奥原希望ってどんな選手?粘り強いプレーと負けず嫌いな性格で勝利を重ねる日本のエース

バドミントン女子シングルスの選手で、現在の日本バドミントン界を牽引する奥原希望選手。そんな彼女は2016年のリオデジャネイロ五輪で、当時21歳にしてシングルス初のメダリストに輝いた若き日本のエースだ。

持ち前の負けず嫌いな性格とストイックさにより、幼少期から他を圧倒する強さで勝利を重ねていった彼女について、これまでの経歴プレースタイル、そしてライバルとして名前が挙がる山口茜選手との関係や意外な一面まで、魅力あふれる奥原選手の素顔に迫っていく

度重なる怪我を乗り越えてスター選手に

1995年3月13日に長野県で生まれた奥原選手。兄と姉の影響で小学校1年生のときにバドミントンと出会い、そのころから持ち前の負けず嫌いな性格ゆえに黙々と厳しい練習を重ね、徐々に頭角を現していった。

小学校高学年になると高校生とも互角に渡り合うまでに力をつける。小学6年生時のアジアユース優勝を皮切りに、中学、高校では海外の大会でも勝利を重ねてトップ選手の仲間入りを果たした。

(c)Getty Images

一方で両足膝や右肩などの度重なるケガも経験したが、2016年のリオデジャネイロ五輪ではシングルスで銅メダル。日本人初のメダル獲得という偉業も成し遂げた。

2018年には「東京オリンピックへ向けてすべてを懸けて準備したい」という思いから、プロ転向を発表。太陽ホールディングスの支援を受けながら、個人で入念に体調、スケジュールを管理する。

2019年10月には日本女子としては山口選手以来、2人目の世界ランク1位に立つ。

プレースタイルと性格

奥原選手の強さは、なんといっても粘り強く、妥協のないプレースタイルにある。負けず嫌いで強気な性格だというが、それゆえに幼少期から厳しい練習にもめげない、強い向上心で実力をつけてきた。

幼い頃からとにかく負けることが嫌いだったという奥原選手は、試合で負けたときには悔しさのあまり号泣することも。しかし、その悔しさはしっかりとバネにして猛特訓を重ね、次の大会では予想を上回る結果をきちんと収めるのだ。

(c)Getty Images

周囲にも自分にも負けたくないという強い気持ち、そして妥協を許さない性格そのものが持ち味であり、今の強さにつながっていることは想像に難くない。

盟友・山口茜の存在

奥原選手のライバルとして忘れてはならない選手がいる。現在世界ランキング4位(2019年11月11日時点)につけている、奥原選手の2歳年下の山口茜選手だ。

女子シングルスにおいては、奥原・山口の2選手が東京五輪での日本代表候補として、そしてメダリストとしても有力視されている。

年齢も近く、実力も拮抗している両者はいいライバル関係であり、ともに切磋琢磨して成長してきた仲間でもある。シニアの世界で先に活躍を見せたのは奥原選手だが、彼女が怪我で戦列を離れている間、日本バドミントン界をリードしてきたのは山口選手だった。

(c)Getty Images

奥原選手が負けず嫌いで強気な性格であるのに比べて、コートを離れればおっとりした性格であることで知られる山口選手。

同様に対照的なプレースタイルでお互いを高め合いながら、徐々に現実味を帯びてきた世界の頂点を共に目指している。

SNSで見せる素顔

負けず嫌いで妥協を許さない性格である奥原選手だが、コートの外では大きなぬいぐるみを嬉しそうに抱えた写真を投稿したり、スイーツとともに笑顔で写真に写る姿をSNSに掲載したりといった一面も垣間見える。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. Good start at first round against Line KJAERSFELDTfrom Denmark in Germany Open 2019. I could enjoy because I’ve been ready for about 4 weeks. I’m looking forward to playing next. Try and enjoy!!! After the match, I met a big stuffed animal🤩haha . 久しぶりの遠征で、良い試合が出来、まずまずのスタートです!約4週間準備期間があったので前回より良い仕上がりになっていると実感していて、とても楽しいです。課題を克服しながら、1試合、1球ずつ楽しみます✨ 午後時間街をふらついてたら大きなゆいぐるみを発見🧸 持って帰りたーい笑 . #garmanyopen2019 #badminton #nozomiokuhara #goodstart #firstround #ぬいぐるみ好き #癒される

okuharanozomi(@okuharanozomi)がシェアした投稿 –

好きなアーティストは西野カナ

奥原選手には、歌手の西野カナさんが好きという一面もある。「普段からよく聴く」と公言していて、ラジオ番組のアンケートに「心の支えになる曲」として『Clap Clap!!』『Every Boy Every Girl』の2曲をピックアップした。

伸びのある歌声でパワフルに歌うアップテンポな曲や、エネルギーが湧いてくるようなポジティブな歌詞が多く、試合にも西野カナさんの楽曲を聴いて備える。

(c)Getty Images

プレーと人柄でファンを魅了

持ち前のアグレッシブかつ粘り強いプレーで多くの勝利を収めてきた奥原選手。そんな彼女の魅力は、他人はもとより自分自身にも負けたくないという向上心や、妥協を許さず新しいことにも果敢にトライする芯の強さにあるといえる。

コートではオーラや顔つきが別人になるが、コート外では天真爛漫な一面も見せる奥原選手。徐々に近づく東京五輪では、そんな魅力あふれる奥原選手がコートで輝く姿をぜひとも見たい。

(c)Getty Images

参考:https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/09/18/kiji/20190917s00048000333000c.htmlhttps://hochi.news/articles/20190813-OHT1T50242.htmlhttps://www.nhk.or.jp/sports-story/detail/20191007_4104.htmlhttps://style.nikkei.com/article/DGXMZO27740860W8A300C1UP1000/https://www.tfm.co.jp/cheerup/song/

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

奥原希望

オフショット

奥原希望ら94年世代の女性アスリートが「ステイホーム」 コロナ疲れには無理せず「自分の気持ちに正直に」

バドミントンの奥原希望選手ら1994年世代の女性アスリートがインスタグラムで、新型コロナウイルス感染拡大防止のため自宅に留まるよう「ステイホーム」を訴えた。 参加した選手は「#ワンだふる世代」のハッシュタグをつけて投稿。…

ニュース

奥原希望、決勝トーナメント進出を報告「試合をするごとに自信がついている」 4年ぶり2度目のファイナル優勝を目指す

バドミントンのワールドツアーファイナルズは12月13日に大会3日目を迎えた。女子シングルスの奥原希望選手は、予選リーグ第3戦でタイのラチャノック・インタノン選手に21-14、21-12で勝利した。 3連勝を飾った奥原選手…

ニュース

奥原希望、寝具メーカーの西川と『睡眠コンディショニングサポート契約』を締結 故障をきっかけに睡眠へと関心

11月1日、寝具メーカーの西川株式会社は、女子バドミントン世界ランキング1位(11月1日現在)の奥原希望選手と『睡眠コンディショニングサポート契約』を締結した。 西川はコンディショニングマットレス[エアー]で、奥原選手の…

オフショット

バドミントン界の超豪華メンバー集結!タカマツペア、フジカキペア、奥原希望らによる3対3に「バドミントンの宝石箱やー!」と大反響

元女子バドミントン選手の藤井瑞希さんがインスタグラムを更新し、タカマツペア、フジカキペア、奥原希望ら豪華メンバーが、3対3(トリプルス)のバドミントンで対決する様子を公開した。 参加したのは、リオデジャネイロ五輪のバドミ…

オフショット

奥原希望が「最強で、最高のチーム」での集合写真を公開…女子バドミントン団体が48年ぶりにアジア制覇

ジャカルタで開催中のアジア大会で8月22日に女子バドミントン団体決勝が行われ、日本が5連覇中だった中国を3-1で破り48年ぶりに優勝した。 約半世紀ぶりの優勝に「優勝おめでとうございます。金メダル輝いてますね」「みんなで…