【アルゼンチン共和国杯/追い切りジャッジ】連覇を狙うオーソリティ 骨折明け初戦の評価は……

■オーソリティ

【中間調整】前走は自身2度目の古馬GI挑戦だった天皇賞・春。不利な大外枠スタート、それに初経験の阪神にも戸惑ったか、直線では手前を替えないまま伸びを欠き10着に終わっている。その後骨折が判明し休養。くしくも前年2020年も同様に骨折で夏秋と半年間休んでおり、アルゼンチン共和国杯で復帰している。その意味では、今年は調整しやすかったかもいれない。10月上旬に帰厩し、10月14日にウッドで初時計。やや重苦しさは感じさせたが、いきなりウッドで追えたあたり、骨折の影響は払拭できたと見るべきだろう。以降、坂路とウッドを併用し、本数をしっかり消化。1週前追いではGI馬ステルヴィオにアオられたが、まずまず素軽い動きを披露した。

◆【AR共和国杯2021予想/追い切りジャッジ】10人気以下の穴馬に高評価「A」 攻め強化は「得意シーズンの到来」

【アルゼンチン共和国杯/追い切りジャッジ】10人気以下の穴馬に高評価「A」 攻め強化は「得意シーズンの到来」

【最終追い切り】ウッドコースで2頭を目標にした3頭併せ。最終コーナーで最内へ誘導され促されるが、ここでやや気乗りしないような素振りを見せる。それでもジワッと伸び、手応え十分のまま2頭と併入に持ち込んだ。

【見解】半年ぶりで勝利した前年をトレースするかのような調整過程で順調さは遜色ない。脚元はもう大丈夫だろう。ただし1週前、今週とまだ走る気分が高まっていないような面を見せたあたりは気になる。力は出せそうだが、ドンと来いの仕上がりとは言い切れない。

総合評価「B」

▼その他追い切り予想

◆【AR共和国杯2021予想/追い切りジャッジ】条件ベストの有力馬に「A」の高評価 充実一途で「通用の雰囲気漂う」

【アルゼンチン共和国杯/追い切りジャッジ】条件ベストの有力馬に「A」の高評価 充実一途で「通用の雰囲気漂う」

◆【AR共和国杯2021予想/追い切りジャッジ】オーソリティを上回る「S」評価は人気の盲点 人馬一体で「絶好の状態」

【アルゼンチン共和国杯/追い切りジャッジ】オーソリティを上回る「S」評価は人気の盲点 人馬一体で「絶好の状態」

AR共和国杯2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ】波乱の立役者は高いポテンシャルを誇示する人気の盲点

◆【穴馬アナライズ】前日20倍前後の穴馬 枠の恩恵で「善戦マン」から脱却へ

◆【穴馬アナライズ】馬具工夫で「ガラリ一変」 巻き返しを狙う伏兵馬に期待

◆【危険な人気馬】今年も“キレ馬”の台頭か 難解なハンデ戦で「買うべきではない」1頭とは

▼データ予想
◆【データ攻略】勝負駆けを匂わす人気の盲点 「コンビ結成」で課題克服へ

◆【データ攻略】波乱含みの難解ハンデ戦 有力馬を後押しする「好走テリトリー」とは

◆【AR共和国杯&みやこS/騎手データ】条件合致で驚異の「連対率50%超」、東西重賞で軸にすべき4人とは

▼その他、データ傾向
◆【脚質傾向】逃げ馬の実績なし、府中長距離で上がり最速を記録した惨敗馬に注目

◆【前走ローテ】昨年覇者・オーソリティの連覇なるか、距離別から見えてくる穴馬とは

◆【人気傾向】上位人気を素直に信頼も、1・2番人気決着は過去10年なし

◆【枠順】オーソリティの連覇に追い風 過去10年で「最多5連対」の良枠に入る

◆【血統傾向】オルフェーヴル産駒が中心視も、一発あるのは「トニービンの血」

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします