Advertisement

【京都記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「阪神芝2200mで急浮上する」

 

【京都記念/穴ライズ】単勝オッズ“2桁”の刺客 「阪神芝2200mで急浮上する」

■ウインマイティー

昨年末に行われた前走・有馬記念は6着。出走メンバーのうちブービーの15番人気と注目度こそ低かったものの、3~4コーナーで窮屈になるシーンがありながらも5着のエフフォーリアから0秒3差、GI3勝馬のタイトルホルダーやジャパンC勝ち馬ヴェラアズールらには先着と、一線級相手に互角以上の走りでファンを沸かせた。スムーズなら掲示板以上まであったかもしれない。

◆【京都記念2023予想/穴ライズ】前日オッズ“20倍”前後の伏兵 「大波乱演出の再現ある」

京都記念が行われる阪神コースは、昨年のマーメイドSで重賞初制覇を果たし、昨秋の京都大賞典で3着、3歳時にはオープンの忘れな草賞勝ちがある舞台。阪神芝2200mはエリザベス女王杯の2戦で完敗したが、3歳時は前走・秋華賞で他馬と接触した「トラウマ」の影響、昨年は外差し馬場でイン先行のタフな競馬で苦しんだ。持続力やパワーが秀でているこの馬にとって本来、同コースはおあつらえ向きと言え、開幕週で少頭数のここなら急浮上する。

馬群の中で闘争心を掻き立てたほうがいいタイプで、3枠を引けたことはプラス。内々をロスなく立ち回り、前をうまく捌いて波乱を演出したい。懸念点を挙げるとすれば、2週間前の降雪の影響で、調整パターンを変えざるを得なくなってしまったこと。一応状態は整っているようだが、当日の状態はしっかりとチェックしておきたい。

■京都記念2023 予想コラム一覧

穴馬予想

◆【危険な人気馬】ドウデュースは“消し”評価 「ダービー馬は勝てない鬼門のレース」

◆【穴馬アナライズ】想定“6人気”前後の盲点 「4歳世代の一角、侮るなかれ」

◆【穴馬アナライズ】前日オッズ“20倍”前後の伏兵 「大波乱演出の再現ある」

追い切り

◆【追い切り診断】エフフォーリアを上回る最高評価「S」 「前走時より上昇し絶好調」

Advertisement


◆【追い切り診断】ドウデュースを上回る高評価 「最終追いの気迫はかなりのレベル」

◆【追い切り診断】2強の一角に辛口「B」評価 「目標は先、万全と言い切れない」

◆【追い切り診断】連敗中のGI馬に高評価「A」 「プランBが奏功すれば復活Vも」

データ攻略

◆【データ攻略】人気一角の4歳牡馬に「2.1.2.0」 スムーズなら馬券圏内候補

◆【データ攻略】強い4歳世代から新たな刺客 2つの「100%」で目論む重賞制覇

◆【データ攻略】想定“7人気”前後に「3.1.0.0」の追い風 “ジャイキリ”の可能性は十分

◆【データ攻略】「馬券内率75%」が呼び込む激走のサイン “アフリカンゴールドの再現”に期待

Advertisement


騎手データ

◆【騎手データ】エフフォーリア・横山武に黄信号か、阪神芝2200mなら「GIハンター」に期待

血統予想

◆【血統傾向】2強を脅かす抜群のコース適性 種牡馬データも示す「阪神芝の鬼」

◆【血統傾向】単回収値「725」の激走条件 前走大敗は大波乱演出の布石

データ傾向

◆【前走ローテ】有馬記念組が巻き返す 年明け重賞組は不振の傾向

◆【脚質傾向】ドウデュースよりエフフォーリア、展開・馬場不問で「前」有利

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。