【スプリングS/追い切り診断】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

■エンギダルマ

【中間調整】昨年秋は勝ち切れなかったが、リフレッシュ休暇明けの今年1月22日に中山芝2000m戦で未勝利を脱出。太め残りながら好位で立ち回り、抜け出してから渋太く凌いだ走りは高いセンスを感じさせた。その後はソエなどの影響があり再び放牧へ。しっかり収まったことから、スプリングSでの皐月賞への切符獲得を目指し、2月末から乗り込まれている。1週前追いとなる9日のウッド調教では重賞勝ち馬アサマノイタズラを追走。直線では相手以上の勢いを見せ食らいつき、併入に持ち込んだ。

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

【スプリングS/追い切り診断】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

【最終追い切り】1週前に続き、レース当週も丸山騎手が騎乗してウッド併せ馬。アサマノイタズラら先輩2頭を追走し、直線では最内に進んで併走に持ち込む。相手の貫録に気圧されるような雰囲気は一切感じさせず、堂々と気持ちを乗せて進みそれぞれと併入を果たした。

【見解】母は桜花賞アユアンという良血馬。血縁関係はないものの、エンギダルマと同じ星野壽市オーナー×手塚厩舎という組み合わせではアサマノイタズラ(スプリングS2着、セントライト記念勝ち)やココロノトウダイ(中山金杯2着など)ら、中山向きの渋太く脚を使う先輩が印象的。所有馬の傾向がオーナーの“好み”だとすれば、このエンギダルマも中山向きなのかもしれない。ソエ解消で調整は一段と意欲的だし、コーナーで勢いを鈍らせない“手塚厩舎流”の調整がしっくりハマっている印象もある。古馬を相手にして一歩も引かない気迫面も素晴らしく、激走に警戒。

総合評価「A」

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

【スプリングS/追い切り診断】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

◆【スプリングステークス2022予想/追い切り診断】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

【スプリングS/追い切り診断】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

スプリングステークス&阪神大賞典2022予想コラム一覧

スプリングステークス2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【S評価】最高評価「S」で“初モノ”の不安一掃 「課題をあっさり克服しそう」

◆【A評価】アサヒを上回る高評価は想定10人気 ソエ解消で「素晴らしい気迫」

◆【A評価】人気の一角に「A」評価 前走から一転「今回は意欲的な調整」

◆【B評価】上位人気に辛口「B」 動きはダイナミックも「鋭さが伴っていない」

▼穴馬予想
◆【危険な人気馬】重賞好走の上位人気は“消し”評価 「得意の展開にはならず」

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で“勝率75%”に上昇 ダブルGII戦で注目すべき人馬とは

◆【データ攻略-前編】ソリタリオとアライバルに明暗、人気馬に降りかかる「0%」とは

◆【データ攻略-後編】“5億円ホース”ドーブネの巻き返しなるか 距離の壁を超える追い風とは

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】複勝率トップの良枠にアライバルが入る アサヒは6枠8番に

◆【脚質傾向】差して好走の人気馬に不安材料 今年も「前残り」に注意

◆【前走ローテ】上位人気アサヒに警鐘 「共同通信杯組」に勝率5.6%の壁

◆【人気傾向】1人気が勝ち切れない3歳重賞 今年も伏兵馬が権利獲りなるか

阪神大賞典2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】想定“30倍”以上の伏兵 「復調気配で押さえ必須」

◆【穴馬アナライズVol.2】単勝“8人気”前後の盲点 「陣営に勝負気配が漂う」

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“下位人気”の爆穴 「秘めたポテンシャルは高い」

▼過去10年データ傾向
◆【血統傾向】レース相性抜群の父の血を受け継ぐ単回収値「215」の有力馬

◆【枠順・騎手】過去10年データを可視化したグラフから読み取る狙うべき馬とは

◆【前走ローテ】過去10年を動く図から読み取る狙うべき馬とは

◆【人気傾向】過去10年をグラフから読み取る狙うべき馬とは

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします