Advertisement

【ヴィクトリアM/前走ローテ】最多4勝の阪神牝馬S組は2着馬以下に注目 巻き返し狙う“刺客”に警戒

 

230514_ヴィクトリアM_前走レース名(-5)

14日に東京競馬場で開催される第18回ヴィクトリアマイル(GI、芝1600m)のデータを紹介する。

牝馬二冠馬スターズオンアース、連覇を狙うソダシ、前走・東京新聞杯からの巻き返しを狙うナミュール、今年の高松宮記念の2着馬ナムラクレア、昨年の安田記念を制したソングラインらが出走予定。

ここでは過去10年データから、予想のヒントになる「前走ローテ」を分析していく。

◆【ヴィクトリアマイル2023予想/騎手データ】ソダシ・レーン騎手は“押さえ”評価 馬券内率75%の穴メーカーに食指

■前走・阪神牝馬S組が4勝と優勢

過去10年を見ると、前走・阪神牝馬S組【4.4.4.56】が最多4勝を挙げている。2018年は、1着ジュールポレール、2着リスグラシュー、3着レッドアヴァンセと上位を独占した。また、2016年のストレイトガールは9着、14年のヴィルシーナは11着からの巻き返しでの優勝だった。

今年は同レースを制したサウンドビバーチェに期待が集まりそうだが、前走・阪神牝馬Sでの着順を見ると、1着馬は【0.1.0.9】と勝てていない。しかし前走の2着馬は【1.1.2.6】、3着馬は【0.1.1.4】と巻き返している。今年、2着のサブライムアンセム、5着のアンドヴァラナウトが挙げられる。また、同6着のルージュスティリア、同10着のイズジョーノキセキの巻き返しに警戒したい。

[ヴィクトリアマイル]過去10年の前走ローテ

阪神牝馬S 【4.4.4.56】 勝率5.9%、連対率11.8%、複勝率17.6%
大阪杯 【2.1.1.3】 勝率28.6%、連対率42.9%、複勝率57.1%
中山牝馬S 【1.1.0.11】 勝率7.7%、連対率・複勝率15.4%
高松宮記念 【1.0.3.15】 勝率・連対率5.3%、複勝率21.1%
有馬記念 【1.0.0.0】 勝率・連対率・複勝率100.0%
フェブラリーS 【1.0.0.0】 勝率・連対率・複勝率100.0%
福島牝馬S 【0.1.2.20】 勝率0.0%、連対率4.3%、複勝率13.0%
東京新聞杯 【0.1.0.1】 勝率0.0%、連対率・複勝率50.0%
ダービー卿CT 【0.1.0.5】 勝率0.0%、連対率・複勝率16.7%
京都牝馬S 【0.1.0.4】 勝率0.0%、連対率・複勝率20.0%

続く前走・大阪杯組【2.1.1.3】が2勝している。今年はスターズオンアースのみとなるが、気がかりなのは、勝ち馬となったグランアレグリア、ヴィルシーナ共に前走・大阪杯では馬券に絡むことができていなかった点だ。前走・2着のスターズオンアースにとってやや不吉なデータだが、好走後でも勝利を掴むことができることを証明できるか注目したい。

Advertisement


続いて1勝ずつ勝利を分け合っているが、最多4頭が馬券に絡んでいる前走・高松宮記念組で【1.0.3.15】。唯一の1勝は、後にヴィクトリアマイル連覇を成し遂げたストレイトガールで前走・高松宮記念13着からの激走だった。今年の該当馬はナムラクレアロータスランドメイケイエールの3頭。特に、前走・12着に終わったメイケイエールは一矢報いることができるか注目だ。

◆【ヴィクトリアマイル2023/WIN5予想】メインはソダシ“消し”で伏兵含む厳選3頭 京都11RはGI経験馬「一点突破」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】上位人気2頭は“勝率0%”の試練 人気以上に走る「好枠」に警戒

◆【前走ローテ】最多4勝の阪神牝馬S組は2着馬以下に注目 巻き返し狙う‟刺客”に警戒

◆【脚質傾向】スターズオンアースは4角位置次第 差しは「上がり4位以内」に警戒

◆【人気傾向】ソダシの連覇に“黄信号” 軸候補は10年連続馬券内の中穴

ヴィクトリアマイル2023予想コラム一覧

▼騎手データ
◆【騎手データ】ソダシ・レーン騎手は“押さえ”評価 馬券内率75%の穴メーカーに食指

Advertisement


▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】単勝オッズ“2桁”の盲点 「この条件がどハマりの可能性」

◆【穴馬アナライズVol.2】想定“8人気”前後の刺客 「秘めた能力は重賞クラス」

◆【穴馬アナライズVol.3】前日“10人気”以上の爆穴 「巻き返し要素はてんこ盛り」

◆【危険な人気馬】マイルGI馬は“消し”評価 2つの懸念が「今回は凶と出てしまう」

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】ソダシを上回る「S」の最高評価 「新マイル女王の座は目前」

◆【追い切り診断】スターズオンアースに迫る高評価「A」 「まず勝ち負けになる」

◆【追い切り診断】GI馬にまさかの不満「B」評価 「皮一枚、厚い感が否めない」

◆【追い切り診断】ソングラインを上回る「A」の高評価 「ここで悲願のGI獲りか」

▼データ攻略
◆【データ攻略】人気一角のGI馬に「2.1.1.0」 スタミナが問われる舞台も追い風

◆【データ攻略】惜敗続く4歳馬に2つの“馬券内率100%” 「千載一遇のチャンス」でGI初制覇へ

◆【データ攻略】想定“8人気”以下に馬券内率8割超 コース×瞬発力で大駆けに警戒

◆【データ攻略】人気落ちの実力馬に“勝率75%” スターズオンアースに再び先着の好機

◆【WIN5予想】メインはソダシ“消し”で伏兵含む厳選3頭 京都11RはGI経験馬「一点突破」

▼血統傾向
◆【血統傾向】想定“10人気”前後に本格化の気配 複回収値「250」が上位進出への証

◆【血統傾向】今回はベスト条件で単回収値「500」超 リベンジ狙うGI馬が想定“2桁”オッズの妙味

文●SPREAD編集部