【ヴィクトリアM/危険な人気馬】マイルGI馬は“消し”評価 2つの懸念が「今回は凶と出てしまう」

 

【ヴィクトリアM/危険な人気馬】マイルGI馬は“消し”評価 2つの懸念が「今回は凶と出てしまう」

春のマイル女王決定戦、第18回ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)は、昨年の牝馬二冠スターズオンアースをはじめ、レース連覇を狙うソダシ、安田記念の覇者ソングライン、秋華賞馬スタニングローズと、GI馬4頭が集結。その他、ナミュールナムラクレアメイケイエールといったGI初制覇を狙う強者が揃い、一筋縄ではいかない一戦となりそうだ。

そんな中、白毛のアイドルホース・ソダシが、今回の「危険な人気馬」の標的となる。

◆【ヴィクトリアマイル2023予想/騎手データ】ソダシ・レーン騎手は“押さえ”評価 馬券内率75%の穴メーカーに食指

■気分屋のアイドルホースを御せないか

昨年のヴィクトリアマイルでGI3勝目を飾ったソダシ。前走のマイルCSでは3着に敗れ、芝マイル戦では初黒星を期したが、差のない着差で衰えは見られない。今年も強力なメンバーが揃ったが、マイル実績や持ち時計はトップの存在。リピーターが好走する傾向にあるヴィクトリアマイルにあって、レース連覇の期待は高まるが、今回はデビューから一貫して騎乗してきた吉田隼人から、D.レーンに乗り替わる点が気にかかる。

過去10年、ヴィクトリアマイルの年齢別成績を見てみると、4歳馬が【4.6.2.61】、5歳馬が【4.3.7.58】で、4・5歳馬が勝ち負けの中心。しかし、5歳馬で騎手が乗り替わった場合【0.1.2.25】と、成績はガクッと落ち、勝ち馬も輩出していない。

これまでに、2013・14年のヴィルシーナ、15・16年のストレイトガールと、2頭が連覇を果たしているが、どちらも同一騎手が騎乗しての達成だった。一方、2010年ブエナビスタ、12年ホエールキャプチャ、17年アドマイヤリード、19年ノームコアの4頭は、翌年に連覇を目指して出走するも、いずれも前年とは別の騎手で臨んで連覇を逃しており、連覇を果たすためには、前年と同一騎手が騎乗することが絶対条件となる。

白毛のアイドルホースも、今回はスターズオンアースと人気を分け合う格好となりそう。波乱傾向にあるヴィクトリアマイルにあって、過去10年、1番人気の成績は【3.2.0.5】と、まずまずの結果を残しているが、2番人気は【0.0.1.9】、3番人気は【0.2.0.8】と、人気ほどの成績は残せていない。ソダシも2~3番人気に落ち着くようなら、その点も懸念材料だ。

気難しい牝馬で、気分よく走れれば好走できるソダシだが、気持ちが乗らなければ、容易に凡走する可能性も高いアイドルホース。今回、ソダシを知り尽くしている吉田隼人からD.レーンに乗り替わることが、果たして吉と出るか凶と出るか―。今回は凶と出てしまうのではないか、という懸念があり、ここは思い切って「消し」でいきたい。

◆【ヴィクトリアマイル2023予想/追い切り診断】ソダシを上回る「S」の最高評価 「新マイル女王の座は目前」

Advertisement


◆【ヴィクトリアマイル2023予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画など

▼その他、穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「この条件がどハマりの可能性」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の刺客 「秘めた能力は重賞クラス」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”以上の爆穴 「巻き返し要素はてんこ盛り」

ヴィクトリアマイル2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】ソダシ・レーン騎手は“押さえ”評価 馬券内率75%の穴メーカーに食指

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ソダシを上回る「S」の最高評価 「新マイル女王の座は目前」

◆【追い切り診断】スターズオンアースに迫る高評価「A」 「まず勝ち負けになる」

Advertisement


◆【追い切り診断】GI馬にまさかの不満「B」評価 「皮一枚、厚い感が否めない」

◆【追い切り診断】ソングラインを上回る「A」の高評価 「ここで悲願のGI獲りか」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角のGI馬に「2.1.1.0」 スタミナが問われる舞台も追い風

◆【データ攻略】惜敗続く4歳馬に2つの“馬券内率100%” 「千載一遇のチャンス」でGI初制覇へ

◆【データ攻略】想定“8人気”以下に馬券内率8割超 コース×瞬発力で大駆けに警戒

◆【データ攻略】人気落ちの実力馬に“勝率75%” スターズオンアースに再び先着の好機

◆【WIN5予想】メインはソダシ“消し”で伏兵含む厳選3頭 京都11RはGI経験馬「一点突破」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に本格化の気配 複回収値「250」が上位進出への証

◆【血統傾向】今回はベスト条件で単回収値「500」超 リベンジ狙うGI馬が想定“2桁”オッズの妙味

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭は“勝率0%”の試練 人気以上に走る「好枠」に警戒

◆【前走ローテ】最多4勝の阪神牝馬S組は2着馬以下に注目 巻き返し狙う“刺客”に警戒

◆【脚質傾向】スターズオンアースは4角位置次第 差しは「上がり4位以内」に警戒

◆【人気傾向】ソダシの連覇に“黄信号” 軸候補は10年連続馬券内の中穴

著者プロフィール

石川豊●いしかわゆたか
20代から競馬メディアに寄稿。「ユタカ人気」と言われた時代、武豊が騎乗する過剰人気馬をバッサリと切り捨てる馬券術を駆使し、年間回収率100%超に成功。以来、「1番人気の勝率は3割」を念頭に、残り7割の可能性を模索し、「危険な人気馬」理論を唱え続ける。

【随時更新】中京記念2024 予想コラム一覧/過去10年データ

特集

◆【特集】変則日程で2年ぶりの「小倉開催」 出走予定・枠順、予想オッズ、過去10年データ・傾向

◆【まとめ】芸能人・予想家の「中京記念2024」本命・注目馬予想一覧 函館記念“14人気3着”アウスヴァール指名の猛者現る

◆【まとめ】「中京記念2024」大口投票パトロール セオの複勝に「先行投資」あり “小倉巧者”にも投票続く

◆【高配当メソッド】1強ムードの年は1人気連対ならず 8勝挙げる“6人気以下”の伏兵たちが夏を盛り上げる

穴馬予想

◆【穴ライズ】「ここも人気にならない」前日“8人気”以下 適距離、好相性コース、展開利で再現あり

◆【穴ライズ】惜敗続きから前走激走、更に「条件好転」で急浮上 単勝オッズ“2桁”確定の刺客

◆【穴ライズ】想定“12人気”前後の爆穴 夏の小倉巧者×名手の「メイチ勝負」で一発の可能性

◆【危険な人気馬】充実4歳馬を“消し” GI馬も撃沈多数、「1.0.0.14」が示すハンデの壁

過去10年傾向・データ分析

◆【全頭診断】前走馬券内の伏兵は「0.0.0.7」で“消し”も 穴妙味はローテ魅力の惨敗組

◆【枠順】今開催“複回収値500超”の好枠に穴馬 内優勢も「好走条件クリア」でむしろ評価を上げたい外枠勢は

◆【データ攻略】「3.0.0.0」該当の人気盲点 “もう買うしかない”推し材料に垂涎の眼差し

◆【データ攻略】軸不在の混戦断つ“馬券内率71%”ホース 人気一角には「0.0.0.11」の逆風

◆【前走ローテ】安田記念組に複回値「465」連対率“100%”データ 穴は小倉開催時「1.0.1.1」のGIII組