクロノジェネシスが3着と巻き返した。凱旋門賞11着のタイトルホルダー、同18着のディープボンドは前走大敗でも“買い”となる。

なお、前走・エリザベス女王杯組は【0.2.0.18】。2017年は8番人気のクイーンズリングが2着、20年は11番人気のサラキアが2着と人気薄での好走が印象的で、ジェラルディーナは侮れない。一方、前走・宝塚記念組は【0.0.0.1】。サンプルが少なく判断できないが、秋2戦目が【3.1.1.31】、秋3戦目は【6.6.7.64】と、この臨戦過程が主流。宝塚記念から直行のエフフォーリアには試練となる。

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前日オッズ】3連単“夢”の万馬券は「3334通り」 過去10年で6勝の1人気はイクイノックス

◆【展開予想】タイトルホルダーの“ロンスパ”で浮上する「11人気2着馬」の残像

Advertisement


◆【世相馬券】サッカーW杯イヤーの“ジャイキリ”列伝 ファン投票1位の馬に黄信号か

◆【記録室】タイトルホルダーの横山和生、史上初の兄弟騎手グランプリ制覇なるか

◆【枠順】イクイノックスは3年連続連対中の好枠に タイトルホルダーは7枠に入る

◆【脚質傾向】逃げ切りはキタサンブラックのみ、タイトルホルダーはハナか番手か

◆【人気傾向】5年連続馬券内の“買い”オッズ 1+2人気から「ヒモ荒れ」を狙う

◆【動画プレーバック/有馬記念2021】1人気エフフォーリアが最後の直線で末脚を伸ばし快勝、GI3勝目を挙げる

有馬記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬を上回る高評価「A」に伏兵 「相手は強くなるが好勝負できるデキ」

◆【追い切り診断】GI馬に不安抱く辛口「B」評価 「反応と加速の連動性が減衰している」

◆【追い切り診断】タイトルホルダーを上回る最高評価「S」 「前走同様かそれ以上の迫力」

◆【追い切り診断】2強の一角は“2番手”評価「A」 「唸るような雰囲気の春に一歩及ばず」

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走惨敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「リベンジへ不安一掃」

◆【データ攻略】9人気2着馬も該当する「3.2.1.2」の好条件 「秘めたる小回り適性」

◆【データ攻略】複勝率“7割超”は想定オッズ2桁の刺客 「中山芝2500mの血」が騒ぐ

◆【データ攻略】単勝“8人気”前後に激走予告 試練を跳ね除ける「実績と舞台適性」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の惑星 「好材料づくしで不安要素を相殺」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“万馬券”クラスの大穴 「何から何まで条件好転で買い」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“20倍”前後の盲点 「この馬の成長ぶりは侮れず」

◆【危険な人気馬】前走惨敗のGI馬は“消し”評価 「簡単に片付けられない敗因」

▼騎手データ
◆【騎手データ】軸は“馬券内率100%”のGIハンター、大穴は「人気以上」に導く男

▼血統傾向
◆【血統傾向】レース相性抜群の血統 “単回収値405”が追い風の人気馬とは

◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”の伏兵に食指 馬券内率「6割超」の好データ

文●SPREAD編集部

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン