Advertisement

【京都記念/穴ライズ】想定“6人気”前後の盲点 「4歳世代の一角、侮るなかれ」

 

【京都記念/穴ライズ】想定“6人気”前後の盲点 「4歳世代の一角、侮るなかれ」

■マテンロウレオ

PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン

今年初戦の前走・中山金杯は、最内の1番枠から出負け気味のスタートとなってしまい、他馬に“蓋”をされて身動きが取れないまま直線へ。直線でも左右から挟まれて窮屈になるシーンがありながらも、最後まで闘志を切らさず勝ち馬ラーグルフから0秒1差の5着まで追い込んできている。人気を下回る結果となったが、本来の走りができなかっただけに評価を下げる必要はない。

◆【京都記念2023予想/追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

3歳シーズンの昨年は、2月のきさらぎ賞で重賞初制覇を果たし、一躍クラシック候補に名乗り上げ。本番では結果こそ出なかったが、下半期は骨折明けながらリステッドのアンドロメダSを快勝し、次走の中日新聞杯ではGI馬キラーアビリティと同タイムの2着。実力は折り紙付きで、このメンバーでもポテンシャルは互角以上だ。

昨年のダービー馬ドウデュースや、前述のキラーアビリティに注目が集まっているが、この馬も同じ4歳世代。2戦2勝と得意としている阪神コースであれば、この勢力図に逆転まであっていい。侮ってはいけない存在で、好配当を届けてくれる資格は十分と見た。

■京都記念2023 予想コラム一覧

穴馬予想

◆【危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

◆【穴馬アナライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「阪神芝2200mで急浮上する」

◆【穴馬アナライズ】前日オッズ“20倍”前後の伏兵 「大波乱演出の再現ある」

追い切り

◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

Advertisement


◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】2強の一角に辛口「B」評価 「目標は先、万全と言い切れない」

◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

データ攻略

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

◆【データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

Advertisement


◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

騎手データ

◆【騎手データ】エフフォーリア・横山武に黄信号か、阪神芝2200mなら「GIハンター」に期待

血統予想

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

データ傾向

◆【前走ローテ】有馬記念組が巻き返す 年明け重賞組は不振の傾向

◆【脚質傾向】ドウデュースよりエフフォーリア、展開・馬場不問で「前」有利

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。

【随時更新】宝塚記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】出走予定・枠順、予想オッズetc. 「ドウデュース、春秋グランプリ制覇なるか」お役立ち馬券攻略ガイド

◆【まとめ】芸能人・予想家の「宝塚記念2024」本命・注目馬予想一覧 上半期GI「馬券内率81.8%」の猛者現る

◆【高配当メソッド】ドウデュースとジャスティンパレスのワンツー決着はナシか 3連単52万馬券など波乱演出の“穴メーカー”に要警戒

追い切り評価

◆【追い切り診断】最高評価「S」はジャスティンパレスかドウデュースか 目覚ましい充実ぶりで「抜群の攻め気配」

◆【追い切り診断】想定2桁オッズの伏兵に“高評価” 完成形迎え、「ドウデュースを逆転するのはこの馬か」

◆【追い切り診断】穴人気が想定される“京都巧者”に辛口「B」評価 チグハグで素軽さ欠ける……精神面に懸念

穴馬予想

◆39.0%→42.9%→54.5% 降れば降るほど連対率UPの“道悪血統”に穴党ロックオン

◆【危険な人気馬】前走ドバイ組“2強”の一角を消し ローテは「馬券内率ゼロ」、血統は「勝率1.3%」の事実

データ分析・過去傾向

◆【データ攻略】大阪杯組2頭に「100 or 0」の明暗 穴党向け“最高の買い時”該当馬は

◆【データ攻略】ドウデュースとジャスティンパレスの「買い or 消し」 “馬場不問で鉄板級”は2強のどちらか

◆【全頭診断】想定8人気以下に「3.0.0.0」条件発動 “グランプリ連覇”狙う武豊ドウデュース評は

◆【枠順傾向】「馬券内率55.6%」の好枠にドウデュース 内外イーブンも明暗分けるのが“馬場状態”

◆【血統展望】人気ガタ落ちGI馬に“一発大駆け”警戒 ロングラン開催の最終週で「鬼脚」炸裂も

◆【前走ローテ】ドバイ組はSC以外「0.0.0.5」の黄信号 目黒記念組の“馬券内率100%”データが波乱演出か


PR

UMAJIN競馬サロン2024春のキャンペーン