【朝日杯FS/追い切りジャッジ】ジオグリフを上回る「A」評価 上積み大で「ハマれば突き抜けるシーンも」

■ダノンスコーピオン

【中間調整】前走の萩Sは4か月半ぶりの一戦。成長を考えそこまで追い込んでいない仕上げながら、レースでは抜群の勝負根性を発揮し、強い2着馬(キラーアビリティ)を退けた。朝日杯フューチュリティSまでは中6週あったが、放牧に出さず厩舎で鍛錬と実戦感覚の向上に努めている。当初は反動をプール調整で癒し、11月18日に坂路14-14を出したのが中間の初時計。以降坂路とCWを併用し、予定通りのメニューを消化。操縦性に課題があるようで、12月に入ってからの併せ馬では様々なパターンで競馬を教え込んでいる。1週前は松山騎手が騎乗し、CWで併せ馬。大きく先行した馬を早々に追い抜き、直線半ばでは追撃を迎え撃つ格好となったが、しっかり先着を果たした。

◆【朝日杯フューチュリティステークス2021予想/追い切りジャッジ】「厩舎流ハード攻め×馬具改善」で上昇気配漂う穴馬に高評価「A」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】「厩舎流ハード攻め×馬具改善」で上昇気配漂う穴馬に高評価「A」

【UMAJIN.net-競馬サロン】[有馬記念も対象]30日間無料トライアル&21世紀名牝カレンダー無料プレゼントキャンペーン実施中

【最終追い切り】この日も松山騎手が騎乗し、坂路で併せ馬。いささか誤算だった1週前追いを踏まえてか、意識的に後ろでジッと我慢させ最後の最後で仕掛ける内容をこなした。その分若干だけ届かなかったものの、伸びそのものは鋭さ満点。追われてヨレそうになったのを、鞍上がしっかり制御できていたのもいい。

【見解】操縦性に課題のある馬だが、中間ずっと厩舎に置いた成果で、最終追いではそこまでの難しさを見せなかった。2週続けて騎乗した松山騎手もある程度は手の内に入れた感がある。多頭数で揉まれたことがなく、そのあたりも課題だが器の大きさであっさりクリアしてしまいそう。身体面でも中間の上積みは大きく、ハマれば突き抜けるシーンまで。

総合評価「A」

▼その他追い切り予想
◆【S評価】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】最高評価「S」は進境著しい実績馬 「阪神マイルなら勝ち負け必須」

◆【B評価】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

【朝日杯FS/追い切りジャッジ】2強の一角に「B」の辛口評価 調整順調も「目の前の走りに真面目過ぎる」

朝日杯フューチュリティステークス2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズ-前編】セリフォスは「△」評価、無敗馬から選ぶ“軸”の条件

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.1】単勝“20倍以上”の伏兵 レース巧者が波乱演出の可能性

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.2】前売り“10人気”前後の盲点 この戦績なら「買いの一手」

◆【穴馬アナライズ-後編Vol.3】「ウマ娘」オーナー・ドーブネ 潜在能力の高さで上位争い

◆【危険な人気馬-前編】無敗馬の一角は“消し” 2歳マイル王決定戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】親子同一GI制覇を目論む、競馬センス抜群の伏兵馬を本命視

▼データ予想
◆【騎手データ】人気馬騎乗のルメールは不振、狙いは「勝率50%」を誇る名手

◆【出走馬考察】2歳マイル王の座を目論む有力馬の戦力がまるわかり 実績上位のセリフォスの評価は

◆【データ攻略-前編】有力馬2頭を後押しする「馬券内率60%超」の追い風

◆【データ攻略-後編】変わり身が期待できる前走惜敗馬 当舞台で輝く名手を背にGI獲りへ

▼その他データ傾向
◆【枠順】ジオグリフは「連対率0%」の7枠、最多3勝の良枠には人気薄の先行馬が入る

◆【血統傾向】13年連続馬券内、強力データが後押しする穴馬に“一発”を期待

◆【脚質傾向】押さえるべきは先行と差し、波乱の使者となるのは…

◆【前走ローテ】人気の“無敗馬”に連対率0%データ 前走内容の「絶対条件」とは

◆【人気傾向】昨年は7番人気が優勝も、注意すべき「1番人気」に共通する好走条件

著者プロフィール

西村武輝(にしむらぶこう)●フリーライター
競走馬の追い切り評価を専門として、ネットメディア中心に執筆を続けているフリーライター。現在、UMAJIN.net「競馬サロン」においては毎週の重賞出走全頭のレポートを執筆、担当。またプロレス関連業界にも関わっており、週刊プロレスや書籍等への寄稿歴もある。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします