【スプリングS/データ攻略-後編】“5億円ホース”ドーブネの巻き返しなるか 距離の壁を超える追い風とは

前編ではソリタリオアライバルのデータについて取り上げたが、後編でデータ面から上位進出の可能性を秘めた穴馬候補2頭を取り上げたい。

◆【スプリングステークス2022予想/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

【スプリングS/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

■データが導く2022スプリングSの穴馬候補は

<穴候補1 ビーアストニッシド>

好メンバーが揃った前走共同通信杯は3着好走。これで2度目の重賞馬券内となったわけだが、好走がなかなか人気に反映されないタイプ。ここも人気の盲点が予想されるが、以下のデータになぞらえれば鞍上がすべきことはシンプルだ。

・4角先頭時の成績【0-1-2-0】

控える競馬で凡走を喫した2走前から一転、前走はハナを切る競馬が功を奏した印象。現状はあのスタイルが合っているのだろう。最内枠を引き当てた今回も逃げ濃厚。自分の形に持ち込めれば差はない。

<穴候補2 ドーブネ>

連勝の勢いをもって臨んだ朝日杯FSは7着。捲土重来を期する年明け初戦にドーブネ陣営が選択したのは芝1800mのスプリングSだった。デビュー前から注目を集めた5億円ホース。この馬もまたデータ面での上積みが大きい。

・前走朝日杯FS組【2-2-1-4】

距離の壁かと思われた前走を経て、陣営はさらに距離を延ばすという選択を行った。その背景にあるのは新馬戦、今回と同じ小回りコースを上がり3F最速で制したレースだろう。馬群で息を潜めつつ、直線でスッと外に出す競馬なら巻き返しの余地はある。

◆【スプリングステークス2022予想/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

【スプリングS/データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

▼その他、データ予想
◆【スプリングS&阪神大賞典2022予想/騎手データ】条件合致で“勝率75%”に上昇 ダブルGII戦で注目すべき人馬とは

【スプリングS&阪神大賞典/騎手データ】条件合致で“勝率75%”に上昇 ダブルGII戦で注目すべき人馬とは

スプリングステークス&阪神大賞典2022予想コラム一覧

スプリングステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

◆【A評価】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

◆【A評価】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】重賞好走の上位人気は“消し”評価 「得意の展開にはならず」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

◆【データ攻略-後編】“5億円ホース”ドーブネの巻き返しなるか 距離の壁を超える追い風とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】複勝率トップの良枠にアライバルが入る アサヒは6枠8番に

◆【脚質傾向】差して好走の人気馬に不安材料 今年も「前残り」に注意

◆【前走ローテ】上位人気アサヒに警鐘 「共同通信杯組」に勝率5.6%の壁

◆【人気傾向】1人気が勝ち切れない3歳重賞 今年も伏兵馬が権利獲りなるか

阪神大賞典2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の伏兵 「復調気配で押さえ必須」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“8人気”前後の盲点 「陣営に勝負気配が漂う」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の爆穴 「秘めたポテンシャルは高い」

▼過去10年データ傾向
◆【血統傾向】レース相性抜群の父の血を受け継ぐ単回収値「215」の有力馬

◆【前走ローテ】過去10年を動く図から読み取る狙うべき馬とは

◆【枠順・騎手】過去10年データを可視化したグラフから読み取る狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年をグラフから読み取る狙うべき馬とは

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「2022スプリングS編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家
競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします