Advertisement

【有馬記念/血統傾向】レース相性抜群の血統 “単回収値405”が追い風の人気馬とは

【有馬記念/血統傾向】レース相性抜群の血統 “単回収値405”が追い風の人気馬とは

25日に中山競馬場で行われる有馬記念(GI、芝2500m)の「血統傾向」を分析する。

2017年以降の有馬記念で3着内に入った種牡馬データを集計した下記の血統表をもとに推奨馬2頭を紹介する。ここでは、そのうち1頭を紹介する。

図を見てみると、サンデー系種牡馬が2勝(ハーツクライ、ブラックタイド)、欧州血統のバゴ、ハービンジャー、ロベルト系のエピファネイアなど血統的なバリエーションに富んだ血統傾向と言えそう。しかし単勝オッズがフタ桁の好走馬に絞ると、昨年5番人気2着・ディープボンド、一昨年11番人気2着・サラキア、2019年4番人気3着・ワールドプレミア、2018年9番人気3着・シュヴァルグラン、2017年8番人気2着・クイーンズリングの計5頭いるが、すべて父がサンデー系だった。近年の有馬記念は、人気薄のサンデー系を侮るわけにはいかなそう。

Advertisement

また前述5頭のうち、連対を果たしたディープボンド、サラキア、クイーンズリングの3頭に共通するのは母父が欧州適性の高いノーザンダンサー系だったこと。これは中山芝2500mが2度の急坂があるタフなコースのためパワーが必要であること。さらに、スタートしてからすぐにコーナーに入るため、先行争いは激しくスタミナの消耗戦になりやすいこと。これらの要因によって持久力のある欧州型ノーザンダンサーの血が浮上してくるのだろう。

今回は父サンデー系×母父ノーザンダンサー系に注目する。

◆【有馬記念2022予想/騎手データ】軸は“馬券内率100%”のGIハンター、大穴は「人気以上」に導く男

■イクイノックス

父はキタサンブラック、母父は2000年高松宮記念の覇者・キングヘイローの3歳牡馬。前走の天皇賞・秋は5カ月ぶりの出走となったが、皐月賞、日本ダービーともに2着惜敗の悔しさを晴らすかのような鬼脚で差し切り勝利。同世代では間違いなくトッププラスの実力馬であり、父のキタサンブラックが2017年の有馬記念で勝つなど3年連続で3着内に入っているように血統的裏付けもある。

Advertisement

また、2017年以降、父サンデー系×母父キングヘイローの牡馬が、芝2200m以上の非根幹距離に出走すると【4.2.1.15】、勝率18.2%、連対率27.3%、複勝率31.8%と優秀な成績で、単勝回収値も295と馬券妙味の面でも信頼できそう。なかでも、右回りのコースに限ると【4.1.0.11】、勝率25.0%、連対率・複勝率31.3%、単回収値405と、アタマの期待値が跳ね上がる。このように中山へのコース替わりも問題にしなさそうで、人気であっても逆らえない。

▼その他、血統傾向
◆【血統傾向】想定オッズ“2桁”の伏兵に食指 馬券内率「6割超」の好データ

Advertisement

有馬記念2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】GI馬を上回る高評価「A」に伏兵 「相手は強くなるが好勝負できるデキ」

◆【追い切り診断】GI馬に不安抱く辛口「B」評価 「反応と加速の連動性が減衰している」

◆【追い切り診断】タイトルホルダーを上回る最高評価「S」 「前走同様かそれ以上の迫力」

◆【追い切り診断】2強の一角は“2番手”評価「A」 「唸るような雰囲気の春に一歩及ばず」

▼データ攻略
◆【データ攻略】前走惨敗馬を後押しする“馬券内率100%” 「リベンジへ不安一掃」

◆【データ攻略】9人気2着馬も該当する「3.2.1.2」の好条件 「秘めたる小回り適性」

◆【データ攻略】複勝率“7割超”は想定オッズ2桁の刺客 「中山芝2500mの血」が騒ぐ

◆【データ攻略】単勝“8人気”前後に激走予告 試練を跳ね除ける「実績と舞台適性」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“6人気”前後の惑星 「好材料づくしで不安要素を相殺」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“万馬券”クラスの大穴 「何から何まで条件好転で買い」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日オッズ“20倍”前後の盲点 「この馬の成長ぶりは侮れず」

◆【危険な人気馬】前走惨敗のGI馬は“消し”評価 「簡単に片付けられない敗因」

▼騎手データ
◆【騎手データ】軸は“馬券内率100%”のGIハンター、大穴は「人気以上」に導く男

▼その他、過去10年データ傾向
◆【前日オッズ】3連単“夢”の万馬券は「3334通り」 過去10年で6勝の1人気はイクイノックス

◆【展開予想】タイトルホルダーの“ロンスパ”で浮上する「11人気2着馬」の残像

◆【世相馬券】サッカーW杯イヤーの“ジャイキリ”列伝 ファン投票1位の馬に黄信号か

◆【記録室】タイトルホルダーの横山和生、史上初の兄弟騎手グランプリ制覇なるか

◆【枠順】イクイノックスは3年連続連対中の好枠に タイトルホルダーは7枠に入る

◆【前走ローテ】近年の“王道”は秋天組 警戒すべきは菊やJC組ではなく……

◆【脚質傾向】逃げ切りはキタサンブラックのみ、タイトルホルダーはハナか番手か

◆【人気傾向】5年連続馬券内の“買い”オッズ 1+2人気から「ヒモ荒れ」を狙う

◆【動画プレーバック/有馬記念2021】1人気エフフォーリアが最後の直線で末脚を伸ばし快勝、GI3勝目を挙げる
文●中井達也(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします