【有馬記念/データ攻略】前走惨敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「リベンジへ不安一掃」

 

【有馬記念/データ攻略】前走惨敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「リベンジへ不安一掃」

今週は中山競馬場で有馬記念(GI、芝2500m)が行われる。3歳にして天皇賞・秋を制したイクイノックスに宝塚記念とのグランプリ連覇を狙うタイトルホルダー、そして今年のジャパンC勝ち馬ヴェラアズールなどが相対するドリームマッチ。暮れの大一番にふさわしい豪華メンバーによる、寒さを吹き飛ばす熱い戦いに期待が集まる。

過去10年のデータ分析から浮かび上がったキーワードをもとに出走馬を分析していく。ここでは「プラスデータ」としてタイトルホルダーを取り上げる。

◆【有馬記念2022予想/穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“20倍”前後の盲点 「この馬の成長ぶりは侮れず」

■前走海外GI組と好相性の有馬記念

7馬身差圧勝の天皇賞・春にレコード勝ちの宝塚記念。国内レースで圧巻のパフォーマンスを続けてきたタイトルホルダーがグランプリ連覇を狙い参戦をはたした。今回は海外遠征帰りゆえ不確定要素も少なくないが、そんな不安を打ち消す以下のデータをご紹介したい。

・前走海外GIかつ年内に重賞2勝以上【2.1.1.0】

オルフェーヴルやリスグラシュー、昨年2着馬ディープボンドも該当のデータ。昔ほど海外帰りによる影響が少ない近代競馬において、国内で確たる実績を持ってさえすれば海外遠征帰り初戦もマイナスにはならないのだろう。

昨年の有馬記念は5着に敗れたが、パンサラッサの大逃げで仕掛けるタイミングが難しいような印象を受けた。今年は同馬が不在かつ、仮にパンサラッサがいたとしても控える競馬で勝ち切った宝塚記念の内容から心配は不要。昨年のリベンジに向け、舞台は整った。

▼その他、データ攻略
◆【有馬記念2022予想/データ攻略】9人気2着馬も該当する「3.2.1.2」の好条件 「秘めたる小回り適性」

◆【有馬記念2022予想/データ攻略】複勝率“7割超”は想定オッズ2桁の刺客 「中山芝2500mの血」が騒ぐ

Advertisement


◆【有馬記念2022予想/データ攻略】単勝“8人気”前後に激走予告 試練を跳ね除ける「実績と舞台適性」

有馬記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬を上回る高評価「A」に伏兵 「相手は強くなるが好勝負できるデキ」

◆【追い切り診断】GI馬に不安抱く辛口「B」評価 「反応と加速の連動性が減衰している」

◆【追い切り診断】タイトルホルダーを上回る最高評価「S」 「前走同様かそれ以上の迫力」

◆【追い切り診断】2強の一角は“2番手”評価「A」 「唸るような雰囲気の春に一歩及ばず」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の惑星 「好材料づくしで不安要素を相殺」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“万馬券”クラスの大穴 「何から何まで条件好転で買い」

Advertisement


◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“20倍”前後の盲点 「この馬の成長ぶりは侮れず」

◆【危険な人気馬】前走惨敗のGI馬は“消し”評価 「簡単に片付けられない敗因」

▼騎手データ
◆【騎手データ】軸は“馬券内率100%”のGIハンター、大穴は「人気以上」に導く男

▼血統傾向
◆【血統傾向】レース相性抜群の血統 “単回収値405”が追い風の人気馬とは

◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”の伏兵に食指 馬券内率「6割超」の好データ

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前日オッズ】3連単“夢”の万馬券は「3334通り」 過去10年で6勝の1人気はイクイノックス

◆【展開予想】タイトルホルダーの“ロンスパ”で浮上する「11人気2着馬」の残像

◆【世相馬券】サッカーW杯イヤーの“ジャイキリ”列伝 ファン投票1位の馬に黄信号か

◆【記録室】タイトルホルダーの横山和生、史上初の兄弟騎手グランプリ制覇なるか

◆【枠順】イクイノックスは3年連続連対中の好枠に タイトルホルダーは7枠に入る

◆【前走ローテ】近年の“王道”は秋天組 警戒すべきは菊やJC組ではなく……

◆【脚質傾向】逃げ切りはキタサンブラックのみ、タイトルホルダーはハナか番手か

◆【人気傾向】5年連続馬券内の“買い”オッズ 1+2人気から「ヒモ荒れ」を狙う

◆【動画プレーバック/有馬記念2021】1人気エフフォーリアが最後の直線で末脚を伸ばし快勝、GI3勝目を挙げる

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022有馬記念-全頭分析編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。